どーもそもそもちんちんです
誰しもがそもそもはちんちんです
君は元々ちんちんの一部だった!
そして今このブログもちんちんで書いています
ありがたやありがたや
当たり前の話

まったくもうすぐ36歳になるのに出だしからちんちんちんちん書いて危機感ないのかなって思います
同級生はみんな結婚して立派に子供を育てています
それに一昨日の四月六日のバックドロップシンデレラとビレッジマンズストアのツーマンツアーの初日静岡にゲストで出たからそこでみてボヘミアンズいいなって思ってボーカルが書いてるブログ初めてみてみたら最初にいきなりちんちんちんちん書いてたら人によっちゃあガッカリするはずだよね
ごめんなさいね
いつかちんちんで鼻ほじりたいですよね
うーん、その気持ちは半々ですかね

つーかテレビ番組の月曜から夜更かしってもう8年目なのか
すごいな
第一回からみてるわ
これで村上くん知ったもん
それまで関ジャニはすばるくんしか知らなかった
村上くん最初からマツコにタメ口だったから「いいのか?」ってなった記憶があるよ
時経つのはえー
だってボヘミアンズなんて来年生誕15年だもんよね
なんてこったいだよ
やっぱなんかした方がいいのか?
でも来年トーキョーオリンピックだから
会場とか死ぬほどおさえづらそうだ
知らんけど
まあ全ては風まかせ

ほいでとりあえず一昨日のバックドロップシンデレラとビレッジマンズストアのツーマンツアーの初日静岡の日のおもひででも記すか
静岡でライブは通算3回目だがライブハウスの静岡umber自体は初めてだったし打ち上げで出てきた焼きそばとか肉とかがとっても美味しかったからまた行きたいなと思いますた
特に焼きそばが食いたいです
なんか対バンツアーとかやった時にもう一回行って中うちをやって焼きそばをもう一回作ってもらいたいです
レッドクロスのうどんとかロフトの米とかそしてアンバーの焼きそばか
これでトップの三つが揃った
むしろあとない
知らない
打ち上げで飯でるライブハウスをメインに活動していきたいこれからはずっと

それにしても静岡の距離感思ってたんと違かったなー
思ってたよりずっと遠い
ほとんど東京みたいなもんっしょって思ってたけど車で三時間かかったもん行くのに
よく考えたら名古屋でライブする時に車で行ってる途中で「まだ静岡かー」って思う地点だもんな
ちょうど中間だ
浜松はもっと先?
位置関係曖昧でして
初めてのツアーで浜松やった時先行で三枚しかチケット売れなかったっていう記憶だけはたしか浜松ボヘミアンズ2011年
でもそのツアーでもっとも人集まらなかったのは広島の22人で今んとこボヘミアンズツアー史上最低動員記録らしいですってことを何度でも書く
それをもう下回らないように
よく覚えといてください

でも今月から二箇所ある50回転ズと二つで行う「ボヘミアンズイベント」の二箇所だけど順調にチッケットうれてるようで安心したよ
マジで埼玉と岐阜ってボヘミアンズ初公演だからね
だからこそあえて選んだわけだけど
でも最初熊谷と柳ヶ瀬って聞いた時普通に「それどこ?」ってなった
いい歳こいて無知でメンゴです
でも50回転ズとの今回のためのコラボTシャツも作るからって何枚作ろうかってことでホンマドミノがチッケットの現在までの全体の売れ枚数聞いたら予想の2倍は売れてたから一安心って言ってたような言ってなかったような

ああ君たち、きてくれるんだね、えらいぞ、なでたいぞ、でも僕はロックの人だからそんなことしないぞ、出待ちとかしてくれても対応はその日その時の気分でまちまちだぞ、ロックの人が頑張るとこだと思ってないからな、かっこつけてんだ、媚びつかねんだ平田ぱんだは、すごいかっこつけてんだ、でも気分がいいときはひょうきんに動いたりもするぞ?もしその時はどうか運がよかったと思って喜んでくれよ?なんて話も

あとやっぱ50回転ズなんだかんだで動員あるんだなって話
だから初めての土地での開催に踏み切れたって寸法ですよな
東日本で埼玉と岐阜でライブをやればほぼ東日本の都道府県網羅なわけですがその中の秋田福島富山とか50回転ズのツアーにゲストで呼ばれてその県で初ライブって例は多い
今回もそれに習った場所選びなところはあったはずだ
動員もあってライブもかっこよくて最高だな50回転ズは
50回転ズだけだもうある意味この世界は
でもボヘミアンズのイベントでボヘミアンズよりゲストの50回転ズの方が動員あったらやっぱかっこ悪いから決してそうじゃないことを祈ってるよ
年に一度のボヘミアンズイベントだ!どうだ!5年目だ!かかってくるんだ!

