tori_000.jpg
毎年琵琶湖で開催される「鳥人間コンテスト」に二人乗り人力飛行機で挑戦する人力飛行サークル"Team Birdman Trial"をモデルに描いた、作家・中村航の人気小説「トリガール!」が映画化。青春映画のミューズとなりつつある土屋太鳳がコミカルな芝居に体当たりで挑んだ青春エンターテイメントがついに9月1日(金)公開される。

今回は、土屋太鳳演じる主人公・鳥山ゆきなとコンビを組むことになった、厳つい外見とは裏腹に極端にプレッシャーに弱いというギャップあるキャラクター・坂場大志を演じた間宮祥太朗をピックアップ。振り幅のある演技力で数々の映画やドラマに出演する今大注目の彼の素顔に迫ります。

c193ea7c9f44f0a6a8a3750c543bdef5-600x400.jpg
流されて流されて、なんとなく生きてきた鳥山ゆきな。一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、一目惚れした高橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し文句で誘われるまま、フラフラとサークルに入部。そのサークルこそ、毎年、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル〈TBT〉だった!憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずが...ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最高の夏が始まる――!

■出演が決まった心境は?

間宮祥太朗(以下、間宮):話を頂いてから、原作を読んだのですが中学生の時に読んでいた小説『バッテリー』のような熱くて汗っぽいけど、清涼感のあるみずみずしさを感じました。ラブコメであり、スポ根でもあるストーリーは、男女ともに楽しめると思います。活字で読むと自分の世界観で想像しながら感じ取るじゃないですか。それを劇場のスクリーンで観た時に、肌で感じる臨場感のある映画にしたいと思い、意識して臨みました。

記者:演じるにあたって意識したことは?

間宮:僕はあまり、プランを立てるタイプではなくて、今回に関しては一つもないくらいでした。監督と『どんな感じにする?』から始まり、『じゃあそれでやってみて』『ええやん、それやろや』という監督とのやりとりで微調整していく。例えば、太鳳に対してアクションをする時も、監督と相談をして"どんな反応するかな"とイタズラ心を持ちながら芝居にもっていくような感覚でした。

tori_001.jpg
記者:土屋さんとの共演はいかがでしたか?

間宮:太鳳はすごく真面目でしっかりした子なので、コンビを組む関係上、気を遣ってほしくないと思い、祥太朗って呼んでと話しました。でも最初はやっぱり、ぎこちない"祥太朗"でしたね。(笑)最終的にはとても良い関係性がつくれてよかったです。でもこの事が色々な所で、「呼び捨て!?」とざわつくとは思っていなかったです。(笑)僕は、広瀬すずのこともすずって呼んでいるし、呼び捨てに対して気にしていないのですが、太鳳が年上の男の人のことを呼び捨てで呼んでいるというのが、世間では衝撃的だったのかなと思いました。

■"狂犬"と呼ばれる坂場を演じてみていかがでしたか?

間宮:アドリブがとても多かったです。その時その時で、口から出てくる言葉を発することは珍しく、ここまでアドリブで演じたのは初めてだと思います。太鳳も僕のアドリブに返してきてくれたので、ライブ感の強い芝居になったと思います。

記者:坂場と似ているところは?

間宮:今まで演じた役のイメージで、無口な印象を持たれていることが多いのですが、僕自身の性格は明るい方だと思いますし、声が大きいことは坂場と似ています。でも、僕は坂場のようにプレッシャーに弱いタイプではなく、普段からあまりプレッシャーを感じることはないです。すごいことを求められていると思えば、プレッシャーも感じるのでしょうけど、全力でやれば出来ると思うし、すごいことは求められていないと思うので。もちろん、プレッシャーとは違うところで、ここは気合いを入れなきゃという緊張はあります。

tori0003.jpg
記者:大変だったシーンはありますか?

間宮:太鳳とのコックピットの中での撮影は、空調も効かないサウナ状態の中、早朝から夜までずっと機体の中で叫んで漕いで貧血気味になり、僕も太鳳もヘトヘトでした。最後は気力で芝居をしているところもあったり、全てが勢い任せというか、全くもって繊細な芝居をしていないんです。台詞も、ちゃんと届けるのではなく、投げてる感じなんで、いい意味で斬新なやり取りだなと思いました。観た人によって受け取ることは違うだろうし、僕はそんな部分が気に入っています。体を動かしていると、身体のテンポと台詞のテンポがズレないので、何も考えずに全速力で声を出し切れました。あとやっぱり、狭い機内でどうしても何回もテイクを繰り返せなかったので、緊張感のあるライブ感も見応えがあると思います。

1961e8b21a6c089f9e9f33d1202041c4-600x392.jpg
記者:土屋さんとのダンスシーンはどうでしたか?

間宮:台本を読んで、ダンスのシーンがあると知った時、最悪だなと思いました。(笑)ダンスが得意な太鳳に教えてもらったりもしていました。振りは割りと早く入るのですが、身体がどうしてもダンスの動きにならなくて。(笑)ダンスの先生に何回も事務所や現場へも来てもらって、ずっと練習をしていたのですが、『どうしてもぎこちなく感じてしまうのは、私もなんでか…』と先生に言われてしまい…。僕も、振りは合っているから、後は何を直したらいいのかが分からなくて困りました。多分、身体がダンスに向いていないんです。バンドをやっていたので音感と運動神経ともに自信はあるんですけど、身体が硬いことが原因なんですかね。

記者:最後にはバッチリとダンスを決めましたね!

間宮:後はもう、顔の迫力とテンションで乗り切れって監督から言われて全力で踊りました。テンションで誤魔化せば、細かいところはどうにかなるかなっていう。(笑)やりきったというより、やっと終わってくれたなという感覚だったかもしれないです。

tr_gw_400.jpg
■共演者は同世代!撮影現場でのエピソードは?

間宮:撮影が滋賀だったので、たまたま撮影が休みの日に、僕と真宙と太鳳と太鳳のマネージャーで、テーマパークへ行きました。僕と真宙は、パレードに入っていけるタイプではなかったのですが、太鳳が……

▶気になる続きはこちらから♪

『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数