いつも応援ありがとうございます。感謝感謝の畠山でございます。
今日はファンのみんなへ大切なお知らせがあります。

4月1日より、我々ミイラズは前事務所を辞め、独立することになりました。

会社名は『KINOI,INC.』!!です!!どーん!

事務所もレーベルもこの名前、同じ名前で、まずはスタートします。
『KINOI,INC.』をよろしくお願いします。

えー、ちなみにー、2011年頃に立ち上げた会社で、僕に「言いたいことはなくなった」の印税を払ってくれない
「KINOI RECORDS」とは一切関係ありません。全く何も、誰一人関わってません!!!無関係です!!!
「KINOI」という名前は当時僕が提案したもので、とても大切な言葉なので、今回も使うことにしました。

思えば騙されまい、騙されまいと活動してきて、散々騙され続けてきました。
今回は完全に大人のバックアップなしで、今後はワタクシ、畠山が指揮をとって、借金をして、運営をしていきます。
かなりリスキーで、不安もありますが、みんなの応援があるからこそ出来た決断です。
これでもう誰にも騙されない!

で、いきなりですが、昨日4月1日エイプリルフールに「世界最速ぅ!2ヶ月ぶりのニューアルバムリリース!」
ということで9thアルバム「Mr.KingKong」を配信限定リリースしました!
エイプリルフールっぽい感じで嘘っぽくリリースしましたが、本当ですよ!逆ドッキリ的な!?ぜひ聞いてください!
そして、関東ツアー「TheMirraz独立記念&リリースツアー 〜キングコングのように舞い、俺のように刺す!2017ss〜」も発表しました!オフィシャル先行予約開始しています!!遊びにおいでよ!!

今作はLAガレージサウンドを意識して制作しました。EDMの要素はございません。
実はメジャーデビューした時に一番やりたかったアルバムです。この5年間、やりたくてやりたくて我慢していた作品です。
「気持ち悪りぃ」とか「うるせー」とかが一緒に収録される予定だったアルバムだと思ってください。
前にも書きましたが、メジャー会社にいる時は「GetMoney」というタイトルはイメージが悪いとか、
歌詞が個人的すぎるものが多すぎる、とか言われてきたので、『Mr.KingKong』のような作品はリリース出来ませんでした。
独立して、歌詞もサウンドも何も気にせず販売できるようになったので、自分らしい自信ある作品が出来たと思います。
もちろん、何度も言っていますがこの数年の作品が自分的にダメだったという意味ではないです。
自分的には限られた中でしっかり勝負してきました。
でも結果だけ見ればあまりうまくいかなかったと自覚しなくちゃいけないのは事実です。

今作はすごく楽しい作品が完成したと思います。最近日本で流行ってる音楽とは全然違うけど、いい音楽です。かっこいいです。
今の日本でこの音楽がドカーン行くとは思えません。日本でこんなバンドサウンドやってるやついないしね。
でも迷いはないです。胸を張ってかっこいい音楽が作れました。これは紛れもなく自分が好きな音楽と胸を張って言える。
KingKongという曲はミイラズで一番好きな曲です。
まぁ、自分なりの方法で目指すべき場所に行くために作った作品です。
今は、とりあえずやっと迷わず作品作りが出来た、自分が世に出したいものが出せた、という気持ちです。

この作品はCD化する予定はありませんので、iTunesでゲトしてください。
クレジットカードない人はコンビニでiTunesカードを買っておくれ!アンドロイドの人はiTunesをゲトしよう!
ラッキーなことに、デイリーランキングは総合6位、JPOPでは2位になりました。ありがとう。

配信販売は僕にとって最高のシステムです。出来た作品をすぐにリリース出来て、しかもみんなに直接届けることができるっていう。
今作には春の歌詞が多いし、ミイラズは今思ってることを歌詞にするから、このリリース方法はタイム感が理想的です。
しかも、今回から世界配信です。まぁプロモーションしないから海外じゃ誰も気づかないと思うけど、
ものすごーく少しだけミイラズを好きな海外の人がいるので、そういう方にも届くようになるというのは普通に嬉しい。

