(原文ママ)

『「少しは傷ついて欲しい」という気持ちに応えられなくて、すみません。』と、言ったら、ビックリされるでしょうか?
その〝仲間が離れていって傷つく〟という気持ちに立ち止まれるほど、私は人間くささがなかったようで、自分でも悲しいです。

これまで、お金の支援や募金時の情報拡散のご協力、そして私の足らない所に対して色々不信感やモヤモヤを抱えてくださりながらもメンバーに残ってくださったこと、感謝しています。

その労力を考えると、支援してくださった5000円以上にエネルギーを使ってくださってるな。。とは思っていました。
そして、一緒にいればいるほど、その〝5000円〟が1万円…2万円くらいの〝返して欲しい恩〟に、ご自分の中で変わっていったのでは?と、私の言葉での表現にはなるのでピンと来ないかも知れませんが、変わっていったのかなと感じています。

そこが膨らんでいく以上、〝貴子に応えて欲しい気持ち〟は半永久的に増殖していきますよね、、。
そうだと思います。そう感じても、仕方がない行動を私がとっていたんだと気づいてはいます。

ただ、すごく大きな目で見た時に、「〝お互い、合わなかったよね。じゃー、離れるキッカケが出来て、大きなトラブルを避けられたかもしれないから、ある意味良かったよね〟」と、、
このまま進んだ未来と、これから起こる現実とを比べた時に思うんじゃないかなぁ?なんて、思っています。

正直、私も「私に対する期待?義務感?全うして欲しい感?の圧力が強いな。。」と肌で感じていました。

「たかちゃん、今どうなってる?進んでないなら手伝うから一緒にやろう!現状教えて!」ではなく、「今どうなってますか?ずっと気になってました。」と言われると、私目線で言うと〝お客様感〟を感じていました。

「5000円払ったんだから(プラス、労力も出したしモヤモヤもしたんだから)、もっとやれや!」と。。思ってはいないかも知れませんが、私にはそう受け取れました。
私の妄想かも知れません。でも、その思いがゼロだったとは思いません。

きっと、このまま一緒にいれば、〝貴子に返して欲しい恩〟はどんどん膨らんでいたでしょう。
ですので、離れることをご自分のために決断されたことは、【カウンセラーモードの貴子】としては、「そんなヤツと一緒にいても、ストレスがどんどん膨らんで、余計イライラするだけです!離れて正解です!!」って、張り切って言うと思います。


私も正直、〝私への期待と荷重がな〜んか重いなぁ、、( ̄▽ ̄;)笑。さて、どーするか…。〟と思ってはいました。
鬱っぽいモードに入ると、身体が動かなかったのも、本当です。(でも、波があり過ぎるというか、本当にしんどい時以外は病人っぽくしんどそうな訳ではないので、『Facebookとかを見て、「元気じゃん!💧(病状を過大に言ってサボってねぇ?)」って、私なら思うだろうなぁ、、。』と、マジで思います。)

そこは、鬱をやってる方を何人か、仕事でも友達としてもカウンセリングした事のある私としては、〝理解されない部分〟として、どうしても根深くある世間に誤解されている部分だし、想像がしづらいのでそれはしょうがないし、私も鬱の方が近くにいなかったら、「やったら出来るじゃん。サボってんの?」って、思ったかも知れないな〜って、思うので、そこを理解を出来ない気持ちはすごく分かります。
当人の母親が気づかないくらいですからね。。(それが解る親なら、そもそも子どもが鬱にはなっていませんけどね…。)
それの、母親が理解しやすい伝え方を教え、視野の狭いカウンセラーとの折り合い方を教え。。と何年も身近でサポートしている人がいるから、私も肌で分かるくらいで、これは分からなくても当たり前だし、私も分からなくてイラッとした事もありましたし、「昨日は寝込んでた」と言われても、まさかごはんを食べてない・3日以上風呂に入れてないなんてピンと来てはいませんでした。


話はそれましたが、
今までありがとうございました。
「気持ち的には私も大変だけど、それでも協力しようとしてくれてる限りは、〝一緒にやってみる〟をやってみたいな。…やりきれるか不安だけど( ̄▽ ̄;)💦…出来るのか、貴子💧(プペル展じゃなくて、人間関係がやり切れるのか?ということ)」と、思っていたのは本当です。

やり切れる自信は、本人としてはなかったけど、「神様が用意したなら、やり切れると思ってここに試練を設置したんだろうし、それを越えることで私にも得るものがあるって事だろうなぁ…。しんどそうだけど、やってみるか。」という、スピリチュアル特有な考え方が出ていたので、やるつもりではありました。
ですが、「何人かが離れる」という流れがあった今、「募金時やその後もお互いには必要な機会だったけれど、一緒にやることが求められていたのは、〝ここまで〟だったのね。そして、〝離れる〟という決断をする流れを引き起こすために、この流れだったのね。。(神様にとって、「お互いにとっての〝落とし所〟はココだったのかー。」みたいな感覚。)

長々とすみません。

離れていった方 向けに書いた文章ではありますが、ご本人宛に送ってしまうと、またちがう気もしたので、必要だったら目にされるんだろうし、そうでなければ見ないでいるのもご本人にとって必要なことと思っていますので、ここに書かせて頂きました。

長文失礼いたしました。

そして、離れた方、残ってくださった方、今までありがとうございました。

残ってくださった方、これからもよろしくお願いします。┏◯ ペコ