こんばんは 
突然ですが みなさんは今に満足していますか?

満足していない..そんな声も聞こえてきそうです
そんな満足されていない大人のみなさんは、どうか頑張ってください
満足していないという状態は 成長するための栄養剤になりえると私は考えています
是非 今の状態を乗り越えていってほしいなと思います。

一方で満足していると感じている人
それは本当に幸せなことです
自身が幸せを感じられる状態になっていること
それは素晴らしいことです
満足していない状態は ストレスも多く、心も不安定になりがちです
だから 今を大切にその幸せを生き抜いてください

僕は大人のみなさんに対しては、上記のような考えをお伝えしています。どちらがいいとか、悪いとかではありません。どちらにもメリットはあり、デメリットがあるということです。

ただ 僕は 満足しているという状態が 情報がないということが理由で作られているとしたら、それは問題になり得ると考えています

例えば それぞれの家庭にいる子どもたち
幼少期の子どもにとっては 原則家庭は唯一無二の存在であり、比較することはできません 自身の家庭が絶対的な軸になり、その中で当たり前の慣習等が養われていきます 
早寝早起きする習慣、歯を磨く習慣、本を読む習慣などなど 文化資本とよばれることもありますが、今属する家庭以外はわからない状態の中で育っていきます

(これは子どもの育ちが家庭に依存していることも要因ともいえますが、ここではその視点は無視します)

なので 大人になるにつれて、情報が獲得できるようになり、自身の育った環境を客観的に振り返り、比較する中で 気づいていきます

そこで 今まで満足していた生活が 相対的な視点が入ることで満足できない状態につながっていきます 

※ただ 相対的視点を獲得することで 満足につながるケースもあります

満足できない状態になった場合 先天的なもの つまり家庭から与えられたものであるがゆえに、子ども自身ではコントロールができないため、劣等感を感じ、自己肯定感が低下することもあります 

冒頭で
"満足していないという状態は 成長するための栄養剤になりえると私は考えています"
と書きましたが、こちらは大人のケースであり、子どものケースでは該当しないと僕は捉えています

ずっと何も知らないまま  今の環境を保持し
生きていくことが可能であれば 満足していくことはある意味"幸せ"に生きていけるでしょう

しかし それは無理です

だから 子どもたちが前向きに自身に満足できる仕組みを作るためには 社会でみんなで教育することが必要になってくる...僕はそんな気がします

終わります

ちゃんちゃん(終)

私たちNPO法人ターサ•エデュケーションは、
すべての子どもたちが未来にときめく社会を目指し、子どもの貧困 社会的養護 不登校といった社会課題解決に挑戦しています。
現在マンスリーサポーター(月額300円〜)を募集しております。

NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報|Syncable
NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報です。団体のビジョンや取り組む課題、事業内容等を掲載しています。 寄付をはじめとして、団体のために個人が寄付を集めるファンドレイジングキャンペーンの作成等、 様々な形での支援をすることができます。
syncable.biz
皆様のご支援 ご協力 今後ともよろしくお願いいたします。