_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3948.PNG
みなさんは「伝えること」は得意ですか?
伝えるためには、相手がいて、相手のことを考えなくてはいけません。

僕は、相手を考えて話すことが苦手です。
最近気づくことができました。

僕は今NPO法人の発起人として、そして、リーダーとして活動しています。

こんな僕に付き合ってくれる仲間がいて、もう少しで2年になります。

その仲間たちと活動をはじめ、たくさんの方々と話を重ねる中でようやく気づくことができました。

•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

僕が話す言葉。
その言葉を単純に「熱さ」としてとらえてくれる人もいます。

しかしながら、相手の気分を害するとまでいかないにしても(いや行っているかもしれない•••)、
「何言ってんの?」
「どういうこと?」
と捉えられることも少なくありません。

最初は伝わらないことを自分の知識が足りないから伝わらないんだ、わかり辛いんだと思っていました。だから 勉強しました。
でも 伝わりませんでした。

次に伝え方の技法について勉強をしました。
でも 伝わりませんでした。

最後には相手のせいにしました。
相手が理解できないから仕方ない、関心がないんだ、そんな風に諦めがでてきました。

でも 僕はそれを諦めるわけにはいきませんでした。
僕たちの活動はたくさんの人たちに課題を知ってもらい、関心を持ってもらうことも重要な活動だからです。

悩んで、考えて、聞いて、考えて。
そしてついに気づくことができました。

僕は、言葉と話していたのです。

この言葉には、この言葉を。
その言葉には、その言葉を。
あの言葉には、あの言葉を。

目の前にいる人と話さなくてはいけないはずなのに、目の前の人が発した言葉に返していました。

要は、受け言葉に対して、反射的に、脳を介さず言葉を発していました。つまり、誰が言った言葉なのか、そんなことは全く考えていませんでした。

会話は卓球でいえば、ラリーだと思います。
相手が取りやすそうな場所に打って、それを返してもらう。それが会話だと思います。

しかしどうやら私はスマッシュを打っていたようです。

その結果会話にはならないということです。

会話にならないだけではなく、

意見を否定しているように感じさせたり、バカにしているように感じさせる効果もあるようで、いいことが全くありません。

だからもっと相手のことを考えて話そう、相手と会話をしようと思いました。でも、なかなかできません。

そんなとき、ある方から1つの解決方法を教えてもらうことができました。

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

それが今回のテーマ、

5秒ルール

です。

やり方はとてと簡単。

1.相手の話を聞く。

2.相手の話を反射的に返すのではなく、心の中で5秒数えてから話す。

それだけです。

5秒待つだけで何が変わるのか?
僕は新しい世界を見ることができました。

その5秒はとても長いです。
その間 自然に相手の顔を見ます。そしてなんとその後に、相手のことを考え始めるのです。

さらにすごいことに、相手が話を続けます。
僕は相手がすでに言葉を出し切っていたと思っていたのに、まだ言葉があったのです。

その結果 相手が話す時間が長くなり、より相手のことを理解することができました。

たったの5秒でここまで変わるとは思いませんでした。

僕は未熟者。

この5秒を意識し、少しずつ自分が相手を考えられる人間になっていきたいと思っています。















3月は旅立ちの月。
僕は僕自身も通っていた小学校でPTA会長を務めており、先日卒業式にて挨拶をさせていただきました。

僕の娘は小学校2年生。

通常は小学校6年生の親御さんが務めることが多いPTA会長ですが、子どもの教育の活動をしている自分にとって、学びの原点ともいえる学校現場を知れる機会とのことで、ちょっと珍しい「立候補」という形で会長に就任しました。

さまざまな場面で挨拶することが多いPTA会長ですが、僕は特に緊張することなくこなしていました。

しかし、卒業式は違いました。

会場の雰囲気もとても静か。
子どもたちも、学校の先生も、そして親御さんもおそらく、思い起こすことがあるからでしょうか。

その中で僕はどんな温度で話すことが適切なのか、悩みました。

悩んだ結果、結局親の立場になって、自身の娘が卒業すると思って自身の娘に伝えたい話をすることにしました。

僕が話したことは以下のとおりです。

•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••
お祝いの言葉

6年生の皆さん、卒業おめでとう。
皆さんが小学校を立派に卒業されることを、心より嬉しく思います。
今日の皆さんの卒業を私以上に喜んでいるのは、指導を行ってきた先生方、そして皆さんのお母さん、お父さんでしょう。

