t011.jpg
5月17日(水)、映画『帝一の國』の応援上映&大ヒット御礼舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。

4月29日(土)に公開された本作は、本日時点で観客動員数100万人を突破。大ヒットスタートを切り、今回の応援上映&大ヒット舞台挨拶が急遽決定。イベントには、主人公・赤場帝一役を演じた菅田将暉をはじめ、帝一のライバルで超個性的な生徒の面々を演じた野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳ら5名が登壇した。

発声・拍手・サイリウム・合唱・コスプレなどが可能で自由に帝一メンバーを応援でき、上映後に行われた大ヒット御礼舞台挨拶では応援上演の様子について、竹内と志尊は『僕達も撮影直前まで練習して苦戦をした校歌を歌ってくれている人がいて嬉しかった。』と答えた。一方で、間宮は「人によっては楽しみ方がつかめてない人もいた(笑)」と発言。菅田が『今日初めてみた人?』と会場に声を掛けると、半数ほどの手が上がり、なるほどという答えに。野村は『初めて見に来て入った映画館がこんなになっていたらキレるで!サイリウム捨てろ!映画見にくい!ってなる」と笑いを誘った。 昨日も新宿で行われた応援上映にお忍びで行ったという菅田は、『人生で初めて自分が出演している映画を見た。今まで見る勇気がなくて見れなかったけど、初めてが歓声が届く応援上映でよかった。楽しかったです!』と、笑顔を見せた。

観客動員数が100万人を突破したことに菅田は「やったぜ!」と声を弾ませ、"現金"な関西コンビの野村と『ひとり1800円だとして…』と計算が始まると、すかさず『やめろ!』と間宮が止めに入る息の合った掛け合いを見せた。

t012.jpg
千葉雄大、R指定の真相…?

“帝一メンバー”では普段どのようなことを話していたかとの司会者の質問に、『ここでは話せないことばかり!』と野村。菅田は『音楽を書けたり、涼真が歌ってたり、くだらない内容が多くて覚えてない。』と話し、仲の良さに会場が温かく包まれた。先日放送された『帝一の國』の特番について、菅田の自宅で見たと間宮。『番組の千葉くん楽しそうだった!』との話になり、『今日はじじいがいないんです』と間宮が残念そうに言うと、『彼は作品が終わったら他人ですから、番宣とかしない俳優なので」と茶目っ気に答えた野村。間宮は『アンダー25とか言われたんじゃない?』と年齢のR指定に引っかかったと会場の笑いを誘った。

久しぶりの“帝一メンバー”の集合に志尊は、『今日久しぶりに会って、間宮くんがずっと僕のおしりから手を離さない。』と衝撃の暴露。しかしメンバーから『でも、嫌いじゃないでしょ?』とつっこまれると『別に嫌じゃない』と笑顔で回答。また、控え室では机の上にサイリウムが20個位ほど並べられたといい気づいたらすべて野村が『気持ちええよな』と折っていたといたずらを暴露された。

野村周平『コメントを控えさせて頂きます』…?

「もし自分がお客さんとして応援上映に参加したら?」というテーマでは、5人はサイリウムを出すように促され、それぞれ服の中に隠し持っていたサイリウムを取り出す。しかし、野村は自身のシャツをめくってそわそわ。菅田の『どこから出すの?』とつっこみに、2本のサイリウムを手に『3本目のサイリウムが…』と発言。会場は黄色い歓声と悲鳴に包まれた。

竹内は、『帝一がピアノを弾くところで、音楽に合わせて踊りたい!』と実際に竹内流のダンスを踊り始め、会場から「可愛い」との黄色い歓声が鳴り止まない事態に。一方の菅田は………

 …気になる続きはこちらから♪
 
『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数