ほいで
ここからは一昨日あたりの静岡での夜の話をするか
この日はまず3時くらいにライブハウスについた
ビレッジマンズストアがリハをしてた
腹減ったからうろつくことにした
そして一時間うろついた
だが特に収穫はなかった
そして四時からリハをした
普通だった
そして開演時間の6時まで暇をした
本を持ってくればよかったと後悔した
そして時間になった
やった
今回はボヘミアンズが発表される前に一次先行があったとかでボヘミアンズ発表からはニジ先行とかでその結果全然ボヘミアンズファンの誰もチッケットが当選していないようだから四月六日当日はボヘミアンズのファンは一人か二人しかいないかもしれないですけど頑張ってくださいねって内容のファンレターならぬ不安レターが三通は届いたが結果蓋を開けて見れば全然いたな

全然いないと思って挑んだから普通にいるの部類だったなあれは
特に毎度毎回ライブにきてくれる流石のおらいもいい加減顔を覚えきってしまっているような面々マイメンも普通にいたし
みんなどうやってチッケットを手に入れてくれているのだろうか
不思議だ
あと今回みたいな場合でも最前とかの前の方のいつも同じような場所に同じ人がいる気がする
あれも不思議だ
それがいいとか悪いとかでなく単純に不思議だ
だって毎回いい番号のチッケット取れるわけじゃないはずじゃん?
みるライブハウスの場所ってチッケットの整理番号順の早いもん勝ちじゃないの?
特に今回みたいな他のバンドがメインの場合とかどうしてんの?
単純に気合いで頑張ってるってだけの話なのかもしれないが
ライブハウスオーディエンス経験値が薄いからわからない
そして答えはきっと返ってはこない

なんて感じのことを思ったってこと以外は普通にゲストという名の前座の役目を果たしたはずだボヘミアンズは
夜の起爆のきっかけの一部くらいにはなれたかな
前座のバンドクソだったなってとこへはどうやったって行き着かないくらいには
だからあの中のボヘミアンズを知らなかった誰かがどうかボヘミアンズを好きになってくれていることをのぞんでいるよあくまでもあわよくばで
だって楽しければなんでもいいんだからね

セットリスト
1ロベ2ボーイズ3メイルビー
4新曲らしきものスペルマがどうとかいうやつ
5BOHEMRエーエヌエス
6太陽ロール7アイライド8ダーティー
9ざっとイズ10火の玉ロック

なんか最初に組んだセットリストだとこの中にあと二曲オリジナル曲が多かったのになんか時間押しそうだからって二曲削ったら結局五分時間余ったから最後に火の玉ロック急遽やった
まあ時間が余ったらあれに限るよな
急にやっても別にできるし
楽しいし
純度百パーのロックンロールだし

そんな感じで想定外に楽しかったよ
バックドロップシンデレラとビレッジマンズストアのお客は本人たちいわく両方総かぶりくらいのレベルらしいのでどっちのファンも一緒ということで話すがとっても鑑賞態度がよくてよろしかったです
やりやすかった
おかげで楽しくやれましたよサンキュサンキュサンキュ
またみてよね最初から最後まで

とまで書いてもうらめら
ムイネーだ
書き残したことはないか?
あっても知らねえ
どうせブログなんかすぐ書くんだ
最後に昨日会場がパンパンのパンでトリのバックドロップシンデレラの時にはオーディエンスで入り口のドアが開かなかったためみるのを断念して楽屋で一人寂しくミクシー日記で暇つぶし小説を書いてたからそれをここにはり寝よう
絶対にそうしよう

以下一昨日書いたやつ

暇だ 
バックドロップシンデレラみようかと思ったけど嘘でもなんでもなくふつうに人で扉があかなくて入れなかったから時間を持て余してるんだ 
仕方ないから小説を書くことにした 

まずは登場人物の紹介からだ 

武田幹雄 

この物語の主人公 

嫌いなものはピーマン 
好きなものはピータン 
帰りたくない時に寄る店の名はスーザン 
スーザンは飯屋 
そして酒屋 
あと頭から血が出ている店主がいたがそれゆえ洗面所から離れられなかったので店は基本的に内縁の妻の佳恵が切り盛りしていた 

佳恵はレイワ元年生まれの20歳で16歳の時に学校からの帰り道幹雄に連れ去られて以来ずっと一緒にいる 
宝物はハンカチ一枚 
平成に人気を博したアイドルグループV6の大ファンである日待ち伏せしてメンバーの一人をハンマーで殴って気絶させたのちペンチで一本抜いて持ち去った歯をずっと大事にしていて家の物置の片隅に接着剤ではりつけてある 
そしてとある日に佳恵が唐突に誰かに切りつけられて頭から血が出たことから物語は動き出す 

血が出ているため洗面所にいかなくてはならなかったのだがその入り口に糞が落ちていたのでそれを避けようとして小指が挟まってしまったのだった 
仕方なく小指をちぎり捨ててなんとか脱出できたはできたが結局は糞の方向に勢いよく倒れこむ形になり鼻の穴にその場にあった全ての糞が偶然入り込み愛知県あたりまで吹っ飛んだのだった 

