Guten Tag!
日本語では「こんにちは」にあたります。




今日はドイツに良くある公園?施設?を紹介したいと思います。
fO3wW5Ubk4.JPG
どうでしょう?
タイトル通り「サッカー版⚔️コロシアム」じゃないですか?💪



ドイツにはこのような公園が至る所にあります。そして至る所で少年・青年たちが対人(試合)をしています。(たまにええ歳したおっさんもプレーしています。)



対人と言えば…日本人は僕が見てきた限りでは強くないと感じます。(強くて突破力がある選手は中田英寿さんぐらいでしょうか…個人的な見解ですのですいません。)

しかしドイツでは「1対1に絶対負けてはいけない」という風習があり、例えば試合で1対1に簡単に負けたりすると即交代させられるほどです。(※言い過ぎではなく本当のことです。)
それゆえドイツでは「1対1の強さ=サッカー選手としての評価」に大きく繋がります。



よくブラジルやアルゼンチンをはじめとする南米やアフリカの国々では「ストリートサッカー」がルーツだと言われています。ドイツでは少年世代からクラブとしてのサッカー環境がきちんと整備されているのでストリートサッカーで成り上がっていく人間はほぼいないと思いますが、写真のような「公園出身」の選手は多くいます🤔



一方近年の日本では残念なことに公園自体が少なくなっています…。ストリートサッカーができるようなストリートも日本には数多くありません。そしてその少なくなっている公園を使おうにも理解のない大人が「公園でサッカーとか野球すんな!」と何かあれば制限してきます。僕も小さい頃は公園でサッカーをしてよく怒られましたし、いつの間にか公園の看板には「サッカーや野球などの危険なスポーツ禁止」と書かれていました…。



僕はこのような「バカな大人による制限」が「子どもの自由な発想や遊び場を奪っている」と思っています。もちろん本当にサッカーや野球の様なスポーツができない規模の施設もあります。



ただ僕は子どもから自由な発想を奪うことは絶対にしてはいけない!と思います。これはサッカーだけに言えることではありません全てのことにおいてです。



…はい、感情が高ぶり話しはかなり脱線してますが…😅
とにかくタイトル通りこのような施設が日本にもあればいいなと思っています。



日本のサッカーは縦へのスピードと対人プレーが欠けるから見てて面白くないですし、世界一を目指すならまず目の前に相手に負けてはいけません。



ドイツの子どもたちが楽しそうに1対1をしてるのを見てて、ふと思いました。



それでは次回もよろしくお願いします👋tschüss!=バイバーイ