どーも今日の僕です

昨日もブログを書きました

まずは書きかけのそれを読んでください





今日は短いブログを書きます

だから平田ぱんだじゃないやつに書かせます

任せたぞ!将史!

どーも将史です

ボヘミアンズのガチファンです

たった今ひらたぱに今まかされてこのブログ預かることになりました

昨日は「下北沢にて18」にてボヘミアンズのショーをみてきました

最近ワンマンばっかだったしこないだの50回転ズのツーアもツーマンだったしでわりと長い尺のボヘミアンズショーばっかみてきたので今回30分とかマジ短くてひきました

50回転ズの前座の時も一時間しかなくてこないだのツアーが最長三時間とかあったこともあったので物足りないったらありゃしなかったけど流石にサーキットイベントの久々の30分という尺はボヘミアンズだけを目当てにやって来たこの将史クラスのファンとしてはほぼ金返せ状態でした

昔のボヘミアンズならあそこで時間押してでも予定してた曲数完遂させてくれたはずなのに最後の曲を削ったりなんかしちゃったりして、ボヘミアンズも随分丸くなったもんだと思いました

でもよくみたらライブハウスに時計がありましたね

ステージ側からよくみえる位置に

だからか!

だから時間ピッタリでおわすことができたんですね

つーか昔から思ってんだけどなんでライブハウスには時計が設置されてないんでしょうか?

マジライブハウスに時計欲しい

これ思ってんのこの将史だけっすかね?

同志募る

ボヘミアンズの昨日のセットリスト

1ロベレッツ2シーナ3ボーイズ4スキーイン山形5メイルビー6アイライド7ダーティ

なんの変哲もないいつもの定型ボヘミアンズセットリストですよね

山形限定ニューシングルスキーイン山形が追加されてるくらい

最後に予定してた曲もいつものベイビーザッツだったらしいからやってもやらなくても同じっちゃ同じですよね

まあそりゃサーキットイベントで冒険はしないか

ファンじゃない物見遊山系オーディエンスも盛り沢山な状況が予想されるわけですしね

でも本当はレア曲枠として「トムザニューオールド」やろうと思ってたんだけどまさかのチバオラがこないだのスタジオの時間勘違いしててなんとスタジオにこなくて練習出来なかったからこういうセットリストにせざるをえなかったという裏話があるとかないとかヒラタパが言ってたような言ってなかったような

ひらたぱは隙あらばこうやって他のメンバーを貶めて自分の評価をあげようとしますからね、全く油断も隙もない男です、そこが好き、ひらたぱラブ、平田ぱんだはこの将史だけのもの!正直ちんちん舐めたい!

まあ、でも結果よかったんでねーかねこのセットリストで

やんねーだろトムザニューオールドなんてよそりゃ

よっぽどのファンでもタイトルだけきいても「それなんでしたっけ?」ってもんでしょ普通にあれなんか

でもさあその甲斐あってか、サーキットイベントでいい感じのボヘミアンズって滅多にみれない印象あるけど昨日はその割にはまあまあよかったですもんね

ボヘミアンズって熱心なファンはとことん熱いけどそうでない人にはそもそも興味の外の外の外系の人気バンドですもんね

だからワンマンとかだとそれはもう盛り上がるんだけど、こういうサーキットイベントだとほんとにお客が集まらないんですわ通常は

正直今回も一切の期待しないで行ったもん会場に

でもよ、今回、結果的に、「入場規制」ですってよ?

この将史のリサーチではこれって「ボヘミアンズのキャリア史上初」らしいよ?

祝!

友達の岩井くんと祝いたい

そんな名前の友達はいないけど

あきらかに、今年、ボヘミアンズ、ちょっと上向いてる!ちげえねえ、、そうだって言ってくれよ!

でもたしか、そういえば去年の「下北沢にて」のボヘミアンズのステージもまあまあよかったですもんね、いや、強者バンドひしめくあのかぶりたい放題のトリの時間帯のわりに普通にお客がたくさんいらっしゃったし、

ああ、なんてこったいだぜ「下北沢にて」

かのTHEラブ人間が主催してるだけあるわな

ナイスセンスオーディエンスが集まってる!

流石!

2年連続、楽しい思いをさせてもらったってわけかい!

来年も、、うっふん、、オファー、、あるよね?

ね?

期待大!

そんな感じ

でもこの日は残念ながらボヘミアンズ以外何にもみないで帰った

ほんとは明るい時間からいって下北沢の街ごと楽しんだりしようと思ってたんだけど普通に昼過ぎに起きて風呂入ったら3時半くらいで最低でもボヘミアンズの二つ前の同じステージのダブルサイズベッドルームというバンドくらいからは見ようと思ってたんだけどその時点でなんか諦めた

その後も色々みようとほんとは思ってたんだけどそんな感じで出鼻をくじかれたからやる気がなくなってボヘミアンズだけみて帰るのもそれはそれでクールだな、なんて斜に構えて帰った

勿体無い!

あとなんか昨日財布に万札マネーがパンパンに事情でやたら入ってたから早く帰って然るべき場所に保管したかったってのもある

財布万札マネーパンパンでバンド楽しむのなんかしんどいでかなあって、気持ち的に

下北沢誘惑多くてうっかり散財しそうになって危なかったしね

でもひっさしぶりに下北行ったけどやっぱいいねー

近くに住んでた時期は当たり前のようにあの辺よく歩いてたから気づかなかったけど、もっと歩いときゃよかったなあーマジで

もう7年前くらいの時分には平田ぱんだの真似して目の周り真っ黒にしてデーハーな格好して歩いてたんだよよく

今じゃ絶対できねえわあれ

それは若気の至りだったっつーよりもやっぱ下北沢だとさ、ああバンドマンかなんかなんだろうなって許される空気があったからなんだよな

今住んでる地域では絶対無理だもんな

そんな奴一人もいないものこの辺

ほんとバンドマン志望の君はまずはバンドマンが当たり前のようにいる地域に住んだ方がいいよ

絶対そのほうが楽しいから

これヒラタパ経由のアドバイス

さて、もうすぐM1が始まってしまうからダラダラはこの辺にしてそろそろ後々のボヘミアンズのライブのオススメ宣伝文でも書くか、ファン代表として

そう、この将史こそがボヘミアンズのファン筆頭!

まだファン歴2年だがファン歴12年のやつにもボヘミアンズを愛する気持ち&オススメする気合いは負けてねえ!

あ、でもM1始まったからながら見しながらになるから雑になるかもしんまい

そうなったらめんごめんご

でも今日で2018年のブログ最終回にするつもりだからね

次はヒラタパは2018年総括ブログだ!って言ってるくさいからマジで最後のブログですこれ

だからこそさらっと軽く短く!この将史が書く!

えーとまずは、今年の予定二つの紹介を

まず次は京都でやる!

このバンドに呼ばれた!

