『高まる、より、高めること』

おはようございます

諸事情で少し大人しくしていた
この一週間でした

マインドも低下気味だったので
出来るだけ
たくさんの友人に会い
語り、分かち合いの時間を
持つようにしました

友人のサロンにご招待いただき

真善美を軸にした
ビジョンの分かち合いの時間を
持つ事ができました

素敵なサロンで
テーブルを囲み
食事を共に、ビジョンについて語る

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1600.JPG

美しいカンパニーの形が
そこにありました

志やマインドについて
高くあって然るべき

という文献に
ここ最近特に出会います

以前までの自分であれば
高められていない自分の
幾許かの後ろめたさが
先に立ち、受け入れられなかったかもしれません

しかし、生活を改善して気付いたことは
高まった状態であるということは
ある種、奇跡なんだと感じます

実際、マインドだけが
高まった所で
その時点では
状況は好転していないこともあります

大事なことは
高めることができる
瞬間や場所を選び取り
そこに自ら赴くこと

簡単なようで実は難しい

その難しさは
これまでの自分が
痛いほど思い知ったことなので

むしろ
その痛かった時間を糧に
伝えられることがあり
それに求められる声を聞いたなら
そこに赴き、言葉を置いてきたい

今、人には『癒し』が必要だと感じます

自分が、フタをしたいと感じていた
経験則にさえ
癒しと励ましのニーズがあることを
今年、たくさんの旅の中で
学ばせていただきました

それに応えていくことが
自分にとっての『高まり』

対外の活動的には
何もしてないように見えていると
思いますが笑

自分的には
過去類を見ないほど
活発な年を過ごしています

願わくば
この学びを、音に変換して
アウトプットする機会があれば
幸いですね^_^

皆様も、よい週末を!

『Digital Single』

おはようございます

今朝の北海道は天気が良く

授業もお休みでしたので
夏のマラソンに向けて練習をしております

だいぶ長時間走れるようになってきました

心が軽くなると
体も軽くなるんですね

さて、本日は、新曲リリースのお知らせです。

先の1月、コンサート会場限定で
配布致しました
未発表楽曲『惑星』

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1489.JPG

今回、リクエストの声に応えて
リテイクリマスターの上、配信にて
RELEASEさせていただく運びとなりました

相変わらず、一般ウケしなそうな
僕らしい曲ですが
前作「思弁的音列」で用いた
調律や周波数の要素もそのままに
仕上げております

夜、何かに想いを馳せることがあれば
その時間に、この曲をそばにおいていただければ幸いです。


配信スタートは近日中となります

改めてお知らせいたしますので
その際はどうぞ
ご購入のほどよろしくお願いいたします

明日から、大阪公演です。

春先にツアーに出かけ、オファーをいただき
今回、再び行ってきます。

現地では、もう家族のように
愛に満ちた友人たちが
待っていてくれます。

無事をお祈りいただきますとともに
この曲の未来も、合わせて
お祈りいただければ幸いです

それでは。

『あんまり劇的ではない
ビフォーアフター』

今日は
ボイスエデュケイションの中で
特定のエクササイズを
施す前と後で
どう変わるか

人体実験動画を作りました

ビフォーは
エクササイズする前

アフターは
1時間ほどのエクササイズを終えたのちに
同じ曲を同じ条件で歌っています

ここまで読むと

ビフォーが間違いで
アフターが正解かのようですが

実はどちらも正解です

違いは

僕が『この音が出したい』と
イメージする音に
近いか否か

ビフォーが遠くて
アフターの方が近い
というだけです

詳しい話までは
しませんが

声に関してのご相談を
受けて感じたことは

自分の声の何が嫌で
どうしたいのか
のイメージが大切だな
ということですね

多分
このビフォーもアフターも

『どっちも間違いだ』
という専門家も
いらっしゃるでしょう

しかし
僕にとってはどちらも正解で
アフターの方が理想に近い

という考え方

この思考により

否定から入らず
肯定のマインドから
エクササイズに入れるんです

厳しそう
難しそう
というご意見もいただくので

間違いを恐れて
恐る恐る正しい音を出すより

間違いはない
という思考から
いろんな音を出してみる方が
近道かなーと感じています

そして
それを手に入れるのは
実にシンプルで簡単な作業です

僕はこれらの方法論から
楽しい会話をする時
大事な話をする時
交渉ごとをする時

シチュエーションによって
話す音色を変えています

洋服と同じように

声も着替えられる
可能性を広げる

それは歌に限らず

役に立つことが
あるといいなと思います


↑このページのトップへ