おはようございます
気づいたら もう8月も終わりですね

子どもたちも 夏休みが終わり、学校がまた始まる時期になりました 
夏休み明けは私たちが取り組んでいる社会課題の1つ「不登校」が顕在化する時期でもあり、子どもの自死が増加する時期でもあります

そこで今回はタイトルのテーマ、
「適応できない人にとっての選択肢の重要性」について書きたいと思います

•••••

例えば 皆さん 今働いている職場環境に適応できず、本当に辛い状態になったらどうしますか?

「生活のためだから我慢する」
「少し休んで また頑張る」
「辞めて、違う仕事を探す」

このような意見もあるのではないでしょうか

そして よくご覧ください。

「少し休んで また頑張る」
「辞めて、違う仕事を探す」

この2つは「別の仕事」という選択肢があることで実現できていると考えられます。

「少し休んで また頑張る」

これも 頑張るところまで頑張ってみて、ダメだったらまた考える、辞めればいいと思えるから 頑張れるのかもしれません。

僕は頑張ることを続けるためには そんな逃げ場を持つ考え方が重要なのではないかと日々考えています 逃げ場があるから乗り越えてみよう、挑戦してみようと思える人もいるはずです

•••••
ここまで具体例として大人の仕事について考えてみました 一方で子どもはどうでしょうか

例えば「学校」以外で 子どもたちに選択肢はあるのでしょうか ないのであれば適応できない場合、どうすればいいのでしょうか

逃げ場がなければ 休めないし 頑張れない

僕はそう思っています
だから 僕は学び場の選択肢を作るために、
フリースクールを運営しています

選択肢の存在は不登校を助長するわけではなく、不登校をなくす、つまり頑張れる人を増やす効果が期待できるはずです

誰にでも選択肢を。

ちゃんちゃん(終)

追記
本日より不登校の自死を防ぐためのプロジェクト、学校行ったふりプロジェクトを実施しています。内容としては フリースクールの無料開放です。死ぬくらいなら ここで生きよう。

こんばんは 
梅雨も明け ものすごく暑い毎日が続いていますね..僕も体の奥の方が ものすごくダルい感じがしています まだ適応できていないです

でも 夏はやっぱり気分が盛り上がってくる時期でもあると思うので、徐々に暑さに慣れていくことを自分の身体に期待したいと思います..!!

さて今回のテーマは"寛容"です
上記の記事に書いてありますが、日本は寛容さが世界92位となっており、寛容さが足りない国柄なのかもしれません

あなたは思い当たることはありませんか?

仕事でいえば 

離婚や貧困、犯罪や事故、さまざまなものに対して自己責任という考えを持っていませんか?

寛容さは相手に求めることではありませんし、もちろんあなたに求めていることではありません

しかし 寛容さがあることは、あなたの幸福度にもきっと大きく影響しますし、今よりもきっと生きやすくなると思います


....では本題。寛容になるために必要なことをここに書きます それは

自分の価値観や物事を判断する"ルール"を持つこと

です

相手を許せなかったり、ムカムカしてしまう理由のほとんどは、自分が自然に選択している、でも本当は不満を持っている社会のルールに相手が適応していないことが原因です

「自分も〜だけど、〜しているのに、あいつはなんで〜なんだろう」という考え方です

自分のルールがなく、社会のルールに属していると、相対的に自分と相手を比べてしまうんです

そして残念ながら、自分の頭で考えられないほとんどの人は社会のルールに属してしまいます

だから 大事なことは自分の頭で考えることです

そしてもう一つ大切なことは相手に関心を持つことかなと思います

よくある考え方に 関心があるからこそ、許せない。関心がなければこんなこと言わないよ!的なものがあります
だから 寛容になるためには 相手に関心を持たなければ、何も思わないし 言いたくならないから、いいのかもしれない...と

そんな風に思う人がいます

でもそれ違います
無関心な状態は寛容でもなんでもありません
寛容とは相手を受容するということ
そのためには 相手への関心そして愛情が必要だと思っています 

最後になりますが、僕は寛容さは自分で身につけるものであって、相手や社会にこちらから求めるものではないなと思っています

ご注意を

ちょんちょん(終)

