おはようございます

僕は基本毎日、車で最寄りの駅まで向かい、通勤しています

朝が弱いこともあり、ほとんどの場合 ギリギリです w

間に合うかどうか。そんな日もあります。
そんなとき、左側の方でとまっている車があります。"入れてくれーっっ"と待っています。

"どうぞーっっ!!"と言いたい

だって 1台を入れたとしても 時間はそんなに変わらないし

しかし 入れてあげないこともある
ごめんっ..と通り過ぎてしまうことがあります

一方でたまたま早く出発して自分の中でとても時間的に余裕を感じるときは、"どうぞーっっ!!"をやり過ぎて、2台も3台も入れてあげてしまい、自分が前に進むチャンスを逃したりする w

自分の後ろにも車があって急いでいるかもしれないのに。そこはいつも反省しています。

基本スタンスとしては、「入れてくれー」と言われたら、「どーぞー」が僕のスタンス

しかし 自分に余裕がないときには それができなくなる

これは何も車の話だけではないのかもしれません

人は自分に余裕、しかも安心できる余裕がないと、手をさしのべることが難しいのではないのかなぁと感じることがあります

それは1つの事実なのかもしれません

ただ 僕はそれだけではない人もたくさん知っています。それが正しいとか正しくないとかではなくて。

余裕がない人は自分のことをまず満たさなければならないと思いますが、その余裕の量が問題なのかなと思います

人によって安心できる余裕の量はきっと異なっていると思います 

もし仮に余裕の量を定量化し、50の人が2人いて、客観的に同量。しかし 安心できる量が1人は50で、もう1人は40だとしたら、1人の人は10だけ手をさしのべられる。

不安かもしれないけれど、その理由のほとんどは明確ではなくて、漠然としたものであるように思います

その漠然としたものは きっと社会が作り出しているものです

その 社会を変えることは大きな力が必要です
でも自分を変えることはできます
自分で考えることができれば、漠然とした不安はなくなるのではないでしょうか

人はこの先が明確になれば安心して行動するはずです 少なくともわからない状態よりはずっといい。

話のスケールが随分大きくなってしまって申し訳ありません...

まとめると、
人は余裕がないと人に手をさしのべられない。でも 余裕がないと思っているのは、漠然とした不安が原因であり、自分で考え未来を少しでも明確にしていくことができればステキかも!

という話でした。

ちゃんちゃん(終)