月別アーカイブ / 2016年12月

ha9999.jpg
6人の女性が、直線距離だと近いのに電車だと遠回りになる環状八号線沿いの街・荻窪、八幡山、千歳船橋、二子玉川、上野毛、田園調布に住み、日々の生活やこれから先の人生について悩みながらも前を向いて生きていこうともがく姿をリアルに繊細に描くドラマ『感情8号線』が2017年1月15日(日)より全6話で放送される。


今回は、第6話の主人公である生まれも育ちも田園調布のお嬢様・麻夕を演じた堀田茜に直撃!


■麻夕を演じてみていかがでしたか?
堀田(以下・H):これまでにも連続ドラマへの出演経験はありましたが、メインの役柄は今回が初めてでした。繊細で複雑な感情を表すシーンが多くて戸惑いましたが、監督からたくさんのアドバイスをもらい、自分にとって初めてやりきったという達成感を感じました。麻夕は、なかなか好きという気持ちを表に出せない女の子で、そんな彼女が一目惚れした劇団員の男の子に想いを伝えるシーンには、麻夕の想いと自身の達成感が重なりました。

記者:堀田さん自身は一目惚れはするタイプですか?
H:一目惚れ...あるかもしれないですね!(笑)

■主人公と共感した部分はありますか?
H:私も、自分の感情をあまり表に出せなくて感情を人に伝えることが苦手な部分があるので、繊細な麻夕の気持ちをすぐに共感できました。また、麻夕は女子大育ちで、私自身も幼稚園から高校生まで一貫の学校に通っていたり、『CanCam』の編集部も女性ばかりで、ずっと女社会の中で生きてきました。高校までほとんど男性と話したことがなかったので、男の人に免疫のない麻夕のドギマギする感情は分かる気がしましたし、演じるにあたって、女子校の出身でよかったと思えました。(笑)

dorama8.jpg
■劇中では歌を披露されたようですがいかがでしたか?
H:今回は小沢健二さんの「ぼくらが旅に出る理由」をドラマの劇中とエンディングで歌わせて頂きました。以前、バラエティー番組に出演した際に、音痴を発覚されたようになってしまって、あれからずっと歌が下手と言われてしまっていたんです。今まで下手と思って過ごしてこなかったので自分自身驚きました。なので自分がちゃんと歌っているものが世にでると思ったらすごい「どうしよう」と思って、家でも曲を何度も聞いて歌ってみたりとたくさん練習しました。当日録音をする時もスタッフさんから「いいね!」と褒められたり、歌うことに初めて自信がもてた瞬間でした。実は人並みの歌唱力なはずなんですけどね!(笑)

ha1111.jpg
■“モデル”と“女優”どちらも見られる仕事ですが違いはありますか?
H:女優のお仕事は、少しずつ階段を登っているような感覚です。それぞれの現場で発見や学びが多く、奥の深い仕事だなと思います。役を重ねるごとに演じる楽しさも増して、今後も様々な役に挑戦してみたいと思います。何十年続けても正解は出ないんだろうな。
モデルのお仕事は……

 …気になる続きはこちらから♪
 
『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数 
         
     
 

kentaro_gw1.jpg
映画「百円の恋」で日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した足立紳の初監督作。誰もが通る“14歳”のもどかしさを男子の悶々とする妄想と絡めながら、なんとも昭和でノスタルジックな空気感で描く『14の夜』がついに12月24日(土)公開!

足立監督の「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」という想いが込められた本作。舞台は1980年代の田舎町のレンタルショップ!情けなくも愛すべき“性春”を通じて成長していく少年たちの姿は観るうちに自分自身への問いかけにも変わるはず。

そんな今回は、ドラマなどで着々と人気に火が付きつつある、話題の若手俳優・健太郎さんを直撃!主人公・タカシの同級生である金田を、リーゼントで柄シャツといった見るからに“ヤンキー”のスタイルで体現!撮影を振り返りながら、自らの“14歳”を教えてくれました♪

kentaro_gw3.jpg
  ■出演が決まった時の作品の印象を教えてください。
健太郎(以下・K):台本を読んだ時にすごく面白いと思いました。時代背景もリアルに描かれていて、テーマでもある“性春”も感じられて、自分も14歳の頃こんな事ばっかり考えていたなと(笑)。共感も出来てどんどん読み進めたくなるストーリーでした。

記者:1番惹きつけられた魅力はどこですか?

K:やっぱりこの中心となる4人のアホさといいますか…(笑)。中学生ならではの女性の体に対する妄想があって、中学生の男子ってみんなこんな感じだよな。って思いました。どの時代も考える事って変わらないんですね(笑)!

記者:では、見どころを教えてください!

