ブログの方の更新はどうもおざなりになりがちです。
7月に発売したミニアルバムのことはインスタで書いてますんでもうちょっと放置。気になる方はインスタをチェックしてください。MVも最新のものがアップされてるんで!

今日は2017年の上半期のゲーム俺的ランキング。
と言ってもぶっちゃけ全然やってないっす。

忙しい時に発売したゲームは後でやろうと思っても、時間が出来た時にはすでに新しいゲームが出ているのでどちらを優先するか?となるとやはり新しい方を先にやってしまう。うーむ。
ちょっと前は、発売したらとにかく早くクリアして次のゲームやる時間を作るみたいな、時間との戦いを繰り広げてました。でもそれはゲーム自体を全然楽しめてない気がして最近はクリアを目的にするんじゃなくてゲームを楽しむこと自体を目標にしてます。
意味不明かもしれないけど、自分は今まで「ゲームはクリアすることが目的」だったので、人格変わるくらいの発想転換だと思ってます。これもペルソナ4との出会いのおかげっす。というかペルソナ3との出会いといった方が正しいです。

じゃあ発売順に書いていきます。10点満点で。個人的に面白かった点数なんでゲームの本格的な批評ではないっす。
やってないけど気になってるやつも書いときます。

まずは前回のゲームブログで書いたやってなかったやつ

ペルソナ3 100点(いきなり10点満点じゃないっていう。)
やっちまった…。ペルソナ3に関しては別記事書きます。
書いたつもりになってたけど書いてなかった…。うおー。正月にハマりました。
ペルソナ4も10点満点中100点。どっちも最高だよねぇ。

シャーロックホームズ 6点
まぁ普通に面白かった。ボリュームがもうちょい欲しいかも。
正月に1日でクリア。

STEEP 5点
うーん…。思ってたゲームと全然違った。
スキーとかスノボのゲームってなかなかないからなかなか難しいよねやっぱり。

ウォッチドッグズ2 8点
面白い。すごく面白い。でもGTAに絶対勝てないこの感じ。
リアルで美しい映像。なのに何かが足りない。正月に数日でクリア。
すげー惜しいんだよなぁ。

デッドライジング4 5点
うーん…。1と同じ路線に戻してくれ…。期待があっただけに点数は低いです。正月にほぼ1日でクリア。1の衝撃が忘れられない。

人喰いの大鷲トリコ
まだやってないっす…。

ディスオナード2 7点
一週目は女王でプレイして、あれー?つまんねー?1面白かったのにな。
と思った。2週目で親父プレイで「これ!これ!」ってなった。
慣れると超面白いゲーム。無敵感がいいよね。でも暗殺者なのに人を殺すとエンディングが悪くなるシステムだけ何とかして欲しい。確かにそうなんだろうけどさ…。ゲームなんだから…。こいつは殺すべき人間とかも作って欲しかったな。

じゃあ次は今年のゲーム。

GRAVITY DAZE 2 7点
1月発売だけど、プレイしたのはついこないだ。
1をやる前に2をやりました。で2が面白かったから1もやりました。1からやった方がよかったと思います。
ストーリーとアクション性がよかったです。キャラクターがいいね。

GRAVITY DAZE  6点
1の方。まぁ2と比べたらね。

ニーア オートマタ
2月発売。やろうと思ってまだやってない。

フォーオナー 
体験版だけで満足してしまった…。

仁王
やりたいんすけどねー。

LET IT DIE
やりたいんですけどねー。2月はツアーだったのでゲームほとんどやってないです。

Horison Zero Dawn 8点
これも発売は3月だけどついこないだプレイした。
綺麗なグラフィック、面白いアイディア、素晴らしいストーリー。今やるべき一本ではある。でも「うおーやべー!」みたいなことにはならなかった。もっとイケるだろっていう期待を込めてこの点数。

ゴーストリコン ワイルドランズ
体験版だけで満足してしまった。
なんだろうなー。バシッとハマる何かが足りなかった。
でも今でもちょっとやりたいなーって思ってます。

デウスエクス マンカインド〜
期待してたけどレビューが酷かったのでやってない。
3月もツアーだったのでゲームする時間あんまなかったです。

任天堂スイッチとゼルダ
買えないよ…。ほんといつになったら普通に買えるのよ…。勘弁してよほんと。一番やりたかったのにやれてない。

アガサ・クリスティ ABC殺人事件 6点
まぁ面白い。殺人事件物はとりあえず面白いです。
2000円だしね。

フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと 7点
こちらも2200円。普通におもしろい。短いけど、映画感覚で。
こんな家に住みたいなー。世界観がいい。4月はこの2本だけ。

