みなさま おはようございます..!!
新型コロナウイルスの影響により 社会の閉塞感が続いております 僕もなんか元気が出ません..

ただ こんなときだからこそ いつも見えないものが見えてきて、視点が広がることもあると思っています

みなさまは学校休校についてどう考えているでしょうか

あれよあれよと気がつけば 5月末まで、期間でいえば3ヶ月の間 子どもたちは学校に行けない状態が続いております..

保護者の負担も本当に大きいことは 僕自身も当事者として強く感じています

ただ僕が最も危惧していることは ますます子どもの学力格差が広がっていくという現実です
Vn9gCRM8Q7.jpg
学校はみなさまもご存知のとおり、子どもたちの学びのインフラです

それを失っている今 2つの理由で学力格差が広がると考えています

1つめは単純に教育機会を損失するということ
つまり教育格差です 
特に公立学校以外の教育機会がない子どもにとっては大きな影響があります 
しかしこちらは元々存在する課題であり、この課題解決のために私たちは活動しています

NPO法人ターサ•エデュケーション
もう1つは学習が子どもの能力や意志、そして家庭に任せられてしまうこと

すなわち本当の意味での"学力(学ぶ力」"に左右されます

休校期間中 学校から多くの課題(宿題)が出されているケースが多いようです
自分で学ぶことができたり、自宅で教えてくれる保護者がいれば問題はないかもしれません
しかし 子どもによっては自分で学ぶ習慣がなかったり、または取り組んでも1人では理解することができません そしてそんな子どもの多くは学力が低く 学習に対する意欲が低いはずです

その結果 もともとあった学力の差 つまり学力格差がさらに広がるはずです

YouTubeやテレビによる学習動画配信も"学ぶ機会"を提供しているにすぎず、各家庭の保護者や子どもたちの能力や意志任せになっています

この状況を解決する有効な手段は何なのか
理想でいえば 子ども一人一人を支える大人 フォロワーがいることが望ましいと考えます 

ただこの解決策を実現するためには フォロワーの確保とそれを届ける手段(オンライン環境の整備など)が必要です

フォロワーの確保の面でいえば 子どもの1番のフォロワーとなり得る大人はやはり保護者ですが、経済的にも不安定な状況であり、子どもの学習を働くことよりも優先することは難しいと感じます

だからこそ 今こそ 子どもはみんなで社会で育てようという雰囲気が必要になってくるような気がします そうすれば学校や家庭に依存してきた子どもの教育が変わっていくかもしれません

このブログを読んでくれたあなた
是非 一緒に考え行動しませんか
いつでもご連絡お待ちしております..!!
それではまとまりませんがこの辺りで
ちゃんちゃん(終)

私たちNPO法人ターサ•エデュケーションは、
すべての子どもたちが未来にときめく社会を目指し、子どもの貧困 社会的養護 不登校といった社会課題解決に挑戦しています。
現在マンスリーサポーター(月額500円〜)を募集しております。

NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報|Syncable
NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報です。団体のビジョンや取り組む課題、事業内容等を掲載しています。 寄付をはじめとして、団体のために個人が寄付を集めるファンドレイジングキャンペーンの作成等、 様々な形での支援をすることができます。
syncable.biz
皆様のご支援 ご協力 今後ともよろしくお願いいたします。

おはようございます..!!
桜が綺麗だな..と思っていたら突然の雪。
桜も大分散ってしまいました..

1年に一回の素晴らしい景色を長く楽しめないことは本当に残念です..

