ボクは結構ギリギリのラインをいつも進んでると思います。

周りから見てて危なっかしい、とか
もう止めとき!ってこと
あるみたいです。
mebMgudr0Y.jpg
実はボク自身も、そんな風に思ってしまう時ありますもんね。笑
おいおい、一旦立ち止まったら?って。笑

でも、もう止まれません、ボクは。
歩み始めてしまったんですよ、自分の人生を。
本当に大切なものを見つけてしまったんですよ。


しかし、いつからだろう。
普通じゃイヤ!
なんか凄いことしたい!
楽しんだもん勝ちや!
って思うようになったのは。。
5KbSR951ae.jpg
凄く自己中なんですよね、そもそも。


ボクは昔から『自由』にとても憧れてるんです。
商売人の家に生まれ、生まれた時から、自分の将来が決まってる。
そんな環境で生きてきました。

やりたい事が、出来ない。
親の期待通りの子にならなければならない。

高校卒業するくらいまで、そんな感情、感覚が強かったように思います。

小学校の時、『はいすくーる落書』っていうドラマで、ブルーハーツの『TRAIN-TRAIN』を初めて聴いた時、衝撃でした。
VOHf5qOgwc.jpg

見えない自由が欲しくて、見えない銃を撃ちまくる。
本当の声を聞かせておくれよ。


ボクの心を歌ってる、って思いました。

でも、根が真面目で優等生だったボクは、はみ出し者になることも出来ず、はみ出す勇気もなく、いたって普通に生きてました。

小学校6年生の時は応援団長。
中学校では生徒会長。

真面目でしょ。笑笑

でも、リーダー気質はあったのかもしれませんね。

何が言いたいのかというと、
幼少時代から思春期まで、
自分の感情ややりたいことを押し殺して、
本当の自分に蓋をして生きてきたんですよね。

それが大学行って一人暮らし始めてから反動がヤバかった。。笑

もうやりたい放題でしたね。
それで、生まれて初めて好き勝手やって、
生きてる!って実感して、
その時のボクはやっぱり輝いてたんだと思うんです。
めちゃくちゃモテましたもん。この頃。
やりたい事やって生き生きして輝いてる人はモテるんです。コレは間違いないでしょう。

で、好き勝手やってた時期を終え、親父の経営する会社に入社することになったんです。
そしたら、またあの頃の、自分を押し殺して、本当の自分に蓋をして生きる人生が始まってしまったんですよね。。

もがき苦しみました。
いい会社にしたい!ってホンマに思ってきたんです。
新しい仕組みやルールを作って反発もされてきましたよ。
絶えず戦いでしたね、今振り返ると。
しかも孤独な戦い。仲間がいない。
こんなの本当の自分じゃない。。。


でも、10年過ぎた今、孤独じゃなくなりました。
仲間ができました。
ボクの想いに共感してくれる人が増えました。

なぜか?
自分の想いと、自分自身を信じたからかなって思います。
そして、周りの人たちをもっと信じようって思えたからだと思います。

キッカケはよくわかりませんが、とにかく風向きは変わった、と感じています。

楽しい事は1人でやるより、仲間と、好きな人と一緒にやったほうが絶対に楽しい。

悲しいことやつらいことは、仲間たちと分かち合って減らすことができる。

なんかくさい言い回しですが、やっぱりそう思うんです。

みんなでもっと幸せになりたい。
もっと楽しいことしたい。
もっと面白いことしたい。

そして、世界中の愛と自由と平和に貢献していきたい。

正解はわからないし、そもそも正解なんて求めていません。

ただ、この歩みは止めない。
この足が向かう方へひたすら走り続けます。



矢沢永吉さんの言葉を紹介します。
3uTta6hkCK.jpg
~~あんたはどうする~~

2種類の人間がいる。
やりたいことやっちゃう人とやらない人。
やりたいことやってきたこの人生。
おかげで痛い目にもあってきた。
散々恥もかいてきた。
誰かの言うことを素直に聞いてりゃ、
今よりずっと楽だったかもしれない。

でもね、これだけは言える。
やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い。
俺はこれからもやっちゃうよ
あんたはどうする?



永ちゃん、サイコーです。


そして、トレイントレインを聴いてください。
何年たっても超名曲です。

TRAIN-TRAIN 

歌:THE BLUE HEARTS

作詞:真島昌利

作曲:真島昌利

栄光に向って走る あの列車に乗って行こう
はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう
弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく
その音が響きわたれば ブルースは加速していく

見えない自由がほしくて
見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ

ここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもない
いい奴ばかりじゃないけど 悪い奴ばかりでもない
ロマンチックな星空に あなたを抱きしめていたい
南風に吹かれながら シュールな夢を見ていたい



TRAIN TRAIN 走って行け TRAIN TRAIN どこまでも
TRAIN TRAIN 走って行け TRAIN TRAIN どこまでも

世界中にさだめられた どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は どんなにすばらしいだろう
世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう

見えない自由がほしくて
見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ


栄光に向って走る あの列車に乗って行こう
はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう
土砂降りの痛みのなかを 傘もささず走っていく
いやらしさも汚ならしさも むきだしにして走ってく
聖者なんてなれないよ だけど生きてる方がいい
だから僕は歌うんだよ 精一杯でかい声で




さぁ、
やったもんにしかわからない面白いこと、
一緒にやりましょう♫