K:自分が参加しているシーンでいうと、プールに飛び込むシーンです!結構体を張ったので…!そこは観て頂けたら嬉しいかなと思います。

  ■どんな撮影現場でしたか?
K:年の近いメンバーでヤンキー役をやっていたので現場自体がすごく青春でした!撮影が始まったばかりでみんながまだ自分の役に探り探りの時、監督が場を和ませてくれましたし、「こんな感じで」と監督自ら身振り手振りを交えて芝居をしてくれました。自分にはない引き出しをたくさん見せて頂いたお陰で役に入りやすかったですし、それがとっても印象的でした。

記者:たくさん学んだ現場だったんですね。特に印象深い監督の指導はありましたか?

K:監督が中学高校でやっていたであろう素振りが劇中にあって、例えば殴る振りをして頭をかくとか(笑)。昔の学生はよくやっていたんですかね?僕の周りでは見たことがなかったので、それを劇中でやる子がいくらやってもうまくいかなくて(笑)。監督が1番上手かったのが印象的でした!

■今回は“ヤンキー”という役柄でしたがいかがでしたか?
K:俳優になってから不良系や好青年といろいろな役を演じさせて頂きましたが、こんなに外見からの不良少年、リーゼントで柄シャツのあからさまなヤンキーは初めてでした。金田は自分より強い人が来たら逃げるけれど、自分より弱い人にはイキがるタイプ(笑)。でもそれだけだったら雑魚キャラですが、本当は芯を持っている人なんです。なので演じていて楽しかったです。僕はすごく金田が好きになりました。

記者:自分と似ている部分はありましたか?

K:共感出来る部分はありましたが、タイプは違うのかな。自分と……

 …気になる続きはこちらから♪
 
『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数 
         
     
 

今週も豪華読者プレゼント! 
応募期間は2016年12月27日(火)まで!

OWF_gw620.jpg
7日間しか記憶がもたない君を、僕は好きになった。『一週間フレンズ。』完成披露試写会 10組20名様

“何度でも、あなたを思い出す。” “何度でも、君を好きになる。”

▼応募はこちら


FB_gw620.jpg
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オリジナルTシャツ 5名様

可愛すぎる魔法動物(ビースト)に世界中が虜♡本作の大ヒットを記念してオリジナルTシャツをプレゼント!

▼応募はこちら


Rtoto_gw620.jpg
いつでもどこでも一緒!可愛い『RANMARU 神の舌を持つ男』トートバッグ 5名様

ちょっとした買い物や外出に持ってこいのサイズ感! ひと目でわかるキャッチーなロゴ入りのトートバッグ♪

▼応募はこちら


JC_gw620.jpg
寒い冬にピッタリ!『ONE PIECE』雪だるまチョッパーフェイスマグカップ 2名様

可愛いマグカップで心も体も温まる♡

▼応募はこちら


『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待っててね!
友だち追加数
 

omasa_01.jpg
2011年1月号~2016年12月号まで「non-no」専属モデルとして活動していた大政絢が、このたび集英社刊の女性誌「BAILA」の専属モデルである“BAILAモデルズ”に新加入!

これまでDiorやLANVINといったハイブランドページやメイクページなどに登場。読者の人気特集にも度々登場し、紙面をフレッシュかつ華やかに彩ってきました。そしてついに正式“BAILAモデルズ”として加入となった今後、大政さんがどんな表情を紙面で見せてくれるのか楽しみで仕方ありません!

そんな今回は、モデルとして新たなステージに挑戦する大政絢さんに独占インタビュー!Around30歳No.1ファッション誌である「BAILA」の専属モデルとして、ファッションを伝えるにあたり、現在彼女がどんな心境なのか聞いちゃいました♪

omasa_02.jpg

■いよいよBAILAモデルズに加入ですね!
大政(以下・O):長年やってきた「non-no」からの卒業は自分の中でとても悩みましたが、年齢的にも『なにかを変えたい!』と思っていた自分にとって、一歩踏み出した新しい世界となりました。BAILAは何年か前から愛読していて、もしかしたら自分にはまだ早いかな?とも思いましたが、向き合ってみると今の自分の服の等身大でもありました。今は毎回撮影に行くのがとても楽しみです!

  ■実際にBAILAの撮影をしてみての感想はいかがですか?
O:服やメイクの見せ方が「non-no」とは全く違うので、また新しい自分がお見せできるよう、スタッフの皆さん、読者の皆さんと向き合いながら、色々模索していければと思っています。

  ■オトナ女性雑誌へのステップアップ。こんな女性になりたいという理想像を教えてください。
O:自分らしさを発信できるよう、前に前に歩くような女性が理想です。

  ■「Seventeen」「non-no」と専属誌のステップアップを経て、今だから言える撮影時の失敗談を教えてください。
O:最初は何もかもが失敗でした。撮影で何をすればいいのかもわからないまま入ってしまったので怒られてばかりでしたし、自分や服をどう見せていいかもわかりませんでした。入ったばかりの時は、スタッフさんや先輩に自分からアドバイスを聞けず、どんどん一人こもってる感じになっていたな~と今では思います。ノンノに入ってからは、最初のうちは何も出来ずもがいてましたが、どんどんノンノの中での「大政絢らしさ」が掴めてきた気がしました。でも、セブンティーン・ノンノ、どちらも少しずつ周りが受け入れてくれ、仲間・家族になっていき、色んなことを話しながら成長できたなと思います。

  ■もしもOLだったらこんなことやってみたい!というものはありますか。
O:自己発信できるような強さを持っている女性でいたいなと思います。頑張ってる人は……


 …気になる続きはこちらから♪
 
『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待をっててね!