そして今後は大人の搾取一切なし!みんなの応援がそのままメンバーに届きます。
今後はみんなが買ってくれた音源や、グッズ、ライブチケットの売り上げがすべてメンバーの手元に届きます。
倉庫使ってもないのに倉庫費を抜かれたりするようなことはありません!
契約更新したその日に何もしてないなのに20万の赤字ですとか言われることもありません!
このiTunesの売り上げがそのまま僕らの運営資金になります。

こういう活動はバンドとして、ミュージシャンとして、ものすごく健全な、ファンとの関係性が作れるんじゃないかなと思っています。
これも独立した理由の一つです。


では少し長くなりますが、「独立」を選んだ理由を少し話します。

音楽活動をしてきて10年、特にメジャー以降ですね、僕は様々な矛盾を感じてきました。
特に音楽制作に関してはものすごく悩みました。
当然だけどプロのミュージシャンですから、売れるものを作らなきゃいけない。金を産まなければいけない。
これはどこにいても当たり前。
では、売れるものとは何か?いろんな考えがあると思いますが、
自分が思う売れるものと、会社の人たちが考える売れるものの発想の違いにかなり困惑しました。
一度売れたものを作って欲しい、というのが一般的な会社の人たちの考え方なんですね。
ヒット商品に似せたものを量産するって感じでしょうか。
僕はこういうやり方はあんまり好きじゃなくて、そんなことしてたら飽きられるんじゃね?と思ってしまいました。
で、打ち合わせをすればするほど、この差を埋めるのに必要な「大人とのコミュニュケーション能力」の無さに自分で絶望しました。
全く話が通じない!おそらく、ただのわがままミュージシャンと思われたでしょう。めんどくせーやつらだなと。
自分的には、ミイラズはこういうやり方で人気を集めてきたんだから、こういうやり方がいいと思うんです!とアピールしてきたつもりです。

そして求められることと、自分がやりたいこととのバランスの取り方などを考えるようになりました。
曲を作る上で、これをファンに聞いて欲しい、と思う作品を作るけど、ディレクターがOKを出さないとリリースできない。
いつしか、まるでディレクターのために作品を作ってるような気分になり、作品作りの意味がよくわからなくなりました。

こんなことを悩んで悩んで、その中で答えを出して作品をリリースしてきました。
そういう苦悩の中で作る作品は嫌いではないですが、今振り返ると少しナイーブな曲が多かったと思います。
そういう作品は「俺らしい」作品かもしれないけど「ミイラズらしい」作品とはちょっと違ったかもしれない、と最近感じます。

で、そうなると当然、今度は人気が下がってくるので、どうしたら人気を取り戻せるのか?と悩みます。
どんな曲を作ればいいのかわからなくなってくる。
歌詞や音の制約がある中で、リリースできる範囲の中で好きなことをしても売れない。好きじゃないじゃないことは出来ない。
そのギリギリのバランス感との戦い。やりたくないことをやれば人気が戻るかもしれない?でも実際それって俺らがやれんのか?っていう問題。どんどんと意味不明な悩みのサイクルにハマりました。

で、ちょっと思ったんです。

これって音楽やる意味あるのかな?と。

プロとして活動出来るようになってから音楽をやるのが当たり前になっていたので、特に疑問に感じなかったんですが、
微妙に音楽を嫌いになってる自分が存在し始めてるな、と思いました。
なんか悩んでばかりいるな俺、苦しんでばっかりいるな俺。
これでいいのか?ライブに出る前もそんなことが頭の片隅にあるままライブのステージに立つ。
こんな俺を誰が応援してくれるんだろうか?迷わず活動して、生き生きとしてる姿をファンは見たいんじゃないか?
そんなことを考えるようになりました。