そこは地獄だった。強制労働も原子力発電所からの放射能漏れも落雷の危険性もあおり運転による事故死も幼女の拉致監禁も中年男性の自殺も竜巻がピンポイントで目に入ることも基本的にはなかったのだが唯一爪が歩くたびにとれるのだった 

とれるたびに爪をつけかえてとれた爪をビンに詰め込むのだがビンの蓋をあけるたびに悪臭が漂うのでそれを塞ぐために蓋をとっても蓋があるようにその都度しなければならなかったのだがそんなことが何度も続けばやはり蓋に次ぐ蓋の嵐となることは避けられぬわけで蓋をとっても蓋があるようにより小さい蓋より小さい蓋をと探していくうちに最初は50センチあったビンに対して最終的に2ミリしかない蓋を探さねばならずオーダーメイドもままならず結局丁度いい2ミリの蓋を求めた旅に出ねばならぬのだった 

その旅の途中で福井県で行われている謎のロックフェスにフェンスの下に穴を掘って侵入しようとしてその過程でひっかかってほぼモグラ状態になって生きることになるのかもしれないと思うとひっかからないように少しでも髪を切らねばならぬのであって最低でも2ミリにしなければならないのだがそれだとチクチクするし日々の唯一の楽しみであるシャンプーがさっぱりやり甲斐がなくなってしまうので戸棚にタイツをしまったまま履こうとしてできるだけ横になろうとして裏返りそうになったところで我に返りエレベーターの横にあるスイッチの隣にあるスイッチのの横にスイッチがあると思ったらないので仕方なく帰って録画していたお笑い番組をより楽しくみるたびにまいばすけっとで酒を買って振り回して後ろの人にぶつかって振り返ってみるとその人は実は地図にのってなかったので市役所にいかなければならなかったのに道が一切ないから船で行こうとしたけれど船を買うために畑で働くことになるとしたらどんな服を着ればいいのかさっぱりわからないから隣の方でみていたらよくみえないので火をつけたのだがどうもそれが幼馴染の雄平だったらしいのだ 

雄平の膝の裏の色だけはかろうじて覚えていたためそれが雄平であることは間違いがないということだった 
そしてこの物語を始める前にどうしても雄平の人生について触れなければならない 

雄平は十七歳の頃から地図を書くのが好きで焼け死ぬまでに書いた地図の数は32を超えておりその全てがきっちり紙2枚分あったたつまり64枚も紙があったことになりもしそれが二倍になったとしたらなんと128枚にもなることになりその時の日本の人口が正確には何人なのかわからないので国民全員が雄平の書いた地図を所持するためには一体何枚用意すればいいのかわからないのであった 

その地図と地図を見比べてみた時に一つの発見があるとは誰も思ってなかったので畳もうとして指を切って血が出たので洗面所へいって鏡の前でついでにポーズをとったときに亡き母のことを思いだし母の好きだったまんじゅうを買いに行って仏壇に備えようと思ったのだがいうまでもなく仏壇は家に二つあったのでどっちに備えようかと迷っているところに詐欺の電話がかかってきたのでこのままそれにのっかりきって騙されているんだか騙されていないんだかわからないギリギリのラインを一体どこまで保てるのかという実験を真剣に続けていくことを決意してから二年経って靴の裏にずっとあるガムが一体いつついたのか突き止めたくなり旅に出た頃からの記憶が一切ないのは何故なのかをどうしても突き止めたくなったのでそのことを絶対に忘れないようにメモをしたらその紙が燃えたらいけないので金庫に入れようと思って金庫の中身を全部出して外に置いといて忘れてやばいって思って戻ったら全部その場にまだあってもしかしたら金庫に入ってただけで価値のないものなのかもしれないと疑い出してメルカリに売りに出してみようと思ったらスマホが二個あって三個目もあったような気がしてポケットをまさぐったらポケットから手が抜けなくなった気がして仕方ないから手を切ろうと思ってホームセンターに行ったところで中学の同級生の高井くんとあったのだった 

高井くんの話をせずにこの物語がすすむことはない 
なぜならば彼は 


とまで書いて暇つぶしをするのをやめた 
もっと有意義なことがあると思ったからだ 
もしも自分が二人いたら続けることもできたがそのためには超えなければならない山がいくつもあったのでやめた 

とまあそんな感じだった
うーむ、惜しい、惜しいよ君
次はもっとまともな小説を書いてみんなをあっと言わせたいねえ
つーことで唐突にじゃあな
最後にユーチューブでバックドロップシンデレラとビレッジマンズストアとボヘミアンズの音楽性をどうにか無理やりつなぐことができるはずの中間の音楽ナンバーを貼ろう
それは、これだ!
完全にテキトーだから真に受けんな?



