無価値感とは 自分は価値がない人間だなぁって思う感覚です 感じたことありますか

実際 外目から見れば 求心力を持って活動しているようにみえる僕は、無価値感を根源にしている部分もあります。何かしなければ価値がない、そんな恐怖感も抱いていたりします

さて 僕のことはこのくらいにして どうして無価値感を感じてしまうのか その仕組みについて書いていきますね
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7299.PNG

その仕組みを考える前にまず “価値”について考える必要があります

価値とは 人や社会などから「いいね!」といってくれる、または思ってくれるものです
つまり 自分以外の外部から評価されることです

それでは無価値とはなんでしょうか

純粋に対義語として理解すれば、
無価値とは 外部から評価されないことです

つまり 無価値とは 人や社会が「いいね!」と思ってもらえない状態です 
言い換えれば「よくないね...」ということです

まとめると、価値とは、
”今ある”社会のニーズに応えているか そして “今ある”社会の理解に適応しているかで決まるということです

“今ある”がポイントですね

そう考えたときに “今ある”社会のニーズ状態に沿っていなかったり、理解されないときに無価値感を感じることになります

子どもの問題でいえば、不登校になったときとかも当てはまります
学校に行くことが社会のニーズだし、学校に行かないということはなかなか理解されません

あなたや子どもが本当は価値を持っているとしても、価値ある行動や判断をしていたとしても、今ある社会が適応できなかったり、それを理解できなかったりするのであれば、無価値に感じてしまうことになります

ここが難しいですよね
ほとんどの人は理解できるものか、もしくは周りに合わせた形でしか、価値を感じることができないので

じゃあどうすればいいのか
解決する手段はは2つあります
•社会が気づくことを待つのか

もしくは

•それとも気づかせるのか


気付かせるためには、ただ単にストレートに発信するだけでは不十分で、今ある社会のニーズを見極め そこに合わせた適した表現が必要になってくるので、難易度は高めです

でも 気づくことを待っていたら いつになるかわかりません

だから 僕は断然 気づかせることをオススメします

ものすごく大変なことだけれど、少しずつ変わっていく社会を中心で見ることができるのは面白いですよきっと


社会を変えるために そして自分のためにも、
行動しましょう あなたにはきっと価値がある

ちゃんちゃん(終)