音楽を作るのが一番好きです。作ってる時はこう、充実感っていうのかなー。迷いがないっす。生きてることに。単純に楽しい。
EDMを作ったり、ロックを作ったり、ジャンルは別にどうでもいい。
新しい音楽を製作する、自分が興味を持ったものを製作していくのはものすごく好きです。
でもそれが趣味のレベルで、売れないものを作るのなら仕事にはなり得ない。
じゃあ売れるものを作ろう、売れるものとは何か?今流行ってるもの?やりたくないなー。
でも流行りも少しは取り入れないと。うーん、じゃあこんな感じ?みたいな。よくわからないなー。
みたいな感じで自分でもよくわからなくなってきました。バランスの取り方がわからなくなってしまった。

で、じゃあ売れなくてもいいから音楽は好きなことやって、今から音楽以外の仕事を探す、というのも考えました。
まぁ現実的ではありません。なんでもできるっしょーとか思ってましたが、多分音楽以外の仕事し始めたら人生グズグスになってすぐ死ぬだろうなと思いました。でも今の悩んでばかりの自分からは解放されるかも?その方が実は人生楽しいかも?とかも考えました。花屋とかね。花屋やろうかな、とかね、考えました。花屋やりながら好きな音楽やろうかな、みたいなね。
サッカーの中田が引退した理由を見て、納得したり。辞めるのも人生の一つだなと。

まぁそんぐらい悩みました。自分が音楽を続けていくことの意味とか方法を悩みました。
でもまだやっぱり諦めちゃだめだなと。何度もそんなことを繰り返し考えてきました。特にこの二年は悩みっぱなしでした。

ミイラズはカウンター的な存在で活動を始めました。
arctic monkeysを初めて聞いた時、こんなの日本にいないよ!超かっこいいよ!これやりたい!絶対売れるよ!と思いました。
日本に存在しないものを売る。まだ流行ってないものを売る。
これは今思えばなかなかリスキーな発想ですが、僕のバンドの基本はこれです。まぁやりたいって気持ちが強かったけど。
しかし、多くの会社の発想は、「流行ってるものを作る」のが商売の基本です。
まぁどちらも正解なんだと、僕は思います。

思えば、メジャー会社と手を組んでから、いつの間にか、後者の考えが身についてしまったのかなと自分で思いました。
経験的に「外す」のが怖くなった、というのもあります。
当然ですが、うわ、売り上げ的にこの曲失敗したーという経験をしてるので、なるべくそういう怖い思いはしたくないです。
いや、ほんと、ものすごくダークサイドに堕ちますよ!自分でも知らない場所に行きますよ!!
まぁ自分的に勝負に行って失敗したなら、仕方ないなと思えるんですけどね。
まぁ怖くなる、というのは当たり前ですがあります。
このままじゃいかんなぁとも思いました。

で、自分らしく前者を選ぶなら、独立するしか道がないんだなと、メジャー会社と仕事をして思いました。
バックアップするからには必ず成功する道を選ぶ、可能性が高い方を選ぶ、そういうビジネスを考える会社とは手を組めないと思いました。

もちろんこれは、僕の経験の話で、すべての会社がそうではないし、その会社に属する人間すべてがそういう考えがあるというわけではないです。うまくやってるアーティストの方が多いし、結論から言えば、僕は出会いに恵まれなかったし、それは僕自身にも理由があるし、僕の考えるやり方とこの音楽業界のシステムとの相性が悪かった。ということだと思います。

今後、もしかしたら同じ考えを持つ人と出会えるかもしれないし、それはわかりません。
ですが、現状は出会えていないので、自分らしく活動していくためにどうしたらいいか?を考えた結果、独立するしかない!
という一つの結論に達しました。