さて 今回は嫌われる勇気について考えてみたいと思います

大ヒットした"嫌われる勇気"
アドラー心理学に基づいた素晴らしい著書であることは周知の事実かもしれません

ただ 今回僕がお伝えすることは、本の内容ではなくて、単純に"嫌われる勇気"の本当の意味について僕なりに解釈した内容をお伝えしたいと思います

嫌われる勇気という言葉から伝えるメッセージ。
それは、
「人の目や評価なんて気にしないで自身のやりたいことにまっすぐ進んだらいいやん!」
一般的にそんな言葉を伝えてくれていると思います。

でも勘違いして欲しくないことは、
"好かれなくたっていい"
ということではないと思います

あくまで 「人目を気にしてきて人は、気にしないで自由に生きたらいいやん!」というメッセージであって、好かれなくたっていいとは伝えていないはずです

むしろ 人に好かれるということは、どんなに優秀な能力があっても、勝つことができない素晴らしいものであると思います

人に好かれる、つまり人気がある人 人が集まる人は言ってしまえば何でもできる状態になります

なぜなら 1人でできることは限られるから

人に好かれるために自分を殺す必要はないかもしれないけれど、人に好かれることは素晴らしいことであることは忘れてはいけない、僕はそう思います

そんなこんなで終わります
新年度も頑張っていきましょう!

ちゃんちゃん(終)

私たちNPO法人ターサ•エデュケーションは、
すべての子どもたちが未来にときめく社会を目指し、子どもの貧困 社会的養護 不登校といった社会課題解決に挑戦しています。
現在マンスリーサポーター(月額500円〜)を募集しております。

NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報|Syncable
NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報です。団体のビジョンや取り組む課題、事業内容等を掲載しています。 寄付をはじめとして、団体のために個人が寄付を集めるファンドレイジングキャンペーンの作成等、 様々な形での支援をすることができます。
syncable.biz
皆様のご支援 ご協力 今後ともよろしくお願いいたします。








おはようございます!!
2月ももう終わりますね..コロナウイルス怖い..
今年に入って2ヶ月 あっという間ですね..やば。

さて 本日のブログのキーワードは"納得"です
皆さんはどんなときに人の話を聞いて納得するでしょうか?

わかりやすい説明されれば納得するかもしれません。そして わかりやすい説明とは、合理的かつ建設的です。できるだけ具体的に、イメージしやすいものだと思います。

でもね どんなにわかりやすい、これでもかっ!という最高の説明しても、納得できないことってあるんです。

それをまず知ってください。

人が納得できない原因は3つあります。

一つめはあなたと相手の前提が違うから
あなたが当たり前と思っていることと、相手が当たり前に思っていることは違います。
そうすれば必然的に 納得できない部分はどうしても発生してしまいます。
そのため 相手の前提と自分の前提が違うことを理解し、まず相手の話聞き、相手との前提を知り、それをすり合わせることも大事です。

二つめは あなたのことを信頼していないから
寂しいことですが、こうした現実もあります。
人があなたを信頼する要因は長年の付き合いやあなたの実績や経験です。
そのため 相手が納得しない場合には 今のあなたと相手の信頼関係では納得することができない内容である可能性がありますので、内容自体を見直す必要があります。

三つめは 人は感情で動くことが多いから
あなたの言葉の伝え方に問題はないでしょうか?
「なんだこいつむかつくな...」と思われたら、
何を言っても無理 絶対納得してくれません..
あなたもそうではないでしょうか?
そのため まずは相手の表情を確認し 感情にも十分配慮しながら、言葉を選び 説明することが重要です。

長くなりましたが、 最後に最もわかりやすく 大切なことを書きます

納得しないことを相手のせいにしてはダメ

だから 自分の伝え方や関係性に問題があると思わないとダメ

結局自分自身しか変えることはできないのだから

ちゃんちゃん(終)


私たちNPO法人ターサ•エデュケーションは、
すべての子どもたちが未来にときめく社会を目指し、子どもの貧困 社会的養護 不登校といった社会課題解決に挑戦しています。
現在マンスリーサポーター(月額500円〜)を募集しております。

NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報|Syncable
NPO法人 ターサ・エデュケーションの団体情報です。団体のビジョンや取り組む課題、事業内容等を掲載しています。 寄付をはじめとして、団体のために個人が寄付を集めるファンドレイジングキャンペーンの作成等、 様々な形での支援をすることができます。
syncable.biz
皆様のご支援 ご協力 今後ともよろしくお願いいたします。








↑このページのトップへ