ギズモ可愛いいよね
なりたい

オーノー完全にケータイが死んだぜ
今日の夕方くらいにライン返そうとした瞬間突然死んでしまって
そのまま現在に至る
明日なんかあったっけか?
基本ケータイのカレンダーでスケジュール把握してるからマジわかんねえ
多分なんもなかったはずだけど明日僕が連絡なかったらマジめんご
まあとりあえず充電しても動かないから一回線抜いて電源切れるまで放置
これで再起動でフリーズだったら晴れるらしいから
でも僕にはまだこのソンパコがある
最悪連絡つけられる

つーことで特に緊急のなんかも思い浮かばないから関係者各位への非常連絡はこのブログということにしとく
ちょうど三月の出来事ブログ書いてなかったからこのまま書くわ
つーかあれか、明日第一水曜日だから「平田ぱんだのロックンロールの話」が更新されるはずだからブログとか書くとぶつかるかしら?
いやでもあれの更新大体夜の9時とか10時とかそんな感じだから問題ないっしょ
むしろそれまでブログ読んで待っててくださいよでしょ
だって三月ブログをこないだの遠征直後に書かなかった理由ってロックイズ平田ぱんだのロックンロールの話の四月号に手一杯だったからだもんそもそも
言っとくけど今回マジ長いから
あの連載始まって以来の長さ
それくらいの大物のファーストアルバムの話扱ったってわけ
大体いつもダラーっと思いつくままにとりあえず書いてそれを一回読み直して「ここは不愉快になる人がいるかもなー」とか思って削除したり「これって正しい情報なのか?」とか思って一応調べたりして意外とちゃんと推敲してから出してんだけどさあれ
その手始めのダラーっと書くの段階が果てしなくていつまで僕はこれを書いてなきゃいけないんですか状態におちいったもん
まあおわんねえおわんねえ
大阪のライブ前から書き始めてそっからトータル三日くらいかかったもんマジで
それを読み返す作業だけでも一手間だったよ
そんな感じでかなり削ったんだけど結局三万文字超えたから覚悟して読んでくれ
あまりにも長すぎるから前後編に分けてもいいですよって言ってある
一括でくるか二つに分けてくるかはそこはロックイズの采配次第
そんな感じ
お楽しみに

とりあえず今はこのブログを一生懸命読むよろし
一生懸命読むほどのもんでもねえけんどもよ
いつものようにボヘミアンズに関わった間のおらいの活動記録とこの先の予定の紹介、リリース物の宣伝などを軽く、長く、やっていこうと思います

まずはリリース物か
先ほどとあるリリース物のレコーディング日程が決まったがそれに関してはまだ勝手に発表できないのでここではこれくらいにします
ボヘミアンズのニューアルバムとは別の話です
乞うご期待
そして現在最新となるリリース物の話をします
それはベスト・オブ・ザ・ボヘミアンズツアーのファイナルの初地元山形公演を収めた通算二枚目となるライブDVDです
タイトルもそんな感じです
三月13日に出たのでまだ一ヶ月も経ってません
まだギリギリ店にいけば置いてるんじゃないでしょうか
そっから先は売れないからって破棄されてわざわざ注文しないと買えなくなるはずです
まあ今はネット時代だからなんぼでもなるのかもしんまいけんどもよ
でも店で買いたいじゃん?ネットなんて味気ないヤイヤイ

それにしても僕ボヘミアンズのニューDVD見てないやまだ
発売日までCDとかもみない聴かないってことに基本してるんだけど
DVDはちょっとハードル高くてな
いや一回はみてんだよラフ編集の段階で
でもその時点で別に不満もなかったからあとはお任せしまーすって言ってそのままみてない完成品は
さわおさんとかがけっこう修正箇所とか言ってたっぽいからもしかしたら僕がみたやつと微妙に違うのかもしんまいけど
オープニングに特にこだわっていたような気がする
今日こそみるかーロックイズ連載大作も書き終わったことだし
でもなーやっぱDVDは腰が重いなー
こないだ50回転ズのダニーさんもこう言ってたよ「この世で一番みたくない映像は自分のライブの映像」って
わかるわかる
しかも僕なんかダニーさんの12倍くらい普段の自分よりハイテンションでやってるからもう恥ずかしくて仕方ないもんライブの自分みるの
なんか喋ってるとことかキッツイもん
お前絶対そんなんじゃないじゃん!ってなるもん
だからメンバーは親とか昔の友達とか地元のライブにゲストで当たり前のように呼んでるけど僕絶対あり得ないもの
絶対みて欲しくないもの恥ずかしいから
そんな感じでいい歳こいて恥ずかし乙女な僕です
でもなあ、他人に自信満々で売りつけといて自分は一回もみないとかそれって人道的にどうなのよって話だよね
ちょっとばかし無責任すぎやしないか?
一回くらいは全通しでみるのが義務じゃないのか?
たしかになあ、でもなあ、素面でみるのはきついわああああ
昨日から家に酒持ち込まない月間始めたんだけどなー
ボヘミアンズのDVDなんかみるのに酒なしは無理
マジ無理
つーことで酒買ってこよ
うん神様もきっと許してくれる
いや神様なんか関係ない
これは自分との約束だから問題ない
自分メンゴで済む話