友だち追加数 
         
     

今週も豪華読者プレゼント! 
応募期間は2016年12月19日(月)まで!

amu_gw620.jpg
生田斗真、桐谷健太ほかキャスト登壇予定!『彼らが本気で編むときは、』完成披露試写会 5組10名様

カタチなんて、あとから合わせればいい。 桜の季節に出会った3人が、幸せを見つけるまでの60日間

▼応募はこちら


kuma_gw620.jpg
可愛い3WAY♡『くまのがっこう』ジャッキーブランケット 3名様

チェックのリボンがついて可愛さアップ!! あったかい、もこもこ生地のブランケット

▼応募はこちら


suchiko_gw620.jpg
関西・東海エリア限定!サプリメント『ディアナチュラ』吉本新喜劇座長・すち子巾着付き 10名様

吉本新喜劇で大人気キャラクターの“すち子”!関西・東海エリア限定のコラボサプリメントをプレゼント♪

▼応募はこちら


『TGC公式LINE』と友だちになって、次の配信を楽しみに待っててね!
友だち追加数
 

oskall01.jpg
快晴の青空となり、寒さが和らいだ12月8日、東京・白金台の八芳園で、毎年恒例のオスカープロモーション『晴れ着撮影会』が行われ、10人の所属女優・タレントが艶やかな晴れ着姿を披露した。

女優として活躍する武井咲、剛力彩芽をはじめ、2017年3月25日開催のTGC’17SSに出演が決定した河北麻友子と、藤田ニコル、次世代を担う存在として注目されている小芝風花、是永瞳、岡田結実、高橋ひかる、本田望結、吉本実憂らが華やかに集結。

mayuko1208-1.png
河北麻友子は先日25歳の誕生日を迎え、事務所のルールであった恋愛が解禁されたことに、「女性として磨いて、いつでも誰でも来いというようにしたいです。」と恋をする楽しみを語った。


nicole1208-1.png
藤田ニコルは、自身でデザインしたユウサギやユニコーンが描かれたポップな晴れ着姿を披露。自分らしさ溢れた晴れ着に「気持ちがいい!」と笑顔を見せた。
成人式は、『振り袖を着てプリクラを撮ったり、渋谷を走りたい!』と2年後に向けて胸を踊らせ、来年は「去年の自分に勝てるような1年にしたい!自身の明るさを届けられたらいいな。」と豊富を語った。


今年、バラエティー番組を中心に注目された岡田結実は、来年の抱負に「剣道や盾を習いたい。また、河北さんのように、出川哲朗さんと一緒に氷水に入ったりしたい」と身体を張ることに意欲的。そんな彼女に、河北は「お譲りしますよ」と笑顔で返し、会場を笑いに包んだ。「先輩のように綺麗に輝けたらと」語る彼女の今後さらなるバラエティー番組での活躍が期待される。

3ask001-1.jpg
初舞台に挑戦した剛力彩芽は「今年は初舞台にも挑戦して何もわからず落ち込んでネガティブになったこともあったが、周囲の人のおかげで最後は楽しくできて、舞台が好きになった。今年は初めてのことをたくさん経験して人としても役者として学んだ。」と成長の1年だったことを明かした。

女優として第一線で活躍する武井咲は、「幅広くお芝居ができて、たくさんの作品に恵まれた一年でした。来年は今よりもっと頑張って、体調管理もしっかりとしたい」と今年の活躍を振り帰った。そんな武井は、藤田ニコルと初めて対面したことを報告。「『同じ事務所だったんだ!』と驚きました。来年もみんなで切磋琢磨しながら頑張りたいです。」と個性豊かなメンバーと共にさらなる飛躍を誓った。


今年も間もなく終わりを迎え、大いに活躍をして忙しなく過ぎた1年に感謝を伝えた次世代を担う存在の10名。2017年に向けて輝かしい豊富を語り、ますます美しさが磨かれる彼女たちに今後も注目していきたい。


Information
tgc17ss
『第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER』

出演モデルに、河北麻友子・藤田ニコルが出演決定!

●開催日時
2017年3月25日(土)  開場 13:00  開演 15:00  終演 21:00(予定)

●会場
国立代々木競技場第一体育館 (住所:東京都渋谷区神南2-1-1)

●公式サイト
http://girlswalker.com/tgc/17ss/

↑このページのトップへ