と言ってユーチューブ映像を貼る



クリスピーカメラクラブとかいう今年CDデビューを果たした新人連中

ボヘミアンズと普通に面識なし

正確にはこのバンドのメンバーの一人が京都のラジオ局のαステーションで働いていてこないだビトウりょうと平田んだがプロモーションで行った時にCDを渡してくれて「うちのメンバーのベースのやつがボヘミアンズの大ファンなんです」っていうから「そうなのか」ってなってインターネットでみてみたら「この男たしかにツイッターでエゴサーチしてると昔からちょいちょい出てくる名前だわ」ってなって「本当だ!」ってなったから「これも何かの縁だということでじゃああなた達のレコ発ファイナルに出演をします、します」って口約束をしてほんとに出ることになった、という流れらしいぞ

でもその後このバンドのインタビュー記事を二つ読む機会に恵まれたんだけど、そのベースのやつがそのどちらでも「僕の青春のロックンロールバンドは毛皮のマリーズと黒猫チェルシーとオカモトズです」って言っててボヘミアンズのボの字も出て来なくて「野郎!」ってなったとかなってないとか

いや、4番目に言ってたけどあまりに無名バンドがゆえに編集の人がカットしたに違いない

きっと彼は現場では「僕の青春の四天王は毛皮のマリーズと黒猫チェルシーとオカモトズ、そして(大きめの声で)ザ・ボヘミアンズです!」って言ってくれていたはずさ

くそお、編集者め!ということにしておいてやるわ

と、いうことを思った、とヒラタパは言ってましたこないだ

たしかにこの将史は聞いたよ耳元でそっと囁くように

まあ、でもあくまでも、ボヘミアンズは普通に祝いに行くんじゃないかな?

わざわざ京都まで、

ファーストCD発売おめでとう!

って感じで、

それ相応のロックショー、

かますんじゃないかな?

全4バンド出演のイベントだから、持ち時間はきっとそんなにないだろうけど、パーフェクトライフは多分絶対やるね

ずっとやりたいと思ってるのにベストツアーのセットリストからもはずれはずれに外れ続けているヒラタパがそこそこお気に入りのナンバー、パーフェクトライフ!

京都はパーフェクトライフにかける!ってくらいパーフェクトライフをやるはずだ

パーフェクトライフをやらないと今年を終えられない!

と、そんな感じらしいです

来てね、ハート

で、

その次のライブはもうなんと大晦日

31日

恒例のピロウズ主催の

これに関してはもう宣伝必要ないっしょ?

もうこのカウントダウンイベント出演するのは6回目?かな?

6年連続

今回はなんと初の1バンド目!

トップバッターってやつを任されるはずです!

さわおさんがこないだの東京ワンマンにきた時の打ち上げの場で言ってたもん

最高の年越しの夜にするために最高の初っ端かましライブをする予定なんで鬼クソ楽しみにしていてくださいって感じのはずだわ

平成最後の大晦日をボヘミアンズと渋谷で過ごそうぜ!

な!

無論、この将史はそうするよ?

ある意味大晦日ボヘミアンズとぶち上がるあの瞬間のためにこの一年頑張ってきたんだこの将史は!

楽しむどー

その夜の出演バンドの中からあえてヌードルスのユーチューブ映像を貼ろうか

この将史の10代の重大青春ナンバーの一つだねこれは

少なくとも1002回くらいは繰り返しきいていたね家で一人で

大晦日に披露されるかどうかまではしらんけどな


んで

年をまたいでの、2019年、新年一発目のボヘミアンズは六日にあのホットスプリングの仕掛ける下北沢ベースメントバーとスリー二箇所使っての大勢バンド出演イベントだ!

まあ言ってもベースメントバーとスリーはおんなじ建物の地下一階にあるからな

きっとウロウロし放題さ!

ウロウロしてくれー!

まあ、ホットスプリングはギターにカノーくんが加入したことによって幸か不幸か自動的にボヘミアンズの関係バンドに組み込まれたので、きっと意をくんで、一番いい出番位置にボヘミアンズをおいてくれるはずだがね

信じてるよ?

一番美味しい位置においてくれよ!

この日はホットスプリングの仕掛ける新春イベントだけあってきっとロックンロールバンド盛り沢山のはずさ!ロックロ好きのメンアンドウーマンは期待大でよろ

といってホットスプリングのユーチューブをハル





で、その次は
一月13日の柏パルーザでのバックドロップシンデレラのツアーの前座にお呼ばれした

ついにバックドロップシンデレラとガッツリ一緒になる日がきたか

一昨年武蔵野音楽祭で一緒になったけどサーキットイベントの裏は狭い楽屋分けあって騒がしいから話する機会もなかったしな

僕昔友達のザフレディーマーキュリーってバンドにくっついて池袋アダムに行った時バックドロップシンデレラのあのモジャモジャの方が店長的な人で「僕はボヘミアンズっていうかっこいいバンドやってるから今度ここに出してくれ」って言った思い出があるんだ

そしたらその時「実は俺もかっこいいバンドやってるんだ、バックドロップシンデレラってんだ、YO!
チェックしとけ!」って言われて家に帰って調べてとりあえずホームページだけをみて、あーボーカルの人同い年だー、しかもメイクとかしてて、これは仲良くなれるかもしんまいー、いつの日かどこかで一緒になるはずだきっと!

とか思ったりしたおもひで

あれから10年、、ようやくか!

とっても楽しみですよね!

あくまでもしっかり前座の役割果たすつもりでゴンス、



平田ぱんだが言っていたような気がします

全てはこの将史の妄想かもわかりません

事実と異なっていたらすみません

と言ってバックドロップシンデレラのユーチューブ動画をはる

詳しくないからどれ貼ればいいかわかんないけどウンザウンザって書いてるからきっとこれが代表曲のはずだ

当日までこの将史も予習しとくぜ!





とまで書いて

時はたち、、

今火曜日の夜です

もう日付変わってるからほとんど水曜日です

やばい、毎月第一水曜日はロックンロールウェブサイト内で最もアクセス数が高いらしい大人気連載コラム「平田ぱんだのロックンロールの話」は更新される日じゃないか!

このままではそれと更新が被ってしまう!

なんとか今夜中にブログをアップしなければな

この将史がどうのこうのとか言ってる場合ではないなこれは

こっからは普通に平田ぱんだでいきます

うーんとあと残る宣伝告知ライブ項目はと、

それは、

一月14日三年連続3回目のUFOクラブの周年アニバーサリー!

なんとあの住所不定無職とのツーマン!

ですね

つまり一月13日の柏パルーザと14日のユーフォークラブと関東ツーデイズなんですねボヘミアンズは

こっちはツーマンライブだ!

だが、ただのツーマンじゃない、運命の対決なんだ!

知ってるかい?住所不定無職

かつてボヘミアンズの最大のライバルバンドだった奴らさ

理由はただ一つ、メンバーを一人共有してたからだ!

もう話してもいい頃だろう、、そうさ、ボヘミアンズの元ドラマー「ジンタアンドザミラクルズ」と住所不定無職の「ゾンビーズ子」は、なんと同一人物なんだ!

どうだ、ビックリしただろう?

ふっふっふ、マジさ

それは現在の正ドラマー千葉オライリーがある日唐突に裏切って役者の道を極めるとかなんとか言ってボヘミアンズを捨てたあの2008年の春からジンタアンドザミラクルズが事情でやめる2010年の末期まで続く争いだった

メンバーを一人でも共有すると、バンドとバンドは、ライバル化するぜ?

知らなかっただろう?