まあDVDはいいや
こっからは思い出の話をしよう
三月のライブの思い出の話を
ライブのセットリスト毎回思い出し思い出ししながらブログに記すのめんどくさいからってマヤーンズのユースケくんにセットリスト持ってもらって写真とったんだけどそれはケータイの中に入ってるからせっかくとったのに無駄になってしまった
ケータイがなおったらマスコットキャラのツイッターの方に貼っておくかもったいないから
ということで今日のブログにはセットリストなんてものは書きません
がっかりしてください

まずは三月の24日の名古屋での出来事から
この日はIMAIKE GO NOWという名古屋の年1のサーキットイベントに一年ぶり二度目の出演
今年は午後2時50分からの出番だったから渋滞も考慮に入れて東京朝6時集合の鬼畜スケジュールだったが、起きたら花粉効果で右目があかない、これではコンタクトレンズが入れられない
当然両鼻はガッツリ詰まってて息できない
寝てる間口で息してるから喉がからからだ
安眠できないから眠い
全く花粉はクソたれ以外の何ものでもない
薬なんか飲んでるに決まってる
言われた量じゃもう効きやしない
来年から2倍3倍の量飲んでオーバードーズで死んでやろうと思ってる
こんな状態でバンドワゴン乗って何時間もかけて名古屋行って着くなりロックライブするなんて悪い冗談、なんて思っていたらチバオラからラインで「胃がなんたらかんたらでどうたらこうたらなので後から新幹線で行きます」と届く
おお、思わぬ助け舟
それなら僕も!
ということでこんな辛い状態でバンドワゴンで行くくらいなら五時間後に一万円の自腹きって新幹線で行くわってことでソッコー爆睡
おかげさまでギリギリなんとかなった
右目は万全ではなかったし鼻水はたれていたけどイベントも一時入場規制がかかるくらいには人も集まってくれてたみたいだしよかった
みんなさん集まってくれて本当にありがとうございました

そのあとすぐに大阪に移動した
次の次の日が大阪でライブだったからとりあえず大阪に2連泊した
結局けっこう夜に大阪ついた
今回の大阪はほんと歩き回った
それ以外ほぼなんもしなかった
でも大阪が好きだから次こそは頑張りたい
そんな感じで久々の大阪ライブ
今回はマヤーンズというよく知ってる奴らのレコ発イベントの大阪場所に前座出演
何気に初対バン
初がまさか大阪になるとはな
つーかマヤーンズのライブ自体初めてみた
前身バンドはみたことあったけど
テクマクヤーンズじゃなくてもっと前のやつ
対バンしたこともある
後輩っぽい雰囲気醸し出してるけど別にそんなに年もかわんねえしってかおらいらよりも年上のメンバーいるくらいだしバンドキャリアも同じようなもんだから同期バンド設定できるっちゃできるくらいな感じ
とりあえずまたしようねって約束だけして別れた
イベント自体はその日共演した若手最有望株バンド錯乱前戦の主催ということに勝手にした
だからきっと実現しない
そしてマヤーンズとは生涯対バンすることはありませんでした
マジかー
そうならないといいなあ
とにもかくにも大阪はよかった
もう大阪に住む

そんな次の大阪は4月27日の十三ファンダンゴ
今年の夏でなくなってしまうロックンロールライブハウスでです
50回転ズと二つで
去年の暮れに久々に50回転ズにツアーの横浜と名古屋に呼ばれてそしたらやっぱボヘミアンズいいな、50回転ズ最高だなってお互いに言い合ってじゃあ来年いつ対バンしよっかってなってとりあえずその場で提示された日程がこの27日だったんだ
十三ファンダンゴは50回転ズが初めてのワンマンライブをやったライブハウスだからなくなってしまうという報を聞いて急いでこの日だけおさえたんだって
でも何に使うかは決めてなくてなんも決まんなかったらワンマンライブしようと思ってたけどボヘミアンズと最後にツーマンしたいわってなったからってそんな大事な十三ファンダンゴの夜の相手に選んでもらったやった
ボヘミアンズで言ったらつまるところがレッドクロスで最後にツーマンやる相手に選ぶバンドになったってことだ
光栄じゃないか
盛り上げようじゃないか

そうなんだ、むしろこっちの予定の方が先に決まってたっていうか同時進行だった
じゃあとの日程はこっちで用意しますっつって今回のボヘミアンズイベントよ
四月21日と5月11日よ
埼玉と岐阜よ
なぜ埼玉と岐阜かっつったらボヘミアンズが東日本でやったことない土地はもうこの二箇所だけだからよ
西日本には沢山あるけど
でも福井が残ってるくさい
福井って東日本であってる?
場所的に微妙だよねあの辺
愛知県を境にしてるって感覚だけど
まあなんにせよボヘミアンズ埼玉と岐阜は初めましてなんでお手柔らかに
当然近隣の県に住むあなたやあなたやあなたが駆けつけてくれることを期待してる
つーことで四月21日と四月27日と五月11日は三つで一つというわけだ
50回転ズと命燃やし合います
一緒に焼け死にましょう!

