映画館には行けない。
旅にも行けない。と、
できない事に目を向けてしまって
キュウゥゥと心が縮こまっていたのですが、
家にいながら旅をした気持ちになれる作品を
摂取する事はできる。

「旅」を味わえる作品はさまざまありますが、
わぁ…好きだぁ!と感じてから
かれこれ何度も観ている作品がある。

観た事があるって人も多いと思いますが、
ベン・スティラーが監督、主演を務めた作品
『LIFE!』



この作品を初めて観た時、
興奮した気持ちを抑えきれず
SxP DAYブログで感想を綴った記憶がある。

この映画は短編小説
『ウォルター・ミティの秘密の生活』
(The Secret Life of Walter Mitty)を原作とする映画『虹を掴む男』のリメイク作品らしい。

この作品のあらすじはというと、
フォトグラフ雑誌“LIFE”編集部で
ネガフィルムの管理者として働いている
ベン・スティラー演じる“ウォルター”
は、ある日“LIFE”誌の廃刊を知らされる。

そんな中、同じく長年雑誌に関わってきていた、
ショーン・ペン演じる
フォトジャーナリストであり冒険家の“ショーン”
(本人と名前一緒や。笑)から、
ウォルターの元に手紙と撮影フィルムが届く。

しかし、「最終号の表紙に相応しい」と
記されているはずの“25番のフィルム”が
欠けている事に気づいたウォルター。

こ…これはまずい!!と、
残りのフィルムに写っている手がかりを元に、
ショーンとフィルムを見つけるべく、
ニューヨークのど真ん中から
グリーンランドを目指して旅に出るという内容。

空想癖のあるウォルター。
好きな相手にも、空想の中では
情熱的な言葉をかけられるものの、
現実では声をかけるのも一苦労。

そんな内気な性格の主人公が
デンジャラスで、壮大な旅へ飛び込み、
研ぎ澄まされていく。

生きている!と、
全身にヒリヒリと感じる空気感。

人生の中でグリーンランド、アイスランドには
絶対に行ってみたいという
強いに憧れがあったのもあり、
尚更惹きつけられたのも事実。

映画にしても、小説にしても、
オススメしたとて
好き嫌いはもちろんあると思うのですが、
私にとっては大好きな作品の一つ。

そんでもって、
ホセ・ゴンザレスが歌っている
主題歌“Step Out”
これがとにかく良い。

ぁあ…待っててねグリーンランド。
そしたら絶対この曲を聴きながら行くんだ。
と、決めている。