(200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源)
この本には、神についての神学論的要素はほぼ含まれていない。なぜなら、200万年の脳の進化の過程を追った脳科学の著書だからである。

神は、当たり前だが抽象的な概念だ。そして、その抽象的な概念は人間の「脳」というものが生みだしたものだ。
つまり、神は人間の「脳」の発達なしには存在できなかった。
人間の「脳」の進化・発達から「神」の起源を解き明かそうとしたのが本書である。

〇平行進化
最近の学説によると、農耕や道具などの技術、儀式や学問や芸術までもが、(数十万年単位の人類史から見ると)ほぼ同じ時期に、ヨーロッパ、中国、アメリカ大陸等の全く別々のところで生まれているという。これを平行進化という。
これを脳の発達と関連して捉えると、アフリカを出る前に、すでに人類の脳は自分を過去と未来に位置づけることができる能力(自伝的記憶)が可能になっていた。そして、このような認知能力を持ったまま、世界各地に散らばったため、人口圧力のような選択圧を受けると同じような結果に行き着いたのではないかという説がある。
また平行進化は動物にもあり、古代から大陸と切り離されていたオーストラリアの動物でも姿形は違っても、旧大陸の同じ種の動物とほぼ同じ脳を持っているという。

〇まず自己認識・他者認識について
集団で狩猟採集生活を行い、道具や火を使うことで高栄養な食事が行えるようになった人類(ホモ・エレクトス)は、脳が肥大していった。そして前頭前野が発達し、人類は自己認識が可能となった。
自己認識が可能となることで、他者の存在を認識できるようになる。
始めはオオカミなどの集団生活をする動物と同程度の他者認識であったが、次第に他者が何を考えているか、他者とどう接すれば喜ばれるかなどの想像ができるようになった。これは自己認識ができているからこそ可能である。この他者認識のおかげで、人類は集団生活が可能となった。

〇内省的自己認識
自己認識が進化すると、内省的自己認識が可能となっていく。
内省的自己認識により、我々ホモ・サピエンスは道具や文明を発展させていった。内省的自己認識とは、「人々の考えについての、他の人々の考えについての、他の人々について考えること」という高度で複雑な認知能力なのだ。つまり二次の心の理論。
 これにより客観的視点、他者にどう思われているか、そして自分について考える自分について考えることができるようになった。このような認識は、自分のことを考える他者のことを考える自分の・・・と入れ子構造を果てしなく増やすことができる。これが現代の科学や論理的思考にまで繋がっており、人類の最も根本的な特徴と言われている。

〇神々へ
内省的自己認識、他者認識が可能となることで初めて、「神」の存在が認知できる。
そして、神は人の心を読むことができる。そして、我々は超自然的存在にも見張られている。また、未知の現象を「〇〇は神が怒っているからだ」と説明するようになる。それが社会秩序の誕生にも繋がる。
他者の心を推論し、超自然現象を推論することで、神々への信仰。

〇言語の誕生
集団が増えすぎたことで、グルーミングのようなコミュニケーション手段が対応できなくなり、一度に大勢とコミュニケーションのとれる言語が生まれたという。
「内省的自己認識=自分の内面生活の実況放送という状況から自分の思考を考える言語」という展開で、内省的自己認識と言語は揃って発達した可能性があるという。
これには抽象的思考・自分自身のコミュニケーション・他者への気付きが必要なことからも頷けるだろう。
動物は欲求の合図などはするが、自分の考えや世界観を語ることはない。

〇自伝的記憶
子どもは4歳くらいになると自伝的記憶=エピソード記憶が可能となる。これにより、過去に起きたことをつなぎ合わせて自己を作っていくことになる。
自伝的記憶の発達により、過去と将来の次元が認知的に統合され、時間的自己認識が形成されることで人は過去を利用して将来を把握することができる。
そして、内省的自己認識は心の中の時間旅行であり、それを他者と言語で共有することで、将来の計画や他者との共同作業が可能となった。

*宗教思想の出現

〇死の意味
時間的自己認識+自伝的記憶が深まると、ホモ・サピエンスは死を理解するようになる。

〇祖先信仰
狩猟採集民の祖先信仰は、狩りの成功を祈るために行われていた。狩りの上手かった祖先が神となった。
また農業革命以後、土地の所有権という概念が生まれた。土地の所有権の正当性に意味合いを持たせるために祖先が使われた。
さらに、農業は自然を相手としているため、不確定要素が多く、救いを求める意味でも祖先信仰が行われた。

〇最初期の神々
祖先信仰が次第に「神」の信仰へと発展していく。
この祖先信仰が神へと変化し、農業革命により人口が増加したことで神の序列ができるようになる。
1万年前よりメソポタミアなどで大都市が生まれた。
メソポタミアの宗教の第一段階は、自然や死と結びついた神々の出現であった。
第二段階では、世俗的な支配者が出現し、神の力の一部を奪い始める。権力の正当性や軍事指導者としての責任を引き受けることで、権力を増していく。
始め食物の確保や死後の運命を守るのが責務だった神は、文明が複雑化することで政治や司法などの社会的責任を引き受けることになった。

〇枢軸時代
さらに文明が複雑化し、2800年前に神々や宗教の最終段階が訪れる。
この紀元前800~200年の間に、儒教、ヒンドゥー教、仏教、ユダヤ教が生まれた。ここにギリシャ哲学も含まれる。
まさに宗教の平行進化だ。この時代を枢軸時代という。
枢軸時代の宗教は、死に解答や恩恵を与え、政治や経済と結びつき巨大化していく。
その過程で、過去の宗教や神々を借りてくることが重要であった。
例えば、ユダヤ教がメソポタミアの神々を取り入れ、それがキリスト教やイスラム教に繋がっていくように。


「神は、脳がつくった EVLVING BRAINS,EMERGING GODS」 E.フラー・トリー 著



IMG_20191030_163607.jpg