ということでさようなら
ブログはこのくらいにしておきましょう
あくまでもケータイが壊れましたという報告ブログですからね
読み直しもしないで投稿します
トイレにも行きたいですし
今から酒買ってきてボヘミアンズのDVDみます
多分おそらく

四月六日にも静岡でロックライブがあるのですがそれはとっくに完全ソールドアウト状態らしいのであえて宣伝はしません
なんかボヘミアンズが発表される前の先行でほとんどチッケトはけてるらしいので当日ボヘミアンズファンはほとんどいないはずと伺っております
うむ、みんな待ってろ
必ず勝って帰る
とだけ書いてさようなら
本当のさよならではありません

最後にユーチューブ
ラカンターズが去年新しいの出してたって知らなかった
すっごかっこい
やっぱ違うわー
ってさっきみて思ったから貼って寝る



おうおらいはこれからこのブログの推敲を遂行するためにこの一行目へ立ち戻ったわけだがその前に貼り忘れてたロック画像を一つだけ貼ることにするぜ
昨夜を言い当てるに最適との判断からな
どうも最近沖縄あたりで取られたビッグフォトらしいが、それ以上は知らねえ
関係ねえ関係ねえ関係ねえ
ロックンロール、関係ねえ
この意味がわかる奴はずっと友
末長くどうぞ

鬼かっこい50.jpg


とりあえずこの写真の主役の50回転ズと昨夜長めに話す機会があったから50回転ズに限った情報をちゃんとちょっぴり漏らしておくか
まずドリーさんが中学の頃からクラフトワークの大ファンだったらしいという耳を塞ぎたくなる情報から
ボギーさんだけ年齢俺の二個上でダニーさんは最初から声がデカかったという耳を塞ぎたくなる情報まで様々な裏ネタ掴んだけどこっからは普通に金だ
金次第じゃ話してやってもいいが
ここじゃこれ以上は言えねえよ

そんな感じで以下さっき書いた文の分


おう俺は武夫ってもんだ
今日は漢字な感じだ
早速だが本題に行っちまおうか
行こうぜ?
モタモタしてんじゃねえよ
言っとくがおらいは今日は堕落してんだ
起きてすぐルービーとじゃがりこだ
これを堕落と呼ばずしてなんと呼ぶか?
これは反動だ
なぜかというと一ヶ月酒をやめていたからだ
それは健康のためとマネーのためのダブルの得を期待した行為だった
だがどうやらどちらも成功したようだ
知り合いの鍼師が俺の肝臓が弱ってるというのではじめたんだ
俺は奇跡の人、縄文杉よりもタフだ、と思っていたのにな
わからんもんだ
考えてみりゃあのチャックベリーですら死んだんだもんな
なんだ永遠なんかないんだなってな
悲しいけどさ
だがなご安心を、人間の体ってのは大体十日で改善されるらしいぜどうも
血が全部入れ替わる日数が大体それくらいなんだとよ
知り合いの鍼師に聞いたのさ

そんな感じでの一昨日のピロウズのツアーファイナルゼップトーキョーのロックライブが四年ぶりのシラフで鑑賞したロックライブだったんだがな(最後にシラフでみたロックライブは2014年の夏のサマーソニックでみたアークティックモンキーズだ、そのころはなんと半年もやめてた、じゃあつまりおよそ五年ぶりだったってわけかノンアルコールロックライブは)そしてそのピロウズロックライブがこれはまだほんと誰にも言ってないんだが、すごく良くてな、必殺の定番曲をほとんど出さずにロックのショーを完璧に導く手腕には舌を巻く以外やることがなかったくらいだったぜ、あそこにあったのは単純な喜びだけだったね、もうレポ書かせてほしいくらいだったわ、つーかマジで俺に一回公式レポ書かせてくださいよ、一番の文仕上げてみせるから絶対にってな具合くらいに

まあそんな感じだったからもうおらいは単純もんで「これからの時代はノンアルコールだ!」なんつって終わってからソッコーで一ヶ月ぶりのルービーをガブガブ飲んだほどだったさ
そしてそっからそれはもう飲んだな
からのまだ飲んでいるんだほどなんだ
次はアルコールを自宅に持ち込まない月間を始めるつもりだからそれまでしばらくはがぶ飲みします
いつまでかっつーと自宅のカップ麺全部消化するまでかな
同時進行でカップ麺体内に入れない運動も始めようと思ってるからね
だからもうカップ麺はもう買わない
あんなもんどうみてもジャンクだからね
僕はやっぱり健康が好きなんだ
今回一ヶ月酒をやめて健康の喜びに浸りまくったよ
健康の喜びに比べたら堕落の快楽なんてカス、とはかつての僕の友人の弁
真理だねえ
マジ真理だねえ
まあ一回堕ちるからこその這い上がってからの落差ハッピー効果ってのは絶対あるからわけだけど、まあまあまあまあとにかく家のカップ麺全滅させるまでは飲むよ?家で酒
じゃがりこもまだ二箱目だし
昨日自分のライブ終わって朝まで飲んで家帰ってまずじゃがりこ緑のサラダ味食い尽くして寝て起きて今チーズ味中って感じ
ま、じゃがりこは緑に限るねやっぱ
全部うまいけどさじゃがりこは
じゃがりこの本当の魅力ってのは間違いなく歯ごたえだけどね
早く油を使ってないじゃがりこ発明されないかなあ
そんなん出たら毎日買うわ
主食にする
ノン油のじゃがりこと炭酸入ったポカリの登場を切に願う
とりあえず今日はそんな感じだ