で、独立をしようと決めてから色々と勉強をして、やれることを、やれないこと、うまくやる方法、など考えました。
独立の道を選ぶ自分を後押しするような出来事がいくつかありました。いろんなことのタイミングがカチっとハマったような気がしました。わりとなんとかなる時代なんじゃないかな?と思いました。もちろん不安はありますが。
音楽を自由に発信できる環境になるので、今後は違うプロジェクトとかもやれるなぁと思っていますし、
今までソロ活動はやらせてもらえなかったので、そういうのもミイラズの活動が落ち着いたらやってみたいな、とかも考えてます。
届けたい音楽を間に誰も挟まずにファンに届けることができる。僕はこういう音楽活動が健全だと思う。
もちろん、多くの人が関わって、ヒット商品を作ろうとすることも大事です。
ですが、そういうやり方に矛盾を感じたし、自分に合ってる方法を探したいとも思いました。

とりあえず、まずは1年やってみよう、と思ってます。

皆さんの応援があれば、なんとかなると思ってます。というか応援がないとどうにもなりません。
まずはこの自信作「Mr.KingKong」を買って欲しい!絶対に楽しんでもらえる作品。自分でもものすごく満足してる作品です。
そして、関東ツアー、必ず遊びに来て欲しいです。皆さんが楽しむ姿を直接見るのが僕らメンバーの一番の糧になります。
6月のツアーまでにはサポートドラマーを見つけて、生ドラムでのライブをお見せできればと思っております!

まずは一年、ミイラズの活動を期待していてください。
今回のエイプリルフールネタのように、音楽業界の一般的なルールとは違う、音楽業界の枠に囚われない活動をしようと思っています。
自由に楽しく、不安はあるけどストレスのない、お金もないけどやりたいことをやる、面白い活動をしていこうと思っています。
音楽をもう一度楽しみたい、再確認したいなとそんなことも思ってます。
途中で借金まみれになったら考えます。その時は笑ってください。全然ダメじゃんと。

ミイラはピラミッドから出てきました。それがミイラズ。
ピラミッドのヒエラルキーの外へ飛び出すことこそが、文字通りミイラズなんじゃないかなと!

今残ってるファンと、またでかいステージで、いやーあの時は苦労したよね、という喜びを分かち合いたいと思っています!
その時までなんとか頑張ります。
ファンの皆様、いつもご心配をおかけしますが、何卒引き続き応援のほど、宜しくお願いします!!

ミイラズ畠山

どうもお久しぶりデス。畠山です。

ブログ全然更新してませんでしたが、ニューアルバム『ぼなぺてぃっ!!!』絶賛発売中です。
締め切りに間に合わせる為に地獄のようなスケジュールで製作したアルバムです。
締め切りとかほんとくそくらえですよね。誰だこんなの決めたやつは。最初に考えたやつが許せん!!!
うつ病になるわ!!!!精神病むわ!!!!

で、おそらくEDMというキーワードの作品はこれで最後になると思います。シンセを続けるかは検討中。
まぁ勢いだけは自信ある作品なんで聞いて欲しい。
ロッキンオンの山崎さん曰く、これを理解できないミイラズのファンがいるとしたらクソだね。とのことです。
すごいっしょ?

そして17日は恵比寿リキッドルームです。チケットは余りまくってるんで余裕で買えます。笑うところです。
ぜひ遊びに来てください。
アレキサンドロスの、1日で幕張メッセ2デイズ即完とは真逆の方向に突っ走ってますが、まぁなんとかなるっしょ。
大丈夫大丈夫人生長いから。20年後に大逆転してやりますよ。笑うところです。

このアルバム全曲解説はインスタでやってるので、全体的な話をすると、
とにかくミニアルバム「そして、愛してる」のウケがめちゃくちゃ悪かったので、
テンポをあげてギターをガンガン前に出して、EDMのテンポ感とかも無視してロックな仕上がりにした作品です。
だからEDMの音使ってるけど、結果EDMでもなんでもないロックなアルバムになってます。楽しいアルバムです。
よろしくお願いします。