当時は互いに無名だったが、当時最もトレンドだったSNSサイトmixiのコミュニティ人数の増減を毎日チェックしては住所不定無職に負けた勝ったと心のデッドヒートを繰り広げていたもんさ

どちらが先に100人に到達するか!みたいな感じで

結果住所不定無職が先だったね

あの時は悔しかったなー

そしてライブはもちろんスタジオ練習一つにしたってジンタアンドザミラクルズことゾンビーズ子の取り合いだった

「その日はジューショの予定が入ってるから無理」このワードがどれだけ当時煩わしかったことか

そして、住所不定無職ことジューショはそのゾンビーズ子がメインソングライターということがまた争いを複雑化させていたね

これまた良ーい曲作るんだジンタアンドザミラクルズことゾンビーズ子は

そして先にCD出たのも人気出たのもジューショだったね

ジューショが当時人気テレビ番組めちゃイケのエンディングテーマになった時とか「く、く、くそがあ!」ってなったもんだよ

そしてジンタアンドザミラクルズことゾンビーズ子は住所不定無職に専念することになりボヘミアンズには千葉オライリーが戻ってきた

いつしかボヘミアンズはロックンロールアイドルと名付けられ人気を博しそうなイキフンにだけなり、アングラガレージバンドだった住所不定無職はいつしかキラメキディスコ系ポップバンドに鞍替えし、互いに意識しあうことはほとんどなくなっていった

だがな、今年ベストアルバムを出し地元山形初ワンマン公演を大成功させて、今現在のボヘミアンズがやり残したことはないかと考えたときに思い出したんだ、「住所不定無職をきっちり倒していない!」ということに!

それに気づいて、今回三度目のユーフォークラブでのアニバーサリーイベント出演以来があった時に、最初は他のバンドとのツーマンの予定での依頼だったのだが、無理をいってお相手に住所不定無職を推したんだ

現在彼らはマジックドラムスアンドラブというキラメキファンキーディスコポップバンドの活動をメインにしているが、この古巣ユーフォークラブアニバーサリー月間では年に一度だけ住所不定無職としての活動をしていることは伝え聞いていた

ここでやらんでいつやんの!ってなもんですよ

思えば初めてユーフォークラブに出たのもジューショ初の自主企画イベントに呼ばれてだったっけ

2008年

イベントタイトルはなぜか僕がつけたんだ

たしか「要塞警察ファンクラブ」だ

どうだイカすタイトルだろう?

そんな感じで時を経て、2019年一月14日、御誂え向きの思い出の地ユーフォークラブで、僕たちボヘミアンズはついに、住所不定無職を完膚なきまでに叩きつぶそうと思っています

忘れかけていたあの日の悲願!

住所不定無職をロックンロールでぶっ潰す!

恨みはねえが、やらなきゃ嘘さ

やってやる、やってやるぞう!

あの頃を知るものがボヘミアンズファンに一体現在何人いるか、知らない

99パーセント残ってないってことだけはわかるな

関係ねえ!

やり残したことをやるだけだ!

倒すぜ!住所不定無職!

悪く思うな!

ついでだから昔の曲ばっかやったろ

最近のボヘミアンズナンバーはちょっとしかやらない!

はず、多分

住所不定無職も昔の、あの頃のナンバー多めにするボヘミアンズ向けのサービス精神みせてくんねーかなー

「高円寺の渚ちゃん」やってほしーなー

僕あれめっちゃ好きよ

こないだツアーの会場BGMCD−Rにも入れたもん

まあ、とりあえずそんな感じかな

この夜に関しては売り切れるまで煽っていく予定

ユーフォークラブは完全電話予約のみだから頑張って電話予約してくれ

電話予約とか僕したことないわ

したくねー

電話嫌い

頑張れ頑張れ

つーことで唐突にじゃあな

またすぐ書くからよとハンドルを左に

最後に住所不定無職のユーチューブ動画何を貼ろう

さようなら僕の友達よ

また逢う日まで

愛してマース!





高円寺の渚ちゃんがあったら貼ろうと思ったらなんかロックバージョンのやつしかない!僕が好きなのはファーストアルバムに入ってるゼアシーゴーズなバージョンの方だ!

ということで最も古い、ある意味ファーストシングルなこっちのジューショナンバーを貼ろう

ボヘミアンズでいうとこのおおスザンナだな

そんな感じ

バハはい











どーも今日もたけおっす

ライブの次の日はなんも予定入れないことにしてます

何故ならばよく寝れないからです

ロックライブとはそれほど日常生活に支障をきたす行為なのです

特に普段思いっきりローなテンションで生きてる僕のような人間の場合ロックライブなんてした次の日なんか体がまだびっくりしたまんまでほんとは眠いっちゃ眠いのに寝れないという

とてもかわいそうだと思います

仕方がないからブログ、通称ボーグに手を染めることにしました

これで何度目のボーグだろうか

もういつしか数えるのをやめてしまったが、年月的には少なくとも13年近く続けているはず

一つ目のブログの記事は全て消してしまった、消さなきゃよかった、もの自体はあるはあるけどもうパスワードがわからないからログイン不可

二つ目のブログは、まだあるのか?知らない、あれは当時の事務所の人が作った僕が管理できないやつだ

三つ目のブログはアメーバブログだ、もうパスワードがわからなくてログインできないがお知らせメールだけが毎日届く、もううざいとすら思わなくなってしまった

で、4つ目のブログがこれ、あ、ボーグだったか

4つ目のボーグは今の事務所の人がラインブログに移動しなさいっていうから移動した

ここは僕もスタッフも管理できる

そしてラインブログだからラインで通知がくるあたりが特に気に入っている

ボヘミアンズ公式ラインアカウント、知ってるか?

あれ平田ぱんだがボーグ更新しましたって通知がメイン告知になってるけど、たまーに重要な情報やライン限定の映像なんかが送られることもあるから登録しといて損はないはず

さあ君も今すぐゴーだ登録だ

さてさて、で、何から話そう僕の好きなもの

昨日ロックライブをした理由から話すか

それはザ50回転ズという日本の誇る名ロックンロールバンドにやれって言われたからやったんだ

50回転ズとはもう7年の間柄だ

最初の対バンはボヘミアンズのデビューツアー憧れられられられたいツアー2011の高松公演でのツーマンだった

その頃は全部スタッフお任せで僕らは何にもかんでない

その時50回転ズをチョイスしたのは僕らじゃない

だって50回転ズなんてその当時はボヘミアンズの上の上の上のバンドって感じだったもん、え?50回転ズなんて格上の有名なバンドゲストに呼んじゃって大丈夫なの?ってなった当時普通に

案の定現地は50回転ズのお客がメインで、しかも出番前にみた50回転ズのライブがやはり鬼のようにかっこよくて、結果気の小さい僕はガチガチに緊張してステージにたち、挙げ句の果てには何故かライブ中に前歯を折るという災難に見舞われたのだった、、懐かしいぜ

僕の前歯が一本差し歯なのは50回転ズのせいだと言っても過言じゃあないわけだ

50回転ズがかっこいいのがいけないんだ全ては!

なんであんなにかっこいいんだろうか?ああ、理由はわかってる、ロックンロールバンドだからだ!

