suzuki_01.jpg
現在大ヒット上映中の映画『東京喰種 トーキョーグール』。世界累計3000万冊の発行部数を誇る超人気コミックが、アニメ、舞台、ゲーム化を経て、待望の実写映画化となった。

本作で主人公のカネキを体現するのはファンのみならず、原作者も熱望した窪田正孝。脇を固めるのは、個々でも存在感抜群の清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らという面々が集結し、他では観ることの出来ないような豪華俳優陣が勢ぞろいしているとこでも話題となっている。

今回は本作の中で、喰種と対峙する存在のCCG(喰種対策局)に所属する喰種捜査官・亜門鋼太朗を演じた鈴木伸之さんにインタビュー!
今年大注目の俳優として名前も上がる鈴木さん、俳優として吸収もでき新たな一面を引き出したであろう本作への思いとは。

1.jpg
舞台は、人の姿をしながら、人を喰らう、怪人“喰種(グール)”が潜む東京ーー。
その脅威に人々は恐れを感じていた。
読書好きの平凡な大学生・カネキ(窪田正孝)は、通い詰める喫茶店「あんていく」で、自分と同じ作家の本を愛読する女性・リゼ(蒼井優)と出会い、想いを寄せる。自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。
人の命を奪い、喰い生き永らえる “喰種”の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界の姿を模索する青年の未来は―!?

■役が決まった時はどんな心境でしたか?
鈴木伸之(以下・鈴木):多くの人を惹きつける漫画ですし、作品の世界観の大きさに驚きました。登場人物はカネキも好きですが、個人的には亜門がすごく好きです。真っ直ぐでピュアな男だけどいろんな挫折を経験しながら成長します。“果たしてどっちが正義なんだろう”と原作同様深く考えましたが、亜門を演じることができて本当に光栄です。

記者:映像への心配はありましたか?

鈴木:喰種特有の捕食器官・赫子(かぐね)が、どう動いてどんな音がするんだろう。といろんなことを考えました。でも出来上がった映像を観たら、赫子ってこう動くのか!と撮影現場では想像できないほど鮮やかで迫力もあって、クオリティの高さに驚きっぱなしでした!

6b2weZjzA0.jpg
■亜門を演じるにあたって鍛えましたか?
鈴木:原作の亜門は腹筋がありえないほどバキバキに割れているんです!

一同:笑!

鈴木:さすがに原作通りには無理でしたけど(笑)、背丈とかは似ていたので出来るだけ近づけるように努力しました。今までもアクション作品に出演しましたが、今回のアクション練習が正直一番きつかったです。真夏に週3~4回くらい走り込んで、マット運動や棒術の練習もしてヘトヘトでした。

記者:撮影中のアクションシーンも大変だったのでは?

鈴木:高所恐怖症なんですけど、30メートルくらい飛ばされるシーンがあって、ワイヤーで吊られて一番高いところで2秒間くらいふっと止まる瞬間がものすごく長く感じました。2分くらい…(笑)。それが怖かったです。

記者:亜門の武器である“クインケ”は重くなかったですか?

鈴木:最初は木の棒に発泡スチロールで作っていたのですが、僕の力が強くて3回くらい壊れてしまって、途中木から鉄に変わりました。なのですごく重くて使いこなすのが大変でした。

記者:精神的な部分ではどういう風に役を理解しましたか?

鈴木:亜門自身が複雑な環境で育ってきたので、たくさんの感情を持って大人になった青年です。CCG(喰種対策局)に入ってからも葛藤があったり、すごく人間味があって成長がわかる役柄、大事なキャラクターのひとりだと感じました。なので今回の作品はとにかく自分の思ったことなどを整理しながら、集中して取り組んでいかないといけないと気合を入れました。

suzuki_04.jpg
■窪田さんとの共演はいかがでしたか?
鈴木:ご一緒するのは2回目でしたが、年の近い俳優さんの中でも特に役者としても尊敬していますし、人として好きなんです!なのでまた一緒の作品に参加出来て、すごく嬉しかったです。

記者:魅力的な方ですね!

鈴木:雰囲気を作るのが本当に上手で、現場ではスッと自然にカネキになっているんです。窪田さんの世界観が現場を丸ごと「東京喰種 トーキョーグール」の雰囲気にしてしまうのでそのオーラにたくさん救っていただきました。この作品にかけている熱意に感動し、僕の身もより引き締まりました。

■大泉洋さんはどんな方ですか?
鈴木:大泉さんは話せば面白いし、俳優さんとしても完璧ですし、なんなんだろうこの人って(笑)。ずるいですよね!今回は、1番一緒にいる時間が長かったので公私ともに信頼を置ける上司でした。現場の空き時間はとにかく娘さんのお話しを嬉しそうに話されていて、そこから真戸さんになる切り替えがすごいです(笑)。
一同:笑!

記者:大泉さんの娘さんトーク、和やかですね。

鈴木:その話になると、疲れも吹っ飛ぶように話されるので、本当に微笑ましかったです。でも真戸さんへの切り替えは完璧なので、天才なんだと思いました。キャラクターの特徴を捉えるのが本当に上手で、テクニックを持ち合わせています。撮影中は感情を表現する目の動きなど、たくさんアドバイスをいただきました。

22.jpg
■鈴木さんにとってグールはどんな存在ですか?
鈴木:ただただ怖いです(笑)。自分が食べられそうになったら兄を差し出しだします。
一同:笑!

記者:グールになってしまって、人間の食べ物が食べれなくなるのは嫌ですよね…。

鈴木:そうですね、グールはコーヒーしか飲めないですが、僕はコーヒーじゃなくて……

▶気になる続きはこちらから♪

『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数