PREY
体験版だけで終わってます。やりたいんだけど時間がない…。
でもレビューがあまりよくないんだよなぁ。

グウェント ウィッチャーカードゲーム 8点
基本無料のカードゲーム。遊戯王みたいな感じかな。
これは面白いですよ。ウィッチャー3にもともとあったカードゲームを独立したゲームに。オンラインで対戦です。
カードバランスを何回か調整されて、その度に流行りの戦法が変わります。自分はずっとスケリッジですが、今強い人はニルフガードかモンスターでだいたいあの戦法だよねっていう感じが段々つまんなくなってきた。
ドワーフの継戦とモンスターの卵とか使った継戦がマジでイラっとする。お前もか、みたいな。はいはい、どうせあの戦法でしょ、知ってます知ってます、でも何もできないっす、みたいのが結構続いて、ヤル気を失ってた。で、そいつらに勝つためのカードを入れておいて全部対処して勝ったときはザマーミロって感じなんだけど、そのために入れておいたカードが出なかったり、逆に役に立たなかったりして、やっぱスケリッジちょっと弱くね?って感じで。もうちょっとだけスケリッジ強くして欲しいなぁ。せめてヤルマールは15のままでよかったんじゃ。13で23になれなかった時の戦力って結果8だからね…。スケリッジのゴールドカードはなんか微妙に弱い気がするんだよなー。
あと自分がイグニ持ってると大体使い所がなくて一枚分足引っ張るんだけど、敵は大体ここぞって時に使ってくるんだよね。で、こっちもイグニ使われるのわかってるんだけど、こっちの戦法が数字の高いカード最前に並べるパターンだから、まぁ仕方ないっていうか。っていうかスケリッジはさぁ…。デッキ紹介のサイトもスケリッジだけ人気ないでしょあきらかに…。
まぁでも男らしく数字の高いカード並べて勝った時は、気持ちいいですよ。小細工なし!って感じで。スケリッジの栄光のためにー!
剣と火薬でもてなしてやろうぜ!
カードを出す順番とか、頭使って勝つのが楽しいゲームなのでカードの強さだけでは語れない、駆け引きの感じはすごく楽しいです。
気軽に出来るし、結構ハマったゲームです。時間があまりなくても出来るゲームでした。ちなみに課金してないんで文句言うなって感じですよねー。レベル26のランク17でやめてます。
5月はこれだけ。

ファイナルファンタジーオンライン
やってみたいけど…。

ポータルナイツ
体験版だけ。マインクラフト系は自分にはあんまりみたいです。

ってことで6月までだとこんな感じ。結局今年も去年に引き続きペルソナかよ…。って感じですがまだペルソナにハマって1年経ってないんで!ペルソナのライブとペルソナ3に関しては別記事書くんで!

今はドラクエやってます。まだクリアしてないっす。


今年の下半期やりたいものは
HITMAN
ドラクエオンライン(たぶんやらない)
アーク サバイバルエボルブド
Destiny2
アンチャーテッド 古代神の秘宝
シャドウ・オブ・ウォー
サイコブレイク2(1が自分的に微妙だったのでやらないかも)
アサシンクリード オリジンズ(たぶん正月休みまでとっておく)
コール オブ デューティ WW2
ニード・フォー・スピード ペイバック
スター・ウォーズ バトルフロント2

って感じですかねー。こうやってると見ると2018年の方が期待作が多いような…。ペルソナダンスも5と3が出るし。最近はゲーム好きっていうかもはやただのペルソナファンになりつつあります…。

好きな物はアークティックモンキーズとアダムサンドラーとGTAシリーズとペルソナシリーズ。自分の振り幅に驚きです。

ということで今年の上半期のゲームはペルソナ3がトップでした!おいおい。
今年発売した物だとHorison Zero Dawnかグウェントかな。正直ツアーが二回あってリリースもめっちゃしたから時間が全然作れなかったというのが本音。でも文句無し10点!って感じのもなかったし、10点だけど惜しいから9点!って感じのもなかったんだよね。
ゲーム体験って進化したグラフィックやそういうものも絶対的に大事なんだけど、ハマる何かって他者に説明しがたい何かがある。自分でも知らなかった自分のツボっていうかね。そういう衝撃を受けたものが100点で、そのツボを再度しっかり押してくれたものが10点、押してくれたけどちょっと惜しかったものが9点、って感じの採点方法なので、今回のは割と厳しい感じになってしまったかも?

