月別アーカイブ / 2019年02月

おはようございます。
2月も今日で終わりですね。

3月はなんか なんとなくソワソワする方も多いのではないでしょうか

今回のブログでは 「不安」について考えて行きたいと思います

みなさんも不安になったことってあると思うんですよ。

「ちゃんとできるかな...」という具合に。

不安の生じる要因って 先の変化や現象がわからないことから生じると僕は思っています。

「失敗したらどうしよう...」
これはよくある不安です。責任感のある人や努力してきた人に起こりやすい不安かもしれません

他には
「先が見えない 想像ができない」という不安もあります。ある程度の適応力や環境が備わっている場合には、未来をそこまで考えなくても 生きていける世の中でありますが、そこから外れた場合に生じる不安があります。

例えば僕たちが課題意識を持っている 不登校などもそうです。学校に行けない場合、つまりみんなと同じようにできなくなった場合には 大きな不安を本人も家族も抱えるケースが多いです

だから僕たちは 学校外でも自立できる仕組みや居場所を作っています

おっと 少し脱線しましたが 上記の不安はどちらかというと”よくない不安です”

そして このような不安は解決する方法があります そのため 支援する必要があります

では “いい不安”とはなんでしょうか?
それはチャレンジです やってみなくてはわからないというものです

僕が思うに チャレンジは人を成長させます
もしかしたら 大きく変えます
そして それは人生を豊かにします

先は見えない
どうなるかわからない

その部分は”よくない不安”と共通していますが、大きく異なることは、自ら望んだものであるということです。

総じて言えることは、自身が成長するきっかけ、変わるきっかけと捉えれば どちらも悪くはないといえばないです

ただ 前者は支援が必要であり、後者はやりきる力が大切です。

朝からすいません。
終わります。読んでくれてありがとう。

ちゃんちゃん(終)

みなさま こんばんは
すごく寒い時期に入りましたね。
僕が住む群馬では、とてつもない風が日々吹いています 体感温度は凍えそうです

さて 今回は “感度”というテーマで書かせていただきます 

下記に該当する方に是非読んでもらいたいです
• 人を巻き込むことに苦労しており、その理由がわからない方

• 人から共感をなかなかされない方

さあ 書いていきます
まず 結論です

感度は情報や意識、関心に左右されるということ

これを知っていると すごく 楽になります
特に 人に理解してもらいたい 伝わってほしい人は知っておいた方がよい考え方です

人に何かを伝えるときは 基本 自分が
素晴らしい!
という想い伝えることが多いと思います

しかしながら うまく伝わってない感覚があったり、共感を得られないことがあると思います

僕も そこに苦しんでいました(います)

しかし “感度”というものが人によって違うことを知ればすごく楽になります

例えば 僕がすごいと思うAさんという人がいるとします 僕にとってのヒーローです

しかし Aさんをなぜ僕がすごいと思うのか?
そこにはいくつかの理由があります
• 関心のある分野の人だから
• 僕の情報もしくは意識レベルが高いから

このどちらかが要因です

つまり あなたが伝えた相手は
• 関心がない
• 情報 意識レベルが高くない

ために 伝わらない、共感されないのです

この当たり前とも考えられる前提を持つことにより、僕はすごく楽になりました

これは人をすごいと思う部分にも共通しています

そして 大切な考え方として、人の関心を変えたり、情報 意識レベルを変えることはできません

じゃあ どうすればいいのっ?
それは答えがあります

イチローの話をすればいいんです
本田圭佑の話をすればいいんです

彼らは 野球やサッカーを知らなくとも そこに関心がなくとも 情報や意識レベルが低くとも 大抵の人にはすこさが伝わる存在です

そして あなたがもし イチローや本田圭佑のようになれば 人を巻き込むことができるはずです

社会課題を解決したい人
自分に共感してもらいたいと考える人

どこかであなたがとんがる事で 結果として巻き込むことができるような そんな気がしています

とっても難しいことです
でも きっとあなたなら

ちゃんちゃん(終)

※イチローや本田圭佑になれということではなく(もちろんなれればいいですが)、考え方の1つとして読んでいただけれは幸いです

↑このページのトップへ