かっこいいなあ、ロックンロールバンドは

誇らしいなあ

しかも今回久しぶりに、2年ぶりくらいかな?にみたんだけど

さらにかっこよくなってたね

完全に昨日より若かった

もうボヘミアンズもあの頃とは違うぜ?ってつもりではいるんだけどさ一応

ボヘミアンズがパワーアップした分はちゃんと50回転ズもパワーアップしてた

ずっとこうだ、ずっとこうなことがどこか嬉しい

これまで何度も50回転ズとは対バンしてきた

それは向こうのツアーに呼ばれてだったりこっちのツアーのゲストに呼んだことも何度もあるしで、そのどちらでもないライブハウスブッキングだったりイベンターブッキングだったり様々な場で一緒になってきたわけが、その度にいっつも負けてきたと思ってる、ボヘミアンズは50回転ズに

情けないことに自分たちのツアーの現場でも負けてたんだ

唯一2015年のサマーツアーの名古屋場所、あの日だけ「今日は絶対勝った!ついに勝ったぞ!」って思ったくらいかな

そりゃ自分らのツアーの現場なんだからそりゃ勝つだろ、後出しジャンケンみてえなもんなんだからって話なんだけどさ、まあそれくらい50回転ズはずっとマジカッケーパイセンロックンロールバンドって感じなのよ

完全に高い山

でも向こうは十代から?やってるしデビューも早いからめっちゃ先輩かと見せかけて年齢僕と実質一個しか変わらないという

一個でも上でラッキー!50回転ズが年下だったら落ち込んでバンド辞めてたかもしれないぜー

あとその一個上くらいってのが学校のカッケー先輩感が出てていいと思わないか?

ボヘミアンズが小五だったら50は小六、中二だったら中三

なんか普通にそんな感じがするし

しっくりくる

あ、でも僕だけバンド内で一個上だからボヘミアンズの他の奴らは中一か

それもそんな感じがしてしっくりくるな

つまるところが50回転ズはボヘミアンズのガチパイセンバンドだ!

年が近いってところが勇気湧くんだよなー

だってほら、なんか年がめっちゃ上のパイセンバンドがかっこよくてもさ、なんかそりゃそうだって感じじゃん?

でも年が近いとさ、年がそんなに変わんないのにあんなにかっこいいってことは僕らだってあれくらいのショーができるはずなんだ!ってなるじゃん?

実感が湧くよね、できるんだ!っていう実感が

そんな勇気の証みたいな50回転ズのツアーの横浜場所と名古屋場所にこのタイミングで呼ばれたのはマジラッキーだったね

なんせ今年はボヘミアンズ総括の年としてベストアルバムを出してベストツアーをやり、それを成功させた直後だったからね

ファイナル地元山形初ワンマン公演ははっきりいって自分でもいいライブができたと思ってる

あれでかなり自信もついた

その一週間後に50回転ズのツアーの横浜場所へのゲスト出演はこれ以上ないタイミングだった

もう50回転ズにだって負けてないはずだ!今のボヘミアンズは!って挑んだ舞台

見事に鼻っ柱へし折られた

俺なんか全然まだまだなんだってことがわかった

すごいぜ50回転ズ!

かっこいいぜ50回転ズ!

誇らしいぜ50回転ズ!

ずっとそのままでいてほしいぜー!


そんな感じかな


とりあえず50回転ズって検索して一番上にでたライブ映像でも貼っておくか



①ということは②もあるはずだということでついでにもう一つ


うーむ、みてみたけどかっこいいぜ

でも今の方がかっこいいな!

昨日の名古屋公演が今までで一番かっこよかった!

あとダニーさんにボヘミアンズのあとめっちゃやりやすいって言ってもらえたの嬉しかったなあ

役割果たせたってことだからね

来年も50回転ズと一緒にやる話いくつか進めてる

そのうちいくつが実るかはまだわからんが、必ず来年もガンガン50とはやることに決めたんだ

一番年の近いパイセンカッケーロックンロールバンドとなんてヤリまくらない手はないでしょ?

むしろここ2年くらいなんでやってなかったんだろってくらいだわ

でもそのおかげで感動感情倍増みたいなとこあるから必要な期間だったんだろうねきっと

やったぜ!


つーことで、あとは、なんだ?


うーん、横浜公演と名古屋公演の一日のおらいの動きを事細かに記述してもいいのだが、まあロックイズ連載の方もそろそろ書かねばならないので今日はダラダラはやめてほどほどにしておこうかな

でもセットリストくらいは載せておくか、ファンサービスで

横浜セトリ

1合う家
2椎名
3ボーイズ
4買い物
5特効薬
6スキーイン山形
7ロベ
8ダーティ
9ベビザツ
10スロスタ
11ギター
12ロックンロール

だっけ?
たしか本当はセットリストにソーハッピーも入ってたんだけどなんかやるの忘れた気がする
そもそも持ち時間50分だと勘違いしてて本当は40分でびっくりみたいな感じだったからやり忘れてちょうどよかった気もする
まあどっちにしても推したわけだけど
合う家始まりは一回やってみたかったからできてよかった
あとこの日のレア曲のコーナーは特効薬でした
セカンドシングル「恋の8000センチシングル」のカップリング曲
密かに人気ある曲とふんでいる
買い物も久しぶり
一時期はレギュラーナンバーだったのにね
レギュラー復帰させてー
だって買い物がレギュラー外れるとアルバム「バム」からのレギュラーナンバーがなくなってしまうからね
スパサンもいつの間にかやらなくなってるし
まずい!
バムがかわいそうだ!
ということで明日からジョニーフーをレギュラーにします
どうにかして


名古屋セトリ

1ロベ
2太陽ロ
3ボーイズ
4メイビーベイビー
5マリーナ
6スキーイン山形
7メイルビー
8アイライド
9ダーティ
10スロスタ
11君はギター
12ベイビーザッツ

横浜公演での50のかっこよさっぷりと50のファンの人を掴みきれなかったアンド時間勘違いとはいえどめっちゃ押したという反省を踏まえてガッツリ近年ボヘミアンズ鉄板パターンにモードチェンジ
後半なんかほぼこないだのツアーの後半部と一緒
つまり相当仕上がってるやつってこと
横浜では掴みきれなかった50ファンも名古屋じゃガッツリ掴めた感触があった
やった
レア曲コーナーは結成10周年記念メンバー一人一曲作詞作曲企画ミニアルバムファイブソウルロールイーピーから本間ドミノ作のメイビーベイビーベイビーとサードアルバムの二曲目のグッドメロディナンバー愛し野マリーナ
どっちもバッチリだった
この先もレギュラーにはならんだろうが思い出したようにやっていきたいと思う


とまで書いて、お腹がいっぱいになった

大盛りパスタ二杯は食いすぎだったか

しくったわ

苦しい

たまにやってしまうこういうこと

つーことでもうやめます


来週もライブあります
それの告知して終わります
なんかツアーの東京公演から一週間に一度ライブしてるらしいです
どうりで調子がいいわけだ
その一週間ごと定期ライブ最後のライブが12月一日の「下北沢にて」というサーキットイベントへの出演です
今年も呼んでもらえました
下北沢のどっかでやります
時間とか場所は各自で調べてください
今年は色々気になるバンドみてみようと思ってます
とても楽しみです

まあそんな感じ
パスタ食いすぎでもう書く元気がないからこの辺でおさらばするぜ

またすぐ書くからよとハンドルを左に
さようなら僕の友達よ
また逢う日まで
愛してマース!