EDM最後のアルバムっていうことに関して。
まぁEDMを始めた頃に言いました通り、2年間はEDMをやり続けないと効果がないだろうなと思っていました。
EDMをそもそも始めた理由は、新しいジャンルの音を取り入れることでの話題性や新しい層のお客さんを取り入れてること、
今いるお客さんを飽きさせないこと、かつ、ライブでアガる音楽を作ること、を目標に始めました。
まぁより上へ!みたいな感じですね。で、まぁ自分的にも誰もやってないかっこいいものが作れそうだなと思いました。

メジャーデビューして1年目、せっかくのメジャーデビューだから思い切って勝負したいと日本向けの作品を作るも、なかなか思うように売り上げが伸びず、もっと日本風にしたほうがいいんじゃないかと作った2枚目のオポチュニティ。会社が潰れてプロモーションできず、売り上げも半減しました。この辺からなんとかしなくちゃマジやばいと思って、悩んでいたところでEDM旋風。
その頃は、日本はバンドが増えすぎて、ミイラズっていうバンドの個性がいい感じに伝わらなくなってしまったな、と思っていました。
他のバンドがやれないことをしようと思い、EDMを取り入れるなら二年間は続けようと心に決めて手探りで頑張ってきましたが、結果は惨敗。むしろ二年間も続けたからよくなかったよね!笑うところです。

まぁバンドのイメージや、俺自信のイメージにあってなかったんでしょう。
お客さんは減る一方、売り上げもだだ下がり。最高のギャグです。こんな笑わせてくれてありがとうございます。
実際音楽性だけが原因かはわからんけどね。でも割とその可能性は高いかなって思ってます。ね?君もそう思うよね?
ツイッターとかで書いてんじゃねーよボケカスこら!!!!!!!笑うところです。

まぁ10年経って若い客が増えてなかったらファンも仕事について客も減るわな、という当たり前の状況プラス、個性を失ってしまった結果がこれかなと自覚しております。
あとは歌詞かな。歌詞つまんなくなったよなー。
メジャー以降、自由に書けなかったんで、またおもしろいことを書いていけたらいいなと思ってます。頑張ります。

また時間をかけて客を増やしていかないとな、と思っております。
よく言うじゃないですか、高いジャンプする為にはめっちゃ低くしゃがんだ方がより高く飛べるっていうやつ。

限度ってもんがありますよ!これ以上しゃがめないって!無理無理!むしろしゃがみすぎて次のジャンプも失敗するよ!笑うところです。

こうなってくるとね、自分が何をしたいのか、何を着たいのか、さっぱりわからんっていう状況です。
やりたいことはたくさんあるんだけど、今やるべきことが見えないって感じかなー。
やりたいことはたくさんあるんですけどねー間違えたら客がガンガン減るっていう恐怖がありますね。マジで。
とはいえ、やりたくないことをやっても意味ないなーと思うので、
とりあえず恐れずにあんまりいろんなことを気にしないでやりたいことを一つずつやっていこうかなと思っています。
バンドが増えまくってるんで、ほんとにミイラズにしかできないことをやっていきたいなと思ってます。

そんな新曲GETMONEYは実はメジャーデビュー時にあった曲です。でも歌詞がイメージ悪いと言われボツになった曲なんです。
GETMONEYっていうメッセージは誤解を生む、と言われました。
僕としては「働く人の応援歌」的な感じなんで、全然イメージいいんですけどね。
もちろんね、「金のためだけ」でしたらイメージは良くないと思うんですよ。
だけど働くことって当たり前のことだし、金がなきゃ生きていけないのが世の中ってもんで、
それを肯定するべきメッセージソングなわけです。明日も頑張って働くぜってことです実際。
ものすごくやりたかった曲なんで、今からでもやります。

まぁ、メジャーデビューした頃のような勝負の仕方は今やっても仕方ないし、違う方法でもう一度でかいステージに立てる状況を作り上げないとなと。いろいろ悩み、考えています。でも終われないんで。このまま終わるわけにはいかないんで。マジで応援してほしいっす。もちろんかっこいいことやらないとダメだけどね。