今きっと君たちのお母さん、お父さんは、みんなが小学校に入学した、今よりもずっとずっと小さな頃を思い出しているはずです。

あんなにも小さかった君たちがこんなにも大きく、立派になった。

嬉しくもあり、寂しい。
そんな矛盾した感情を抱いているかもしれません。

これから君たちは中学生になり、新たな出会い、新たな学びを経て、今よりももっともっと大きく成長していくことでしょう。

それは本当に嬉しい。

しかし、これだけは忘れないでください。
君たちが「子ども」から「大人」に変わっていくとしても、私たちよりも大きくなったとしても、君たちはずっとお母さん、お父さんの大切な大切な子どものままです。
当たり前のことかもしれないけれど、それを忘れず、みんながみんな、健やかに育つことを願っています。

結びになりますが、校長先生をはじめ教職員の皆様、6年間のご指導本当にありがとうございました。そして保護者の皆様、6年間のPTA活動にご協力いただきありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

皆さんのこれからの活躍に期待します。

平成29年3月22日 PTA会長 市村均光
•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

当事者じゃない僕が発した言葉。
薄っぺらい内容だけど、親と子どもに向き合いました。

僕の子どもは小学校2年生。

あと 4年後には、あのお母さん、お父さんたちと同じように涙を流しているんだろうな。





人を巻き込む。

言葉として記すと、シンプルなものです。
だから、なんだかできそうな気がする。。。

しかーし、僕には難易度高めです。

人を巻き込むということは、原則巻き込む側がいます。そしてその人は、きっとやりたいこと、成し遂げたいことがあるはずです。

いわばその夢に向かって進んでいる船に、
乗ってくれ!と声をあげるわけです。

乗りますかね?
みなさん乗りますか?

もし乗る場合にはきっと条件があるはずです。

誰だったら乗りますか?
どんな夢だったら乗りますか?
どんなメリットがあったら乗りますか?

例えば、僕がいて、僕が言って、僕がメリットを伝える。しかし、人間は十人十色。僕と同じように考える人には、なかなか出会えないものだし、僕以外にも同じような活動している人はきっとたくさんいる。

だから、僕が人を巻き込むなんて簡単に言うべきではないのかもしれない。

でも、1人でできることには、量にも質にも限界がある。じゃあ どうすればいいのか。

1つの答えを先日教えてもらいました。
それが「混ざりたくなるようにするしくみを考えること」
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3785.JPG

混ざりたくなるためには、どうすればいいのか?

まずは自分が抱く夢に向かって頑張る姿を見せることも1つの方法。応援してくれる人もいるかもしれない。

でも夢を追う中で、ときにはハードな日々を過ごすことになります。

そんな姿を見て、人は混ざりたい!と思うのでしょうか。

おそらく、思わないはずです。

頑張っている姿をみせて、その結果ヘトヘトになっている姿をみせる。
これでは、混ざりたいとは思いません。

わざわざハードモードの人生を歩みたがる人はなかなかいませんから。

だからそこには見せ方の工夫が必要なのかもしれません。(工夫ですよ工夫。)

想像してください。
みなさん どんなときに 「 混ざりたい 」と思いますか。


ここで少し昔話を。
僕が小学校のときにとても流行っていたテレビ番組がありました。僕はその番組を見ていませんでした。しかし、クラスではその話題で持ちきり。

さて、僕がとった行動想像できますか?

そうです。そのテレビ番組を見ました。

クラスのみんながあんなに楽しそうに会話をしていたから。そして僕もその話題に混ざりたくなったから。

つまり、つまりですよ。
人は楽しそうな集まり、楽しそうにしている人たちを見ると、混ざりたくなる傾向があるようです。

今までも十分楽しんでいるけれど、その楽しさがきっと周りに伝わっていないと感じます。

だから、これからの僕は楽しそうに活動することに決めました。大変なこともあるけれど、笑顔を忘れずに、心から今の活動を楽しみたいと思います。

利他主義から超利己主義へ。
うわべではなく、心から。

読んでくれた皆さん、ありがとうございます。







↑このページのトップへ