昨日の名古屋のオープニングアクトのバンドの登場SEがこれだったからこれを最後に貼ろう
これ好きほんと

うどん食った

真夜中だけど仕方がない、なんせ今夜はスタジオ練習の日だったんだ、いつもの三倍は腹が減ってた

明後日の横浜でのライブの練習をしたんだ

今年の目標であるボヘミアンズ公式リリースナンバー全部公の場で一度はプレイするというあれは達成されそうにないが、それでもやりたいけどやれてないレアナンバーが多数なことは変わらないので、せめてやりたいと思ってるやつだけでもこの十一月でちょいちょいやっていきたいと思ってる

明後日の横浜でやる予定だった曲目の中にネイディーンというナンバーが入っていたんだが、残念ながら今日の練習の結果却下された

全員がほぼ忘れていたからだ

またいつの日か、ネイディーン、さらば

ちなみ明後日のライブは横浜FADってとこでだ

バンド史上二度目

2010年か、いや2011年のデビュー前に一度だけ出たことがある

ドルーグが一緒にいたということ以外何も覚えていない謎のイベントだった

マジでその時のボヘミアンズのお客は10人だった

数えたから覚えてる

ガチで10人きっかりだった

デビュー前とはいえど東京ではもう毎回そこそこのお客を集められるようになってきた頃だったから正直面食らったね

近いようで遠い街、YOKOHAMA!ってなった

もうヤケクソでフロア駆け回ってテーブルのったりてんやわんやしたようなおもひで

そんな時代もあったねと

明後日は50回転ズのツアーの横浜場所へのお呼ばれだから、そんなことには絶対ならないことでしょうがね

きっと沢山の50回転ズのファンのみなさんがあたたかい歓迎を僕らにしてくれるはずさ

無論ボヘミアンズのファンのみなさんもそこには沢山きてくれることだろう

楽しみだぜ

ツアーでやらなかった珍しい曲も2、3やるから楽しみにしておいてくれ

ちなみにこの50のツアーには名古屋場所も呼ばれているのでそこではまた違った珍しい曲を2、3披露するつもりだから楽しみにしておいてくれ

まあ、こないだの伝説のガタヤマライブを終えて一皮剥けているというかなんというか、とにかくかなり漲ってる状態に今ボヘミアンズはあるんで、安心して全力で楽しみにしていらっしゃってください

そんな感じ

えーと、ブログは伝説のガタヤマライブの次の日にちょろっと書いてー今日も出かける前にちょろっと書いた

それの続きを今から書くからー

まずそれを最初から読んでくれ

以下




どーも菊池たけおです

祝いのルービーかっくらってたらいい気持ちになってきたんでブログに手を染めます

今宵はあのガタヤマ公演の記述になるはずなんでほどほどにするつもりです

なるべく清楚な佇まいで挑もうと思います


十一月十日、新たな記念碑を刻んだね

なんせボヘミアンズ生誕の地山形県山形市でのファーストワンマンロックンロールショーだ

あのボヘミアンズが!ガタやまで!

これは個人的な見解に基づくのならば人類の歴史上ありえなかったことでありましてね

無事それが「成功」もとい「ぶっ飛び」もとい「かっ飛び」に終わったことに関してはまさに感無量でありまして、私めごときの語彙の幅、文章力なぞで中途半端に書き散らしてはあの日の輝きの記憶が汚れるだけ、とまあ、そんな所存でございます

ええ、当事者なのに、、当事者なのにも関わらず、

慎ましく、なるだけ慎ましく、あの夜の記に身を投じようと思います次第でごんすアルよ


さて、なにから話そう僕の好きなもの


なんせ今回ははしゃいでDVD収録だ!なぞとのたまった挙句「何台もの映像カメラ」をご用意いただいてしまった次第でありますて、きっと後々、あの場にいなかった方々はこう仰る方もいらっしゃいますことでしょうよ、「なんだ、ブログであんなに言ってたほど大したことねえじゃねえかよ」と

でもな、違うんだい、、あの地ガタヤマの、あのミュージック昭和での、あの日あの場所であのタイミングでの、あの集まった人々の前での、あの気温、あの臭い、あの思惑とあの角度、それらの一つ一つの混ざり具合で奇跡とも呼べる光景が我が眼前には広がっていたのだよ、、ベイベー、わかるかい?

きっと私の脳内で都合よく調合された幻だろうとも思う、それプラス時間とともにおきまりの妄想効果の末広がりなぞが加わって、、ええ、そうさ私はリアリスト、基本的には信じない!という立場なのだが、

でもあの時はたしかに信じていたんだ!

この身に感じる幸福と興奮、そしてあらゆる想像を超えたがごとき、ぼshえrtgbヴやしhcおbいhbfしうsjふぃうsjhbふぃうwjんふぃwjsc、を!

きっと映像をみてガッカリするんだろうな、あたいは

もっとすごかったはずなのになあ、、って

でももうわかってる

大人さもう

それが当たり前なんだってことくらい

そしてそれはあくまでも私個人へのガッカリであって、映像作品そのものやバンドやオーディエンスとのあの日へのガッカリではないんだってことくらいはね

わかってるのさ

つまり、この公演を収めたDVD商品が一体いつ完成していつ発売されるのか私は毛頭存じ上げませんが、まちげえなくナイスDVD映像商品になるであろう確信はございますよってこと

なんせここ一連のボヘミアンズファーストベストアルバム関連チームに制作を依頼しているんですからね

まずはベストアルバムからリードナンバーに選んだダーティーリバティーなんたらのミュージックビデオ!



そして先日めでたく公開となった、人気ミュージックレディオ番組「フェスティバルアウト」のクラウドファウンディング手法を用いたファン参加型の重要企画内で完成するにいたった「シーナイズはなんたら」のミュージックビデオ!


この二つのビデオを映像収録制作した男性チームに依頼したんですから絶対間違いありませんよ

もう完成前から確実視!

これは期待大、期待大ですヨォおおおお!!

まあまだできてねえもんですからこの辺にしておきますわ期待を煽るのは

完成品をみた瞬間から私、信じられないほどの文章量で煽りにかかるんでよろしく

それはもうちょっと先の話じゃがな


うーむ、このまま文をすすめるか、ただ寝るか、迷うのう


ガタヤマから帰ってくるのに思いのほか手こずってのう

普通に帰ったら五時間の道のりを結局六時間半かかったんじゃった

混んでてのう

実家でよく寝れない病が発病しているワシはほとんど寝ることに終始することに成功したわけじゃが、渋滞系の災難に幾度も見舞われた本間ドミ運転手と千葉オライリ運転手はまこと気の毒じゃったわい

そうそう、今回の山形公演日程はワシらの親分ピロウズのライブ日程と微妙にかぶってしまっていたがゆえにな、事務所所有のカーの使用に相当の制限がついていたためにワシらは基本東京ガタヤマ間の移動は独自カー移動じゃったんじゃ

おお、久しぶりのメンバーだけの移動じゃ!運転するぞぉぉぉ!大好きなロックミュージック爆音で流しながら!と2年前なら意気込んだはずじゃが、今はとんと、じゃわい

ワシも歳をとったもんじゃ

こういう時のドライバー筆頭はいうまでもなく本間ドミ運転手でな、んでこないだまではまだワシはセカンド運転手の座をキープオンしておったわけじゃが、近年千葉オライリ運転手の成長がめざましくな、ワシは徐々に文字通り窓際に追いやられているのじゃ

ピンボーカルはバンド内で一番疲労が伴うポジション、サードドライバーに格下げされたのはバンド内での役割がゆえ、実力順ではない、とは言えども、各自各々ドライブミュージック用のCDを挙って持ち寄っていたあの頃が懐かしいわい、とまあ、そんなセンチメンタルな気持ちもチラホラじゃ

つまるところがただの懐古じゃ懐古

でも運転手以外が用意するドライブミュージックなぞどんな名曲群だろうとただの騒音なんじゃ

つまりワシはワシが運転するためのミュージックの持参をしないようになったことに時の流れ的な寂しさを感じているというわけじゃな

もうすぐ寂しさすら感じなくなることじゃろうがな

今回の山形公演のみ会場BGMをセブンイレブンでわざわざCD−Rを買ってまでして作ったわけじゃが、間違いなく今回であれが最後じゃ

それに対する対価も達成感も何一つ感じなんでな

潮時じゃ

時代は変わる

それはワシが決めることなのじゃ

さてさて、すっかり爺さん言葉を駆使して本来のスタイルを見失ってきたところなんで、

寝ます

明日へ、いや、明後日へ?