んで、このツアーをやってて、まぁサポートドラマーは入れないとダメなんだなって思いました。
音は全然かっこいいと思うんですけどね。外音もみんなであーだこーだ行ってかなり攻めてるし。
だけど、違和感、みたいなのがきっと良くないんだろうなと。
自然に見えないっていうかね。
あと最前の方とかはスピーカーの音よりもステージ内の音ばっか聴こえるだろうから、もの足りなく感じるかもしれないよね。

多分、打ち込みの音じゃなきゃダメなんでこういうことやってます、みたいなバンドだったらいいんでしょうけど、
ミイラズのイメージはそうじゃないから、見てる人からしたら、違和感満載なんでしょう。しゃーない!しゃーない!次行こう!

なのでサポートドラマーは入れたいなと。まぁやりたい人いたら公式サイトにメールください。
女性はダメです。気を使うんで。男で。男でお願いします。年齢は問いません。素人でも上手けりゃ気にしません。
ミイラズでドラムやってみてー!っていう気合のあるやつが来るなら楽しいです。
5人くらいきたら、公開オーディションみたいので交代制でライブやってもいいと思ってます。
もちろんめちゃくちゃ練習させるけどね。

あとツアーやってて、自分はギターガンガン鳴らしてる方がライブはやりやすいなって思ったので、
まぁギターガンガン鳴らしていきたいなと思った。ギターっていいなって改めて思いました。

なので今後はEDMに拘らず、シンセを入れるべき曲が出来たら入れるし、なくてもいい曲は入れないし、って感じでいいかなと思って、製作していこうかなと思ってます。

まぁどうしても打ち込み音楽やりたくなったらソロ名義とかで続けようかなとか考えてますんで、その時はまたよろしくお願いします。

とにかくまだまだ頑張っていこうと思ってます。春夏秋冬っていうかね。今は冬の時代なんでしょう。しかし、必ず春がやってくるし、春まで生き延びます。そして春が来れば夏が来る!そういうもんだと思ってます。
この下がりっぷりから登っていく感じをもう一度みなさんと一緒に楽しんでいきたいと思ってますんで応援よろしくお願いします!!
こういうのが一番ミイラズらしいと思うしね。

そんな感じで、とりあえず新しいアルバムと17日の恵比寿リキッドルームよろしくお願いします!

2016年も終わりですね。皆さんはどんなゲームをやりましたか?畠山です。
2016年もゲームは素晴らしいものが沢山ありました。

とりあえず上半期は結構前にブログで書いたので、
まずは下半期のゲーム、やりたいと書いていたものも含め、サクッと。10点満点で採点。
まぁ個人的な感想なんで、点数はそんなに気にしないでください。

まず8月の「ウェイストランド2」ですが、あのあと割と面白くなったんですけど、なんか途中でやめちゃいました。
5点くらいっすかね。

「ラチェット&クランク」 
やれませんでした。

「ソルト アンド サンクチュアリ」 
買ったけどやってない。

「No Mans Sky」 6点
おしかったなぁー。途中までは結構面白かったんだけど、これも途中でやめてしまった。
期待してただけに。自由に宇宙を旅できるのは楽しかったんだけど、同じことの繰り返しすぎるっていうか。
最近追加で色々と面白い要素が増えたようで、最初から搭載して欲しかったなぁ。

「ペルソナ4」100点
過去作です。これは10点満点なのにもう、100点。こんなにハマったものは人生で久しぶり。
最高です。前にブログに書いたから詳しくはそちらで。

「ペルソナ5」 10点
しっかりペルソナ4をパワーアップさせて楽しめた。
でもペルソナ4の陽介の存在を超えることができなかったので10点。まぁ満点なんですけど、僕はペルソナ4の方が好き。
ゲームとしてはペルソナ4を超えて面白いと思います。アトラスの新しいRPGにも期待してます。
ペルソナ5もブログで以前書いてるので、そちらを読んでください。