今聴いているロックミュージックはドクターフィールグッドの有名なライブのやつだ
昨日50回転ズをみて聴きたくなったんだ
ドクターフィールグッドの尖りってのは映画で例えるならばロベールブレッソンのラルジャンだ
なに?ラルジャンを知らねえだとう?
こーのモグリ野郎!
てめえに映画ファンを名乗る資格はねえ!
ああでもちょうどいいや、次のバークス連載の順番おらいだからラルジャンで書こうかな
いや、でももっと下世話な血みどろ映画の話がしたい
人情で
ロックミュージックってのは結局のところ海外のホラー映画だからな
例えば日本の幽霊モノはロックを感じない
なぜならば普通に怖いから
リングとか呪怨とか怖くてみてらんないもん
日本だからなんだろうな
完全に同じ手法の映画をアフリカあたりでとったとしても絶対怖くないもん
遠くの話って感じで
とにかくロックは怖くちゃおしまいさ
ロックってのは怖くないんだ
とっても笑えるんだ
結局のところ最も映画ロックなのはジョンカーペンターであり突き詰めればルチオフルチであり最終的にトムサヴィーニなのであるわけであってエアロスミスとAC/DCとディープパープルのそのちょうど中間にいるように見せかけてその斜め上あたりに陣取っているのはいつだってポールバーホーベンなのだという話なんだよな
つまり次にバークス連載で書くのは映画題材はブレインデッドで決まりということです
つーか今度の新しいビートルズの映画の監督がピータージャクソンなのって笑えるよね
誰一人予想できなかった事態じゃんブレインデッドみてはしゃいでたあの頃の俺たちが
夢って広がるために

とまで書いてBGMのドクターフィールグッドが長いブルースタイムに入ったのでソリッドな早急感を求めているおらいはすかさずチェンジした、LUNA SEAに
生き方を決めるときはBGM
こっからはめちゃくちゃLUNA SEAを聴きながらブログを書いてやる
ざまあみやがれ

それにしてもブルートゥース対応アンプを買ってから音楽鑑賞が捗るな
CDやレコードなんてApple Musicになかった場合以外でかけることが一切ないぜ実際の話ここんとこ
ボタン一つでスピーカーからゴキゲンなやつが流れてしまうからな
そら気軽にLUNA SEAも聴くわ
とまで書いて全然LUNA SEAの気分じゃなかったって気づいたから変えるわ、My Little Loverに
マイラバのファースト何気にすっきよ私
この話をする人に未だあったことないんだけど超良質なポップミュージックファーストアルバムだと思ってるよずっとマイラバのファースト
さすがコバタケ
ガタ山の星
ビートりょうと同じ地
最上地方あたり
タイトルのエヴァーグリーンに偽りなし
ロックがどうとか関係なし
なんだかんだ僕たちって好きなんだ、エヴァーグリーンってやつが
イギリスのロックンロールが好きな理由って大体それな時すらあるしさ

とまで書いて洗濯が終わったと洗濯機が知らせてくる
普通にめんどくせえ
洗濯物を干す時ととる時必ず二回めんどくせえ
だからもうちょっとあとでやろう
花粉のせいでここんとこずっと部屋ぼしだからそれもまた面倒くせえ
部屋干し用機材持ってないから昔ライブ中に折ったマイクスタンドを棚と電気スタンドの間に横にかけてそこに洗濯物をかけるっつー間に合わせの産物だからよりめんどくさい
だがそんな生活の話をいつまでもするつもりはない
急遽一気に終わらせにかかる
こっからは唐突にロックンロールの話だ!
書きます!



最高!!!





終わってしまった
いささか正直に書きすぎたか
まあそらそうでしょってはなしでしかねんだが
だがこれではあまりにもあんまりか
やべえ
このままじゃ示しがつかねえ、

まず書くとりあえず昨日のボヘミアンズのセットリスト!

