23
53
35
07

顧問アドバイザーを務めます日本ジビエ振興協議会の理事長である藤木徳彦さんが82日(火)放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)に登場しました。

 

 日本のジビエは、まだ始まったばかりです。害獣問題、衛生面、捕獲、流通の問題など課題は山積みですが、野生の肉を食べるという日本の食文化の再発明であり、食の流通革命になると思います。

顧問アドバイザーとして、イベントの実施や商品開発、販路拡大などジビエJAPANを広める活動をやっていく所存です。

13344753_1547046108935771_9159373987846899863_n

6月17日(金)にハンズエキスポ銀座東急プラザ店で
テルミンとマトリョミンの演奏会をプロデュース。
僕も現場におりますので、乾杯しましょう!

最古の電子楽器『テルミン』と 歌うマトリョーシカ『マトリョミン』 LIVE

日時:6月17日(金)19:00〜
場所:HANDS EXPO銀座東急プラザ店7Fカフェスペース
チケット:2000円(ドリンク付き)
イベント詳細&チケット購入こちらから!
 

手を触れずに音を奏でる、世界最古の電子楽器「テルミン」と

マトリョーシカの中にテルミンの機能をおさめた楽器「マトリョミン」

二つの楽器の不思議で優雅な世界を存分に楽しめるイベントを開催します。
 
当日は、マトリョミンアンサンブルグループ『ボル⑧』と、
テルミン・マトリョミン奏者の『濱田佳奈子』さんによるトークショウやライブ、
実際にお客様にも演奏体験していただけるワークショップも行います。
 
銀座の夜景を見ながら、テルミン・マトリョミンの魅力をご堪能下さい。

13319790_1547046055602443_2885604194522973540_n
13344534_1547046052269110_4808304276394301163_n 
 
【出演者情報】
 
ボル⑧ (マトリョミンアンサンブル)
マトリョーシカの中にテルミンの機能をおさめた楽器、マトリョミンを操るアンサンブルグループ。
マトリョミンの音が重なることにより、不思議でどこか懐かしい音色が生まれます。
2009年結成。 関東を中心に、ライブハウス、カフェや映画館などで演奏活動中。
ロシアの家庭料理「ボルシチ」に由来するグループ名には、ボルシチのようにあたたかく、ホッとするような演奏を届けたいという気持ちが込められています。
 
濱田佳奈子 (テルミン・マトリョミン奏者)
東京生まれ。日大芸術学部卒。
テルミンを竹内正実氏に、声楽を前野邦子氏に師事
’06年マトリョミンアンサンブル 「マーブル」ヨーロッパツアーに参加。
テルミン&ソプラノの「SOPRAMIN」や弦楽五重奏、ストリングラフィ、演劇、舞踏、朗読等と多数共演。
’10年 映画「のだめカンタービレ最終楽章・後編」にてテルミン演奏のスタントをつとめる。
'14年 ロシアの作曲家ショスタコーヴィチのみを演奏するオーケストラ・ダスビダーニャとすみだトリフォニーホールにて共演。
現在、池袋コミュニティ・カレッジ、ヤマノミュージックサロン吉祥寺等で教室開講中。 

34

七夕は、そうめんの日なんです。
これは昔昔、遣唐使で鑑真さんがそうめんの原型を日本に持ってきてくれた頃のお話に由来します。
私の故郷で三輪素麺の里である奈良県桜井市のイベントを開催いたします。せんとくん、ひみこちゃん、まりこふんさんも来店です。ちょっと贅沢なそうめんイベントです。

2016 07/07 [Thu] よる Open 18:30 Start 19:30 End 21:30 

7月7日はそうめんの日!

七夕そうめん祭り in お台場 2016

前売りチャージ券2,100円(三輪そうめん試食・桜井市地酒試飲+トークショー&ライブあり!)要1オーダー制・アルコール500円~、ソフトドリンク430円~など

7月7日は、そうめんの日。
1200年の歴史を誇る奈良県桜井市の名産品である三輪そうめんと桜井市に多く残されている古墳群の魅力についてトークショーでお楽しみ頂きます。三輪そうめんについては東京カルチャーカルチャーのプロデューサーで、そうめん研究家・ソーメン二郎として活動を行うテリー植田さんが解説。古墳については古墳シンガーであり古墳にコーフン協会会長のまりこふんさんに解説頂きます。そして、まりこふんの古墳ライブも行います。桜井の観光については、桜井市まちづくり部観光まちづくり課の山内篤生氏にご説明頂きます。ゲストにそうめん好きで気象キャスターとしてTBSテレビ「ウィークエンドウェザー」「TBSニュースバード」等に出演中の久保井朝美さんにも登場頂きます。

イベントでは、三輪そうめんの試食はもちろん、桜井市の地酒の試飲や名産品の試食も予定しています。さらに、奈良県のキャラクターのせんとくん、桜井市のキャラクターのひみこちゃんの来店も決定!話題のビッグストリーム そうめんスライダー(タカラトミーアーツ)で流しそうめんもお楽しみ頂けます。

  • 【出演】ソーメン二郎(そうめん研究家) まりこふん(古墳シンガー/古墳にコーフン協会会長)山内篤生(奈良県桜井市役所職員 桜井市まちづくり部観光まちづくり課 まちづくり戦略係) 
    【ゲスト】ひみこちゃん(桜井市マスコットキャラクター)、せんとくん(奈良県マスコットキャラクター) 久保井朝美(気象予報士)
    【企画・司会・プロデュース】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

    <ゲスト・プロフィール>
    久保井朝美(くぼい・あさみ)
    気象予報士。愛知県出身。気象キャスターとしてTBSテレビ「ウィークエンドウェザー」「TBSニュースバード」等に出演中。歴史と漢字が大好きで、趣味は史跡めぐり。好きな歴史上の人物は、加藤清正など。「子供の頃、流しそうめん大会が夏の楽しみでした。めんつゆを薄めないように食べるのが得意です。」

 



41

30



53

一昨年から和光大学経済学部で産学連携実践論、大東文化大学環境創造学部で企業研究の名目で授業と実地をやってきました。和光大学の授業では、学生にイベントの企画から実施、運営、司会、カメラ、チケット受付などのイベント実習。東急ハンズ池袋店では、バスグッズ売り場の企画、商品選定、売り場設営、案内までやってもらいました。さらに八重洲ブックセンター本店でのブックフェアの企画、書籍の仕入れ、店頭での案内も行いました。大東文化大学での授業は、八重洲ブックセンター本店で書店の仕組みについて書店販促担当者に教えて頂きながら、環境ブックフェアの企画、書籍の仕入れ、フェア期間中は店頭案内をしてもらい、2週間で何冊売れるかを体感してもらいました。八重洲ブックセンターの担当者さんが大東文化大学卒業生ということで非常に熱度の高い授業になりました。
今年は、引き続き和光大学でも継続して授業をやりまたイベント制作を実施予定です。和光大学と同じく町田にある玉川大学(薬師丸ひろこさんの母校)芸術学部でも授業をやることになりました。新しい試みを学生たちとできればと思っております。

↑このページのトップへ