で、正月にペルソナ3やったもんだからそれを超えるゲームがなく…。
まだペルソナの格ゲーとQを残してます。楽しみは取っておこうと思って。ペルソナ3のトリニティソウルも途中までしか見てない。楽しみは取っておこうと思って。でも昨日ライブでペルソナダンスの新作が二本とQ2が出るってことで楽しみがまた増えました。まだまだペルソナ熱が冷めそうにないです。P3とP4をP5クオリティでリメイクして欲しいなー。

もう最近はペルソナ格ゲーとペルQと、もう一回P4やるとかP5やるとか、P3やるかとか、それをいつやるか、どのタイミングでやるべきか、とかペルソナが中心になっちゃって…。最新ゲームよりもペルソナを最高のタイミングでどうやるかを考えてます…。
ペルソナQのためにNEW3DSLLを買って偽トロつけて大画面でやりたいなとか(高いよねぇ)。

あとはPC買ってGTA5を綺麗な画面でやりたいなとか(高いよねぇ)、PUBGやってみたいなとか,ゲーミングPC欲しいっす。XBOX ONE Xの真の4Kも気になるけどさぁ、今あるxbox oneが全く使ってないから、正直買うか微妙…。真の4KのためだけにXBOX ONE X買うならPC買うかーとか、色々考えてます。XBOX ONE Xが日本で販売されてから考えます。とにかくスイッチのゼルダはやりたいっす。スイッチ普通に買えるようにしてくれー。

あとRPGツクールMVとラノゲツクールでゲーム作ってみんなにスマホで楽しんでもらいたいなとか考えてるんですけどねぇ。とにかく時間がね。まんpの撮影もしないとね。

それではまた!

どうも畠山社長です。

五月の連続リリース企画が無事終了しました。
全部で4曲!まとめて出しても良かったんですけど、そうなると月末に一回のリリースになってしまうので、
こんな風に毎週一曲作ってリリースするっていう、普通じゃありえない感じでのリリースをしてみました。
ついてきてくれた皆さん、ありがとうございます。楽しんでもらえましたかね?

アメリカではわりともう普通なんですけどね。いきなりリリースするっていう。日本ではまだまだこういうやり方は浸透していません。
独立して、音楽性だけでなく、リリースの仕方なども新しいことにチャレンジできる環境なので、そういう所も楽しんでもらえたらと思います。

で、今回5月になぜ連続リリースをしたかというと、やっぱり映画です。
ミイラズ初の映画主題歌となる作品『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』がいよいよ全国公開になりました。

C0o0Mh_VIAAJ_GU.jpg

少しでも力になれれば、と思い、5月は面白い活動をしようと色々と考えてました。
使用されたのは「NEW WORLD」という昔の曲です。
なので、もしこれでミイラズが今、全然動いてなかったらなんか勢い感じないですよね。
気になった人が調べたら「今は特に動いてないんだね」だとつまんないですよね。
映画に関わる以上、やっぱり面白い協力はしたいなと思ってました。

映画に使用されたバンドが「独立して毎週リリースしてるらしい」なんて面白い活動してる。
そういう意味で映画がよりよく感じることができればなと思い、連続リリースを計画しました。
ぶっちゃけなかなかタイトなスケジュールで、厳しい戦いでしたが…。

少し映画の話をしますね。
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は最果タヒさんの詩集が原作になってる映画です。
監督は石井裕也。石井監督とは試写会まで直接面識がなかったのですが、
同世代のクリエイターということで、石井監督がミイラズを注目してくれたこと、
僕が石井監督の映画「ぼくたちの家族」にコメントを書かせて頂いたこと、
実はもっと前に僕がMVの仕事を依頼してみたいなーと連絡を取っていたこと(スケジュールの都合で実現せず。)、
などなど、色々と微妙な距離で繋がっていました。

そして今回、映画の主題歌という形で繋がることになりました。

このお話をいただいたときに、石井監督ならぜひ!と迷わずOKを出しました。
でもよくよく考えたらミイラズの「NEW WORLD」という曲はメッセージ性もかなり強く、歌詞の固有名詞とか、色々大丈夫なのか??と不安になりました。
で、試写会の時なんかは、これ、あの曲で大丈夫なのか??最後に流れたら映画のイメージぶち壊すんじゃないか?
などと、まさかの映画見ながらめちゃくちゃ不安になるっていう気分になったりしました。

でも映画が終わり主題歌が流れたときに僕は感動しました。

これは新しい表現なんだなと、感じました。
こんな主題歌の使い方があるんだ!めちゃくちゃ新しい使い方だな!と思いました。

もちろん、いい意味で映画をぶち壊していましたよ。いい意味で。
これは石井監督のメッセージだなと、僕は思いました。この映画で本当に言いたいことの力強さがこの曲に込められているんだなと感じました。

この曲はこの映画のために書いたものではないです。だけど、この映画のために書いたようなメッセージ力がある。
この映画に使われることで、この映画とこの曲のメッセージが何倍にも何十倍にも力強く表現される。そう思いました。

今この日本で、この映画が作られたことはとても深い意味があると僕は感じていて、それはイギリスでトレインスポットティングが公開されたときのような感覚に近い気がします。
時代や国の背景がしっかりと描かれて、メッセージ性もあり、でもエンターテイメントしてる。素晴らしいバランス感覚。

映画の中でも新しい表現方法はいくつもありました。この感覚、映画館でぜひ感じて欲しいです。
石井監督のチャレンジした新しい表現をぜひ楽しんでください。石井監督は攻めてます!

