みなさまこんにちは。
今日は久しぶりに暖かい気候で過ごしやすい日でした。

そんな日に僕は自分に違和感を感じました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3671.JPG
その違和感は僕の思いと僕の行動の違和感です。実はときどきこうなります。

僕の頭の中、もしくは心の中で整理がつかないときになることが多いです。

僕は子どもに機会を提供する活動をしています。主に3つの活動です。
  • 子どもがお金がなくて学べないのであれば、インターネットを利用して学習動画を無料で配信すればいい。
  • 児童養護施設の子どもが大人への不信感を持ち、大人を信頼することを恐れているのであれば、僕たちがまずそれになればいい。
  • 不登校やひきこもりの子どもたちが学校に行けないのであれば、学校外で学べる居場所を作ればいい。
僕は上記のような考えで、1年半活動してきています。これが僕の行動です。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

しかし今日の僕の考えは、
もっともっと広く大きな考え。
根本的な考え。

子どもを出発点として、どう教育していくか。

そんな考えに至っています。

今すでに存在する課題に向き合うのではなく、社会の中で新たな慣習、ここでは子どもの教育の方法について、どう生み出していくのか。

今ある社会をひっくり返して、よくしてしまおうという考え方です。最初から作り直しです。

何にも答えは見つかっていませんし、頭の中はグチャグチャです。本当グチャグチャ。
混乱しています。悪い意味ではないのですが。


でもそんな頭でも1つだけわかります。
それは子どもを幸せにすること。
それだけは真実であってほしい、そう思います。まとまりのない文章失礼しました。


追記 (今日の学び)
  • 学校の宿題多いよね。
  • 子どもに社会を知らせることもいいね。
  • 経済以外の物差しも必要だよね。
  • 自分1人では生きていけないよね。
  • 人を認め、尊重することは大切だよね。

あ。わかった。これは全体の子どものお話なんだ。そもそものお話。みんなに必要なお話。
こういった全体を良くすることで、マイノリティな子どもたちが生まれづらくなるかもしれない!
ブログを書いた後、わかった気になることができました。ありがとうございます。笑