しらねえけど

でもブログを書くまでがツアーだから、できれば明日には済ましてえな

わかりやすく思い出を綴るツールとなり得るのはやはりセットリストトークか

よし、そもそもここ一年ほどこの地元山形での初ワンマンライブに意識傾けてバンド活動を行ってきたんだおらいらは

そのセットリストに準じて語るのが男道だろう

明日か、明後日のおらいよ、一曲目はスザンナだぜ

あのロックンロール的にはもどかしいと思えるくらいに長いイントロをメンバーが奏でる中、そわそわしながら今か今かと待ち構える君を思い出しながら書きな

もう僕は眠い

寝ます



と書いて寝てから幾日かがすぎた

幾日っつっても三日かそこらなわけだが

じゃあ宣言通り当日のセットリストに準じて話すか

ある程度フォーマットに乗っ取って話すのは楽っちゃ楽だからな


一曲目!
おおスザンナ

ファーストベストアルバムと同じ曲でスタートしないなんて嘘つきだからやった

二曲目!
ザロベレッツ

ファーストベストアルバムの二曲目が二曲目で盛り上がった

三曲目!
ボーイズ

ファーストベストアルバムの三曲目が三曲目でいいなと思った

四曲目!
シーナイズあシーナ

こないだミュージックビデオが公開されたやつだ!ここで一気に盛り上がらない奴は許さない、という気概でやった

五曲目!
太陽ロールバンド

シーナからの太陽ロールバンドは歴史的にとてもお気に入りのつなぎパターンだったからベストツアーでもバッチリ決めれてよかった

今回はそういうお気に入りのつなぎトップ10をふんだんに盛り込んだセットリストだった

六曲目!
恋はスウィンギンインザレイン

ここで感動的にライブが終わったとしてもなんの違和感もなかったはずだ

そして軽いトークを挟みつつ

7曲目
私の家

ここからはベストアルバムに惜しくも入らなかった楽曲コーナーの始まりだ

今回のあれはベストアルバムでもあり再録アルバムでもあったので特に再録したいナンバーが山ほどあったわけだがその中でも筆頭がこれだった

何を血迷ったかファーストアルバムジャパ禁では下手くそな一発ドリ音源で収録されていることもあるし、何よりもライブで演奏するにつれてどんどん進化&加点&パワーアップされていったナンバーと自負しているから

でも他の強豪ナンバーとの競合に惜しくも負けてしまい再録できなかったからせめてライブDVDには必ず入るようにしようということで今回のセットリストでは完全レギュラーにした

ベストアルバム収録曲じゃないのに完全レギュラーを勝ち取った昔のナンバーはこの曲だけです

おめでとう!

はい

次!

8ガールオンアモーターサイクル

ここは差し替えだと他の地域ではピロウズのランナーズハイと似てる本間ドミノ作の私のラジオや軽快なビートがダンスしたくなる気がするこれまた本間ドミノ作のマイガールが演奏されたりしていた

でもガタヤマではこのガール女だった

今回は意図的に山形ボヘミアンズに由来するナンバーをチョイスしているからだ

せっかくの山形初ワンマンショーなんだからそういった理由づけをせんではいられんのが人情だろう

このガール女モタサイは多分初の平田山崎名義となる共作曲だったはずだ

ガタヤマ時代のとある日にビートりょうの部屋でモッズ的雑誌を読みながら寝転んでいたらビートりょうことヤマザキりょうが突然「昨日コステロみたいな曲を作った」といってギターをじゃんじゃかじゃんじゃかひきだしたので暇だからという理由でそれに合わせてテキトーに歌ってみたらできたという曰く付きの作品だ

歌詞はその時開いてた雑誌のページがマリアンヌフェイスフル主演のモッズムービー「ガールオンアモーターサイクル」を紹介するページだったからただそこに書いてあることを読んだだけという説もあるほどの鬼っぷりだ

ある意味詞と歌が同時だったというわけだ

ガタヤマ時代にライブ披露されたことはおそらく一度もない

多分理由は難しいからだったと思う

その後よりエルビスコステロ色を強めた改変を行いセカンドアルバム憧れられたいに無事収録された

逆輸入ともいうべき形で今回山形で披露できて感動的だ

そんな感じ

次!



ビートビートビート

ファーストアルバム収録の人気ナンバー

これは当時あんまし好きじゃなかったっていうかほぼ嫌いだったんだけど完成度の高い曲が他になかったから仕方なくファーストアルバムに収録したという理由もあって歌が滅茶苦茶やる気ないから今となっては普通に好きなのですげえベストアルバムに入れて録り直したかったのだけどこれだけじゃなくてファーストアルバムジャパ禁ははっきりいって出来に満足いってないから全部録り直したいので競争率が激しくて負けてダメだったから今回のDVDには是非収録したかったからやった

四年前に発売したファーストDVDにも収録されてるけどあの時はそういう気持ちでやってないから違う

あのファーストDVD初めての映像収録だったからキチンとやろうとしすぎててカタイんだたしか基本的に

もう恥ずかしいから見直したりしないからわかんないけど

前のDVDと曲被り多いからガタヤマセットリスト差し替えた方がいいんでないか、とビトウくんにちょろっと言われて数えてみたけど被りは27曲中のたったの8か9曲くらいだったから問題ないなと思った

つーかこれ被ってるっていう?

ローリングストーンズだったらもっと被ってるよね!問題なしなし!

ちなみ九曲目は他の地域だとチバオライリー作で当時アルバムのリードナンバーにもなったオアシスのフェイダウェイのパクリナンバーザカモンとかファーストシングルニューラブのカップリングになってしまったためにいい曲なのにいまいち表舞台に登場できないでいるザカーズ(シングルのカップリング曲にやたら隠れ名曲が多いというオアシスの真似がしたかったんだ)などをやったりもしていたな

次!

