(前略)

さて、本題に入ります。

有料が良いのか?無料が良いのか?

えっとですねー、
結論、「どちらも必要!」です。(*^^*)

ニュアンスで感じて頂きたいので、私の価値観でそのままパ〜ッと話します。分からない所はあとで質問してください┏◯ ペコ✨

まず、有料のメリットについて。
「(購入者に)払わせてあげる」ことで、その商品やサービスや提供者(オンラインサロンなら西野さんとか)に対して、ちょっと本気に「受け取ろう」とか「能動的に参加しよう!」っていうのが出ると思います。そのスイッチ(やる気スイッチ?)を本人に押させるために、「お金がかかる」というハードルを越えて頂きます。

たった500円でも、無料の時よりは占いを本気で聞きます。
むしろ、無料の時には本気じゃない分、必要な情報(恋愛相談だけど、実は不倫していて…とかの、不倫を言わないとか)を言ってくれない場合だってあります。
それが「相手の本気を引き出す」とか、「やる気スイッチを押させる」ってことですね。
それは、高い金額にした場合もそう。
占いに1〜10万円払うってなったら、ちょっと「人生変えるぞ!」的な気持ちにならないと払えないですよね?
そーゆー感じです。
なので、必要です(*^^*)

無料の良さは、その商品に最初に触れる時のハードルを下げるだけでなく、「恩を作れる」ということです。
特に、作った人・提供してくれている人の顔が見える場合は「恩」になりやすい。

(*顔が見える=ヤマザキのパンと、地元のスーパーの中にあるパン屋さんのパンと、貴子がサロンで作って販売したパンと、、パンを買う時にもパンを作った人との距離感がちがう感じがしますよね?それを〝顔が見える〟と言っています。つまり、〝見える・見えない〟じゃなく、〝距離感が近いか?〟という話ですね♫)

顔が見えると、無料(もしくは低額や、オマケをつけて貰ったり)にしてくれた時に「恩」が生まれます。
田舎のご近所づきあいで、リンゴを沢山貰った時に「いつも○○して貰ってるから〜」と渡しに行くのって、リンゴを減らす目的もありますけど、「誰にあげようかな〜?」って思い浮かべる時に「恩を感じてる人」を思い浮かべて、そこから自分家との距離とか、いつ会えるか?とか、リンゴ好きかな?とか考えるじゃないですか(*^^*)

そこからの、話は少し飛んで、、
その「恩を感じたことのある人・恩を感じてる人」が何か商品とかサービスとかを提供し始めた時に、「その人にも会いたい(興味ある、こちらが購入した事で喜んでほしい)、そして商品にも興味がある」となると、きっと買うと思います。
西野さんの無料公開の場合は、「作品がちゃんと凄かったら売れる!」みたいなのがありますが、私に言わせると、西野さんの作品は、それ自体が読み手に「ぁー、わかってくれる人がここにいたんですね!」となって、共感された感を生むから、それが恩となって購入に繋がっていくと思っています。

西野さんを何となくきらいだった人も、「えんとつ町のプペル」は感動して買っちゃったんだよね!なんて人もいて、その人達の心理はこんな感じかと思います。

もちろん、それに付随して、絵の技術の素晴らしさとかも、買う理由に入る。
それもきっと、「こんな綺麗な絵(私が好き!って思う絵)に出逢わせてくれて、ありがとう!」ってなれば無料で見た人は購入する理由が1つ増えます。

そういう、「恩」に特化することが、無料公開の真髄だったりします。

って、感じかな?🙄w

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2955.JPG

↓西野さんの、絵本の無料公開です。
(これを読んだら、上に書いた文章の意味が深まると思います(*^^*))


**