「Gears of War 4」9点
これは、やりたいリストに書いてなかった。日本版が出ないと知って海外版を購入。でも日本語対応していました。
ありがとう。
キャンペーンも楽しかったし、今後のストーリーも気になる。
オンラインはかなりハマった。「HORDE」は一回クリアするのに2時間くらいかかるし、人が抜けたりするとクリアできなくなるけど、
残り三人で何度も死んで諦めずにクリアした時は普通に感動した。
何も考えずにさぁゲームでもやろう、みたいな感覚でできたのは久しぶり。海外の方と協力しあって生き残るのは楽しかった。
協力的じゃないと思っていたやつに助けてもらうのは楽しいね。

「ReCore」
やれませんでした。

「Forza Horizon 3」6点
時間がなくて触り程度でした。前作ほどのハマりっぷりがなかったです。なんでだろう?
前作のリゾート感をあんまり感じなかったなぁ。

「FF15」10点
人気作品で情報が多いだけにディスる人も多かったけど、普通に面白かった。
ストーリーもよかったし、ゲーム性もよかった。日本人がプレイできる洋ゲー、日本人が洋ゲーを作った、みたいな感じで、わかりやすいし、プレイしやすい。FFの世界観をオープンワールドにしたら、というテーマをしっかり完成させている。
FFとしてはかなりチャレンジした作品だと思うけど、そのチャレンジに成功してると思います。
服が服が、と多くの方が言っていて、まさひこも、服がなぁと言っていたんですけど、僕は最初から装備できるカジュアル服でプレイしていたので、全然抵抗なかった。ビジュアルに抵抗がある方はカジュアル服ジャケットありでプレイすることをお勧めします。
パラメーターが少し下がるけど、そんなに気にならないよ。大丈夫。
まさひこはカジュアル服の存在を最後まで知らなかったみたいです。
「ダウンジャケットあるよ?」と教えたら、「え!?」って感じでした。
このゲームは「旅感」が最高。料理とかも最初はおまけ程度だと思ってたけど、これのおかげで「旅感」が増す。
カジュアル服も「旅感」が増す。「写真」もそう。
仲間との会話も楽しい。「RPG=旅」というゲームの理想を完成させた感じがしてすごい作品だなと思った。
「車」とか「料理」とか「写真」とか、FF!?みたいな要素が「旅感」を演出していて、FFの世界観を逆にわかりやすくしている。
FFとはこれだったんだよ、これだけゲーム技術が進化してようやくFFという世界観が完成したんだ。と思った。
ファンタジーと現実の融合って感じですかね。
でもレベル99のダンジョンと敵を残してやめてます。APタメがかなりめんどくさい。
わがままを言えば、召喚獣とか魔法とか装備とか、シリーズ伝統のものをもうちょっと出して欲しかったかなと思います。


「プレステVR」 
買えませんでした。

「レゴ スター・ウォーズ フォースの覚醒」 
やれませんでした。

「バットマン アーカムVR」 
VRが買えませんでした。

「バトルフィールド1」 7点
時間がなかったので、触り程度。キャンペーンは一つしかやれず、オンラインで何回か対戦。
上手い人がうますぎて、やっぱりすぐ負ける。でもでかいステージで64人対戦っていうだけで面白かった。

「人喰いの大鷲トリコ」 
買ったけどまだやってない。時間を作って楽しむつもり。

「マフィア3」 6点
色々惜しかった。オープンワールドだけど、オープンワールド感を感じなかった。
服はもっと欲しい。映像が微妙だったけど、ps4proで4kテレビでやるとすごい映像だった。うーむ。もったいねぇ。
ストーリーやセリフはかなりよかったんだけどなぁ。ゲーム性がずっと同じで、それが悪いってこともないし、
最後の方とか楽しかったけど、コレジャナイ感は否めないよねぇー。
マフィアなんで、おうちょっとマフィアっぽくっていうかね。わりと暗殺者っぽい行動が多いなって思った。