10曲目
憧れられたい

憧れられたいから山形から出ていったのさ僕らは

東京の方がわかってくれる人が多いと思ってね

単純に山形人少ないからな

ヒップホップは地元をレペゼンするがロックンロールは地元をよく捨てるんだ

かつて山形でワンマンライブをやる時は山形県民会館を埋めれるようになってからと嘯いていたが、正確にいうとあれは嘘だ

到底守れそうにない約束をしてごまかしていただけだ

山形に戻る気なんかさらさらなかったから単純にやりたくなかっただけだ

そして時はたち、おらいらもちょいとオヤジ要素も混じり始めた、そしてそんな故郷への逆執着もだいぶ薄れた、いつの間にか山形県民会館もやまぎんホールとかいう名に代わり、なんとなんともうすぐなくなってしまうらしい、駅裏に代わりのでっかいの立てる計画が進行中だとかないだとか

じゃあちょうどいいからあの約束は破棄だ破棄!とまあ、そんな感じでついにベストアルバム発売のタイミングでやったのが今回のあれでござんした

一年前にそれを決めてからここ一年間のライブは全て地元山形での初ワンマンを片隅に思い描きながらやってたぜ個人的に密かに

なんやかんや地元はでけえ

鍛え上げてきたんだぜ精神速度

おかげさんで普通にできたぜ

ボヘミアンズでしかない、山形だろうがどこだろうが変わらない、そんなライブができたことにまずは安堵&安堵

だから、ケッコー元気出しちまったなあ、、

あれがDVDで発売されるなんてなんか恥ずかしいなあ、、

一回だけみよう

一回だけは

アーメン

ほいでこの十曲目の憧れられたいもありそうでそんなにないという噂の正真正銘の平田山崎作ナンバーだ

ちなみ他のそうじゃないナンバーまで表記が作詞作曲平田山崎ってなってるのはただの遊びです

ジャガーリチャーズみたいなののただの真似、いわゆるロックンロールごっこでしかない

でもそれが全てな時もある

ここ最近飽きてやめて別々表記にしてたけどやっぱ楽しむためにはああいう些細な遊びが案外重要だったんだなってなったからこれからはしばらくまた飽きるまで全曲平田山崎表記続けるみたいな感じになったとかなってないとか

今回の未来永劫山形限定シングルのスキーイン山形の作詞作曲名義がそうなってたからそうなんでないのかしらと

あれ作詞作曲ビートりょうだけどね本当は

んで他の地域では10曲目は六枚目のアルバムブラザーゆーなんたらに収録のこれまたあきらかにオアシスを意識したであろう壮大なロックバラードひとりぼっちのあいさつやセカンドシングルにして初の8センチ仕様の残念ながら一ミリもオアシスを意識してないどころかなんとかのベイシティローラーズを意識するという飛躍の発想に至った謎のメロディアスディスコ系ビートナンバー恋の8センチシングルなどをやったりしている時もあったね

次!

11曲目
明るい村

ここでついにファーストベストアルバムからの人気曲が投下されてあたりは一面楽しみの海に!


ここでメンバー紹介兼全員一人一人単独MCタイムというボヘミアンズとしては相当珍しいことをやったね

たしか前回のファーストDVDの際もやったはずだからセカンドDVDとなる今回もまた久しぶりにやってみようということになったんだった

まあ、あれが結果よかったのか悪かったのか最後まで判断付きかねたが、少なくとも千葉オライリー様、きゃー!とか星川ドントレットミーダウン、きゅん!とか本間ドミノ氏、ムフ!とかみたいな私の個人的見解目線からすると関係ないとしか言いようがない感情を強くお持ちの方々からしたらそこそこは実り多い時間だったんではないでしょうかね、しらんけど

まあ私なんだかんだでエンターテインメント第一主義者ですから、なんにせよオールケーですよオールケー

楽しけりゃいいんだ、結局は

楽しくなかったらクソの価値もねえ

ほいで


12曲目
ブラザー

ふっふっふ、そしてこっからはちょっぴりおセンチ空間なんだ

このナンバーは都会の大人の波に揉まれすっかり嫌になってしまった男が青春時代を懐かしむことしかできないでいるギリギリの位置の歌だ

ビートりょう作詞作曲

最初の頃のサビの歌詞なんて「消えてくれよ今すぐに」とか言ってもっと攻撃的な感じだったもんな

きっと色々だったのだ

歌詞に出てくる青春通りってのはかつてビートりょうが住んでいた場所の近くの通りの名前

青春通りという名のわりには特にはなんもない

あのカラオケ屋まだあるかな

あそこで本間ドミノは酒を飲みすぎてわけのわからない言動を延々繰り返したあげく最終的に寝ゲロして大変だったという思い出だけが青春通りには強くある

あの醜態を晒して以来本間ドミノは過剰なまでに酒をほどほどに飲むようになった、気がする

青春通りでの思い出はわずかそれくらい

あとはビートりょうの家があった場所ってくらいの認識

正確にはビートりょうと当時のドラマーチャンユーが共同生活していた家だったんだけど、まあどっちでもいいか

そのチャンユーはもちろんこの日は駆けつけてくれたぜ東京から有給とって、使命感に燃えて、バッチリ最初から最後までみていってくれたのさ!

でも次の日だかにアイドルのエビ中のコンサートだかを広島だかに見に行かなきゃいけない、とかなんとか言って打ち上げもそこそこに夜行バスに乗って帰っていったがね

元気そうでなによりさ

ちなみ他の地域では12曲目は去年出た八枚目のニューアルバムデリシャスからのナイスメロディ楽曲ポーラとデリシャスレーベル移籍第一弾アルバムバムの記念すべき一曲目となったニュービューなどをやったりしていたな


んで13曲目
THEバイク

これまたビートりょうが作詞作曲した青春のガタヤマ学生時代にゆかりのある歌詞を持つナンバーだ

「青と緑の真ん中に向かって走る夏のバイク」って歌詞はガタヤマのロードの情景をさす、と思われている節があるけど、正確に言えば「西蔵王公園に向かう山道の情景」だろうね

本人からの言質はとってないけど普通にピンポイントでそうだと思うよ

その道バイクで走ってみればあの歌詞の意味がわかるはずだよ

青春通り登って突き当たりを右に進むと登れる道のはずだたしか

でも車とかバイクとかじゃないとどうやって登るのかしらん

歩きは確実に無理だからやめた方がいい

で、西蔵王公園ってのはほんといいとこでさ

たまにビデオカメラ持ってったりもしていたなと懐かしみ

なんか逆再生で撮るとカタカタ具合がチャップリンの頃みたいな動きになって面白いみたいな感じでとったやつだけやたら覚えてる

それに僕はアスレチックとかが大好きだしね

いつかまた行きたいぜちょうど15年ぶりになった頃にでも

夜いくと山形の街が一望できて綺麗!みたいなスポットもあったはずだな

でもカーセックスをしているアベックが沢山いるから照らしてしまわないように気をつけた方がいいね

一回僕はうっかりカーのライトをつけてしまって全裸でファックしてる男女をバッチリ照らしてしまったことがあるんだ、あの時は本当に気の毒なことをしたと思ってるよ

で、13曲目は他どころでは悲しみのグロリアやグッドバイといったかなりレアなメロウナンバーを披露したりしていたね


14曲目!
ざレンズ

これも当然の事ながらガタヤマナンバーだね

出会ったばかりの頃にビートりょうが「昨日曲を作ったから聞いてくれ」とやたら聞かせてくる時代があってその第四弾だったね

第一弾が「チャックベリーはアメリカ人」で第二弾が未発表曲の「危険だ!」で第三弾が「もしも」で第四弾がこれだった

今回のは随分いい感じのメロディーだな、、って思ったのを覚えてるね

でも今でいうとこのサビだけだったなあの時あったのは

そのあと完成されてガタヤマ末期のdemoCDに収録されていたはず

で、なぜかサードアルバムディスイズポップに収録される際にはやたらストーンローゼズを意識したサウンドに改変されており挙げ句の果てにはアイアムざれざれクションのパロディーと称してエンディング部分にやたら長いジャムセッション的なものまで付け加えらるという悪ふざけまで行われ、それにのせて僕がラップまがいのことまで行なっている、というカオス作として世に送り出されたはずだ

だからこれも結構今回のベストで再録して短い本来のバージョンをきちんと録音したいという意思はあったのだが残念ながら競争に負けてしまったので今回のDVDには意地でも収録することにして山形で演奏披露した、という流れでした

ツアー他の地域ではこの枠は悩める2013年青年の心情が歌われているはずのビートりょう作詞作曲のピクチャーオブピートや近年ビートりょう作詞作曲最高傑作の呼び声名高いポーラと双璧を成すグッドフィーリング壮大ナンバーロミオなんかが披露されたりしていたね

んで

15曲目
じオールウェイズ

ここはベスト盤収録曲の固定枠だね

センチメンタルタイムのオオトリ

何回やっても極まるねこの曲は

が、ゆえにそのノリのわりにはあんまし披露されることがないんだけど別に気に入ってないからではありません


そしてこっからがお待ちかねのロックンロールの時間だー!