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』をよろしくお願いします!

近いうちに5月のリリースした楽曲に関して少し説明出来ればなと思っております。
それではまた!

どうも。畠山社長です。

ミイラズの番組「まんたプロデュース」が始まりました。
まだ見てない方はミイラズの公式サイトか、YouTubeのミイラズチャンネルをチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=ZA_c_OIwKuY

今回は、実験的に広告動画ってやつにしています。
広告収入が入るやつですね。ユーチューバーがやってるやつです。(自分でもよくわかってません。)

普通音楽系の物は、広告動画にできないんですよね。(自分でもよくわかってません。)
自分が知る限りだと、曲に著作があるのでMVとかは広告収入動画には出来ません。

著作フリーの音源でないとダメだ、という認識です。間違ってたらまぁ知りません。自分で調べてください。
とにかく、ミイラズのチャンネルでいうと、ちゃんと管理されてる曲が使用されてる物は、対象外として扱われます。

今回、広告収入にした理由は前回にも書きましたが、
この動画で1円でも儲かるなら、儲けて次の動画制作の予算に回したいってだけです。
YouTubeは視聴者がお金払うわけじゃないので、みんなが払うわけじゃないから、問題ないかなと。
広告ウゼーみたいな感じかもしれませんが、まぁ我慢しとけ!

まぁーミイラズの再生回数の規模じゃ数百円しか収入ないと思いますけどね。
やるだけやってみようと。出来てるのかもよくわかってませんが。

で、来週は後編を見れるようにするつもりなのでお楽しみに。
エンディングテーマは新曲を使ってますので、そちらもお楽しみに!
(で、そのエンディングテーマは著作フリーの状態にしておこうかなと。)

毎週ってわけにはいかないけど、毎月どっかの月曜日にアップできたらいいなと思ってます。
まんPとマンデーってことで月曜日。あと社会人が月曜終わりに楽しめたらいいかな、みたいなのもあり。
やっぱ月曜でしょって感じで。
まんPは毎月できればいいなぁと思っています。頑張りまーす。
いろんな企画を考えているので、まぁメンバーが楽しくやれればいいかなと思ってます。

今回は花見ということで、利きビール神経衰弱をやってみました。
まぁ来週にも続くので、あまり書けませんが、もうちょっとルールを考え直さないとアレだなと思いました。
あと、酒たらふく飲んだあとにやるもんじゃないなと思いました。
マジで吐くかと思いました。
今度は酒飲まずに始めたいです。ちゃんと勝負になるようにしたいですね。
もしくはメンバー全員で協力して当てていく企画、とかね。

前編後編に分けた理由は、まぁ20分くらいでサクっと観れないと、見るのがめんどくさいかなと思ったので。
40分〜50分近くを消費すると考えるとちょっと見るのも億劫になりますよね、明日も仕事とか考えると。
なので、まぁ20分くらいが限界かなーと思って、そういう感じにしてます。長くても30分かなと。
長いと中だるみもするし。ちゃんとしたテレビ番組でもないからね。
ほんとは30分で終わらせるつもりだったんだけど、結構素材が多くて、前編後編になりました。
次回も前編後編にするかどうするかは撮影次第って感じです。
ローカル番組っていうのかな、そういう感じでゆるーいのが好きなんで、そういうものをやろうと思ってます。

キノスクでのまんPの販売は今の所、未公開映像関係を予定していますが、いつになるかはちょっとわかりません〜。
本編プラス未公開映像にしたいんだけど、データ容量の都合、ちょっと無理かなと。残念…。
楽しみにしてる人はそんなにいないと思うけど、気長に待っていてください。

まぁ色々と考えているので、お楽しみに!

あと427のキービジュアルの発表と427グッズの発表もお楽しみに!
今年のグッズは今までで一番気に入ってます!


それと、今日から関東ツアーのチケット先行予約、イープラスも始まってますが、ぴあでの予約も始まりました。これで先行は最後の予約になります。いープラスは22日まで!ぴあは23日まで!先行予約よろしくお願いします!

関東ツアー、お客さんの中には、ありがたいことに全部の会場に来てくれる真の勇者もいると思います。
そんな勇者には、「勇者の証」をプレゼントしたいなと考えてます。
「関東ツアー勇者の証バックパス」的な何かを予定しています。

それを持っていたら楽屋に来れるとそういうことじゃないんですが、
ミイラズが独立して初のツアーの時に、「俺は」、「私は」、全部参加したんだぜ、あの時のミイラズを支えたのは俺、私、なんだぜ、的なものを作ってあげたいなと思ってます!!そちらもお楽しみに!!


それではまた!

↑このページのトップへ