「タイタンフォール2」 
やれませんでした。まだ買うか迷い中。やりたいんすけどね。

「コールオブデューティ インフィニットウォーフェア」
やれませんでした。迷い中。やりたいんすけどね。

「The Elder Scrolls5 Skyrim Special Edition」 
買いませんでした。期待してたけど、映像がそんなに、らしいんで。
前にやってるしいいかなっていう。

「GRAVITY DAZE2」 
延期しました。来年期待。

「ウォッチドッグス2」 
楽しみすぎてまだやってないです。時間作ってじっくりやりたい。

「STEEP」 
楽しみすぎてまだやってません。時間作ってじっくりやりたい。

「デッドライジング4」
正月にやろうかなって考えてます。

「ペルソナ4ダンシングオールナイト」99点
突然ですが、いきなり買ってみました。クリスマステンションで。
音ゲーは好きじゃないし、なんか微妙だなーって思ってたんだけど、勢いで購入。
すげー面白い。これはペルソナ4ファン最高の続編。テンション上がります。
ストーリーもよかったです。サスペンス要素があるのはやっぱいいね。
んで、またみんなに会える、みたいな感じで、堂島さんが出てきた時とかも普通にキター!みたいなテンションになったし。
俺はこの続編を待っていたのか、これだ、これだったんだ!と思った。
曲いいし、仲間とのやりとり楽しいし、パートナーとの衣装の組み合わせも楽しい。夢があるね。

最後のダンス曲で仲間が応援してくれるセリフで泣けます。すげー泣けます。なにこれ、俺に言ってるの?みたいな。
陽介最高!
ちょっとこの辺はまたブログで詳しく書きたいっす。

とにかくペルソナ4はこれからも続編を作って欲しい。あとps4でリメイクして欲しい。
ダンシングオールナイトで動いてるキャラクターをそのままRPGにして欲しい。
ダンシングオールナイトもアニメ化して欲しい。キボンヌです。

以上です。

かなり省略して解説しました。
2016年は
上半期はウォーキングデッドと討鬼伝2って感じですが、
下半期のペルソナ4に全て持ってかれました。過去作なのに。アニメも面白いし。
今年のナンバーワンは「ペルソナ4」で。今年発売のなら「ペルソナ5」と「FF15」かなぁ。
「ウォーキングデッド」の1は一応過去作なので。

ペルソナシリーズは自分的に新たな風って感じ。価値観を変えてもらえた最高傑作に出会えて本当に最高の1年だったと思う。
下半期は忙しくて全然ゲームできなかった。時間がないとどれをやるか、どれを諦めるか、選ばなくちゃいけなくなってくるわけで。
やりたいけどやれないゲームがけっこうあった。でもペルソナ4があったから別にどうでもよかった。
ペルソナ4の続編の格ゲーも早くやりたいんだけど、3をやってからの方が良さそうなので、3もやりたい。
今年は日本のゲームが結構自分的に盛り上がって楽しかった。
GTA3が発売して以来、日本のゲームはちょっとなぁ、と、興味があまりなかったんですが、今年は日本のゲームの良さを改めて実感。
ダクソ3もあったしね。トリコはまだやってないけど。龍が如くの最新作もやってみたい。日本のゲームもまだまだいけるぜ!と思いました。

自分的にはps4proと4kテレビを買ったことが今年一番の出来事です。4kってすごいすね。


正月は毎年アサシンクリードシリーズの新作をやっていたんですけど、今年は出ないので、デットライジング4とシャーロックホームズとペルソナ3とトリコをどれかやる予定。ペルソナ3かなぁ。

みなさんも正月はゲームばっかりやってはどうですか?
それではよいお年を!

↑このページのトップへ