痛ましい事件が起こりました
以下引用

•••••••
京都市消防局によると18日午前10時35分頃、京都府宇治市に本社があるアニメーション製作会社「京都アニメーション」の京都市伏見区にあるスタジオで、爆発音とともに火災が発生していると、毎日新聞NHKニュース共同通信など報道各社が速報で伝えた。NHKニュースによると、京都府警捜査1課の話として、京都アニメーション(以下、京アニ)に関東在住の41歳の男が現場近くで購入したというガソリン40リットルをまき、火をつけた。男の身柄はすでに確保されているが、本人も足などにやけどを負い、意識不明の重体だという。最新情報では、建物にいた全76人のうち、33人が死亡、36人が重軽傷、7人が無事だったとしている。放火事件としては平成以降で最悪の事件となった。また、現場近くには複数本の刃物とハンマーが落ちていたと報じられている。NHKニュースによると、京アニの八田社長の話として、「数年前から殺人予告のようなものが会社宛てに届いていた」という。警察は19日午後に会見を開き、事件の概要に関して説明するとした。
••••••••

私の友人は京都アニメーションの方々がつくった、"聲の形"の大ファンであり、悲しみと怒りが混ざる感情を抱いておりました

34人もの尊い命が 1人の人間によって一瞬で失われてしまったこと、本当に遺族の方々にお声がけする言葉が見つかりません

ご冥福をお祈りいたします

私はこの事件を知り どんなにセキュリティを強化したとしても、防げないものがあることを改めて実感しています 自分がもし、大切な人がもし、このような事件に巻き込まれてしまったとしたなら...考えたくもありません

だから今回、私はこのような事件の加害者を1人でも減らすために必要だと思うことを書きたいと思います 

私の中のキーワードは2つあります
それは"孤立"そして"愛"です

孤立とは 社会関係資本がない状態です
簡単にいうと 一人ぼっちではなく、独りぼっち
物理的に1人という状態ではありません
家族も 友達も 地域とのつながりも 組織としてのつながりもない状態です

誰にも関心を持たれない状態と定義してもいいかもしれません

私は 孤立という状態はある意味無敵状態になってしまうのかもしれないと思っています
誰のことも心配する必要がなくなってしまうため、ある意味何でもできる 
自分のことだけ考えればいい 

迷惑をかける人も 
心配してくれる人も 
悲しんでくれる人も 
怒ってくれる人も 
喜んでくれる人も

いない

もし 1人でも 側にいてくれる人 関心を持ってくれる人がいるなら その人のことがきっと 何かを引き起こす前に浮かんでくるかもしれません

家族がいない人は 少子化や未婚化を考えれば今後きっと増えてくるでしょう
だからこそ 今回の事件をきっかけに、孤独の課題感を自己責任にしないで、今まで家族や友人任せにしていたつながりを、地域社会や組織社会でも作っていく必要は高いのかもしれないと思います

そしてもう一つのキーワードの”愛”
孤独の課題感と似ていますが、ここでいう愛は

与えられた愛です

与えられた愛とは 今まで人が受けてきた愛です 親や友人 彼女や配偶者などさまざまありますが、1番大切なものは 親から受けたものだと思います

幼少期 どれだけ お父さんやお母さんなどから愛を受けてきたか それがすごく大切なことだと思います

"あんなに愛してくれたお父さんやお母さんが悲しむことはしたくない"

自殺や犯罪はこのような感情の有無が重要であると聞いたことがあります

子どものときに どれだけ 愛され 大切にされてきたかは ずっと影響していきます

依存と自立はサイクルです
愛された 大切にされたは 孤独を防ぐことにもつながってくるのです

私は 孤独ではなくて、愛も受けてきた人は事件を起こす確率も すごくら小さくなると思っています

是非 自分や大切な人を守るためにも ここで書いたことを少しでも考えてくれたら嬉しいです

まとまりませんがこの辺で

ちゃんちょん(終)

私たちNPO法人ターサ•エデュケーションは、
すべての子どもたちが未来にときめく社会を目指し、子どもの貧困 社会的養護 不登校といった社会課題解決に挑戦しています。

社会的擁護児童は親に大切にされた経験がありません。そしてひきこもりの80%以上は不登校を経験しています。

私たちはこれらの子どもたちに支援を提供することにより 子どもたちの未来を作るとともに 安全な社会も作りたいと考えています

そんな活動を継続発展させていくために、
現在マンスリーサポーター(月額300円〜)を募集しております。
皆様のご支援 ご協力 今後ともよろしくお願いいたします。

↑このページのトップへ