ということで

16曲目
メイルビーおんあなんとか

もうロックンロールの時間をはじめるためのこれ以上のスターティングナンバーをボヘミアンズは有していない

こういうのばっかやりたいお兄さんはここだけの話

17曲目
アイライドなんたら

からのこれ

もう定番、というか、二つで一つくらいの完璧な仕上がりっぷり

一気にあがる、ここ二曲のつなぎで一気にあがる

極まる

あとはもうやるだけ

ここの二つ並べるのもうここ一年やりまくってきたから自重しようかななんて話もないこともないけど代わりが現れるまではここぞって時にはやるかもしんまい


18曲目
ダーティーなんたら

もうここまできたらもう安心

ばかよ私

19曲目
スロースターター

火がつくのが、始まるのが遅い!それがボヘミアンズのやり方!19曲目でようやくフィーバー!パッパラパー!

20曲目
君はギター

パッパラパー!

スロースターターと君はギターは去年でたオリジナルアルバムデリシャス収録曲の中で最も気に入ってる二曲

ベストツアーだからっつって過去曲ばっかやってたらださいじゃん

最も新しいやつから重要な終盤の出番任すのはロックバンドとしての現在進行形の姿を示すために必要だった、というか、普通にこうなった

普通に選んだらこの位置にこの二つがきた

スロスタからの君はギターの流れは今年初めのアルバムツアーで発見されたいわば必勝法

シーナ太陽ロール、メイルビーアイライド、みたいな感じでしばらくまたかよってくらいにこのつなぎやっていこうと思ってます

飽きるまで


そして

21曲目!

ボヘミアンボーイ!

22曲目!

トータルラブ!


感動



本編終了

そんな感じ

なんだかこれはまだ完成されてもいないDVD作品の宣伝みたいになっているな

しらんしらん

だってまだできてないもの

宣伝もクソもない

純粋なおもひで記述さ


そしてアンコール!


一曲目
ロックンロールショー!

この曲は何人が知っているのだろうか今現在では

アップルミュージックとかじゃ聴けねえからな

何故ならばサードアルバムディスイズポップのシークレットトラックだからだ

レンズの後にひっついてたんだけどこの前聞いたらそこは普通にカットされてた

つまりCD限定ナンバー!

元々はガタヤマボヘミアンズのスターティングナンバーとしてよくやってたんだ

ガタヤマボヘミアンズのdemoアルバムの一曲目でもあった

もしかしたらだけど多分これ平田ぱんだが初めて作ったボヘミアンズナンバーかもしんまい

いや、マジでそうかもしんまい

ロックンロールバンドなのにスリーコードの全く素晴らしくないクソみたいなナンバーがボヘミアンズには足りなすぎる!っつってかどうかはしらんけど普通に2秒で作ったよ当時普通にたしか

またこのナンバーで山形のステージをスタートする日が来るなんてな

なんてカンドー的なんだ!

つーことでもう二度とこの曲やる日は来ないと思います

ただカンドーしたかっただけなので


2曲目!
ハイパーデストロイなんたら

これは多分ロックンロールショーの次に二十歳の時分の私が作ったクソナンバー第二弾ですな

いわゆるスリーコードシリーズですな

この他に覚えてるだけでもエブリバディ低空ミサイルやトリビュートザラブズキンキーなどなどといったスリーコードクソナンバーを量産してはバンドメンバーのみんなさんに演奏してもらっていたおもひでが私にはあります

あれ今こそもう一回やってみたくなってきましたな

リリースがどうだとかマネーがどうだとか関係なくさ

せっかくロックンロールバンドの一員なのにクソみたいな曲作ってみんなに演奏してもらわないなんてすげえ損してる気がしてきたわ今

今度気が向いたらやろ


三曲目
もしも

これは先ほども申した通りガタヤマボヘミアンズナンバー

このナンバーを作った時やはりビートりょうがドクターフィールグッドにハマりまくっていたことを覚えています

そこにビートルズやプリティウーマンが混ぜ合わさり唯一無二の空間マジック絵巻ですな

イフもしもだと昔の映画のタイトル

もしもイフだとボヘミアンズ

オーライ?

4曲目
チャックベリーはアメリカ人

ボヘミアンズ、より古い曲

ビートりょうが初めて平田ぱんだにきかせてきた曲

当時はふーんってしか思わなかったけど

これだけ時が経つと思い入れの量が人生レベルでして

特別な時間が流れたね

覚えてないけどきっとそうさ


5曲目
ロックンロール

ドッカーン!!!!!!!





計27のロングハッピー絵巻

このあと料金外のダブルアンコールと称してカバー曲などをおよそ7曲だかやったがそれはショーの一部ではないので割愛

とにかく長かったけどあっという間だったな 

「まだこっからなのに!まだまだやれるぜベイベー」ってあんなに思ったってことはおらいらはまだまだこれからってことなのかな、と好意的かつ都合よく感情を受け止めることにした

そうさ、ここ一年想い寄せまくった初のガタヤマワンマン公演すらも降って湧いたような夢の一つですよ

初めからみてた夢じゃねえ

ミュージック昭和セッションでワンマンライブする日が来るなんてほんの一年前まで思いもしなかったぜ

10年前じゃもっとだ

まだ日本武道館の方が思い描けるくらいのレベルさ

まさかショーワでワンマンライブをすることになるとはね

それもソールドアウト公演だ

なんてこったいだ

わからんもんだぜ、、

でもぶっちゃけショーワって絶対もっと人入れるよね?

これ去年と今年の夏にピロウズとツーマンと今回のワンマンで計三回のソールドアウト公演のショーワの景色をみて思ったことだし、

ピロウズさわおさんも普通に感想として言ってたことではあるんだけど、

でもさわおさん曰く、つまるところが、ガタヤマ、もとい、ここショーワは、キチンと消防法を守る真面目なハコってことだ!誇りに思えよ!なーっはっはっはっはっはっは!ということだった

うむ、ならば問題なし

ソールドアウト公演はソールドアウト公演だ!

こうやってこれからもショーワ、のみならず、ガタヤマ自体にロックンロールを誘致するような立ち位置になりたい

ここまできたら、それも悪くないな

ボヘミアンズが有名になればなるほどガタヤマに有名ロックバンドが連れられて、やってくるんだ

それいいじゃない

知らない

眠いくなってきたんで

寝ます

唐突に

さっきからクソネムだったんです実は

さようなら僕の友達よ

明後日ってか日付的には明日のライブ、楽しみにしてます

あなたもそうだと嬉しいです

ラララ

また逢う日まで

愛してマース











↑このページのトップへ