1メイルビーオン2シーナイズア3ボーイズ4ロベレーツ
5謎の新曲
6ボヘボーイ7太陽ロー8愛ライド9ダーティーリ10ザッティーズ

encore1ビートルズのファーストアルバムの一曲目

って感じだった
いつもの奴のようで微妙のいつものじゃないというやつでアンコール一曲込みのやつ
そうなんだよなあ実はトリだったんよ僕らボヘミは
最初出順聞いた時なんでやねんってすぐにエセ関西弁出たほどだったよね
だって普通に考えたら一番手ボヘミで二番手50でトリがレディオキャロラインでしょ
誰だってそう考える、99パーでそうする
全く出順の時点で一筋縄じゃ行かねえぜ、
レッドジェネレーション!
73回目にして今回初めて呼ばれたわけだが
昨日当日にようやく気づいたんだけど、僕2007年に普通にお客で行ったことあったんだわ
東京来たばっかのころに行ったよ50回転ズと毛皮のマリーズ見るために埼玉
だから「ああああああああのイベントかー!」ってなった
なんか僕その夜行くまで完全にトリ前が毛皮でトリが50回転ズだと思い込んでて毛皮の時間まで路上飲みしてよーぜーっつって友達とコンビニの前でうだうだやってて三杯ほど飲んだあとでいい気持ちになってきたしそろそろライブハウス入って毛皮のマリーズで爆発しようぜーやるぜー今夜俺たちはーなんつってライブハウス入った瞬間シマさんがじゃあなーつって手振ってるシーンではるばる埼玉まできて見れた毛皮のマリーズたったのそれだけでマジクソふざけんななんだこのイベント出順おかしいだろ!って勝手にキレまくった思い出があるからすげえ覚えてるんだ
その日の「別のトリ前のバンドも当然勿論かっこよかったけどやっぱむなしかったかな申し訳ないけど僕の心模様と照し合わせたらね、何しろ2007年ただ単に普通に毛皮のマリーズのファンだったもんでね、しょっぱなから前に詰めて待つみたいにはなる気はない、なぜなら僕はテディボーイだから、くらいのレベルの普通のファンだったもんでね、その時の喪失的な意味合いでね
でもそれでもやっぱその時みれたトリの50回転ズは鬼クソかっこよかった
きてよかったー!って底から思ったもんだよ
ほんと50回転ズって謎にずーっとかっこいいよね
毎回毎回50回転ズを全うしてる
あんなもん最早ニッポンのロックの謎レベルだよ
ちょーかっけえ
ここまでくると一回くらいは見てみたいくらいだもんステージでスベりまくってる50回転ズ
もしもあなたが50回転ズみたことがなくてこの先満をじしてみに行ってみたらクソだったなんてことがあったとしたらそれ超絶レアケースだから逆に喜べ、そして2回目で必要以上に飛べ、そんで刺され天井へ、からの天上へ

そんな感じでおらいの中で出順のおかしいロックンロールイベントとしての認識が勝手に定まったレッドジェネレーションだが、たしかに一抹の不安のあったボヘミアンズのトリ、ふた開けりゃ案外そんな無茶な采配でもなかったね
超余裕っつーか、やっぱ俺らでしょ!って感じでしかないっつーか
ふっつーにあつかったわ
誇らしいほどに
あの50回転ズとレディオキャロライン、非の打ち所のない純度百パーのロックンロールバンドパイセン御二方があっためにあっためきった新宿ロフトのそのやりやすさときたらなかったぜ!
ほんとラッキーロックにもほどがあったね
下っ端がトリ任されるってずっと損って認識で生きてきたけど考え改めることにするわ
楽しいという意味に限って話すならやっぱトリでしょ!って感じでしかなかったわ
マジでありがとう一緒に遊んでくれて
ずっとみてたよあんたのこと
あのアホヅラ!
たまんねー!
もち俺らその遥か上いったつもり
ほらほっしーとかどんどん鼻毛伸びてたっしょ?多分だけど
まーまーしゃーねえしゃーねえ楽しかったんだもんさ!
結局夜10時に音止めないと殺すって言われてたけどアホのみんなさんの熱い要望によりなんとアンコールタイム追加でなんと全一曲もやらせてもらっちゃったくらいにしてさ
まったくもっていい夜だったよね!
ロックンロールでしかなかったね!

今思ってもあんなど平日の初っ端の月曜によくもあんなに集まったもんだぜ
好きな奴らだったて一言であえてすますか
愛してマスでしかねえわ
益々ロックンロールビッグファンの濃度と純度は年々増しているって信じれる
少なくともおらいからはそうみえてる
どうか流行り廃りなんざには目もくれずにあなただけはそのままでいてよね
ダサいと言われようとも誇り高く
シーンはどんどん小さくなればいい!またそこから始めればいいだろ!ってな具合にねえ行きたいっすねえ
イェーイェーイェー
 よくないこれ!?これよくない?!よくなくなくなくなくない!?
あの頃の僕らと言ったらいつもこんな調子だった心のベストテン第一位はこんな曲だった


つーことで唐突にじゃあな
三月はまだまだロックのライブの予定に塗れてる
まずは名古屋、大阪、詳細は各自で調べてください
そして必ずやってきてください
歓迎します

つーことで僕は今から中華料理を食いに行きます
だから今日のブログはここまでです
最後に家に流れてた音楽はルードナルドソンのやつでした
ロック万歳
またすぐ書きます
絶対に多分

↑このページのトップへ