タイトルだけで中身に「街」の要素はありません。あしからず。

転職します
前略。 
8月31日付でLINE Fukuoka株式会社を退職して、9月1日から株式会社メルカリに籍を移します。
正社員としての在籍期間は2年5ヶ月、内定後のインターンシップを合わせると3年2ヶ月でした。
8月22日が最終出社日でした。 今は東京に居ます。
せっかく関わったプロダクトなのでここに書くよ。  

現職(LINE)について 
本当に楽しかったです。新卒で初めての会社がここで、ちょうどこの時期のLINEに[1]参加できたことは本当に幸運だった。 
良いところを挙げていくと枚挙に暇が無く、大体良いところは広報に出ているので、あと一人一人の同僚に向けたメッセージを書くと大変なことになるので。それとは別に僕が主観として感じている事を幾つか。 
何よりも僕がこの会社と同僚に感謝しているのが、仕事をしていく上で「若いことに対する理不尽」を感じなかったという点です。若いやつは雑用からという残念な文化は存在しませんでしたし、僕の発言や提案に対して、若い事を理由に否定されたことは一度もありませんでした。普段の素っ頓狂な行動[2]と、仕事について切り離して評価してもらえたのも良かった。
無茶苦茶なスケジュール[3]に対して、チームとしてNoと言えるのも良かった。裁量労働制ではありましたが、「定額働き放題」が常態化するようなことはありませんでした。8時間を大きく超えて勤務したのも、3年間で数えるほどしか無く、良いワークスタイルでやっていけたのだと思います。
エンジニアに限らず、常にお互いにリスペクトを持って仕事をしているなと感じる場面が多かったのも嬉しかった。新卒で入りたての頃は、僕はあまりリスペクトする、と言うことが出来てなかった気がするけど、ちょっとは出来るようになったのかな?
いずれも所謂Web系の企業の文化として、他社においても似たようなものだとは思いますし、そう願っています。それでもやはり、社会の理不尽さが無い世界が実際にあると知れたのは大きかった、きっとこの先も僕は生きていけると思います。  

転職の理由 
この半年ほど、自分自身のエンジニアとしての価値はどうなのだろうと考える機会が幾つかある中、たまたま声をかけて頂いて、じゃあプロジェクトの切り替わりの時期にちょっと考えてみようかな、と思った結果、今の状況に繋がりました。 
色々考えたんですが、自分自身の年齢(26)や、これからのキャリアを考えたときに、今ここで踏み出さないのは有り得ないなと、前半期の振り返りの時に上司に打ち明けました。[4]
勿論会社に不満が無いと言えばそれは嘘で、漠然とした不満はあって、でもそれは、自分の給与や昇給が妥当なのか不安がある[5]とか、オフィスグリコがショボいとか、新卒研修が微妙だったとか、パスワードを定期的に変えろと言われるとか、Atlassian製品のUXがよろしくないとか。多分それはどこの会社に居ても、どうあっても感じてしまうものだったと思います。 
色々な偶然や判断の連続で、不満の中には特に決定打になったものもなかった。それでも結果は変わらなかったと思えるなら、きっとそれは「空が青かったから」[6]と形容するのが的を射ているのかもしれません。 
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5167.JPG

福岡について 
学生時代から9年間住みました。住みやすい良い都市でした。ご飯が美味しいのと、空港が近いのがとても良い。空港に関しては本当に便利で、オフィス(博多駅)から1時間前に出れば国内線なら余裕でOKというのは福岡ならではの環境だと思います。 暫く東京に住んでみる機運が高まってきたので消耗しに行きますが、最近は福岡にIT企業のラインナップが揃ってきていて(おそらくこれからも増えていくでしょう)、将来またチャンスがあれば、もう一度福岡で働いてみたいと思っています。今度は飯塚じゃなくてもうちょっと博多の近くに居を構えよう。  

💰 
給与は上がったけど生活費も爆上げなので可処分所得は減る見込みです。今までが安すぎたのも多少はある。  

∞🍶 
ここ半月ほど、ほぼ毎日ワイワイやってました。暖かく送り出してくれる、また「送`別`」と表現しないでいてくれる事に、ああ、ここに居て良かったんだな、と繰り返し感じていました。 思い出話とか成長したねとかサプライズの贈り物とか、泣きそうになるのでそういうの勘弁してください。[7]
あと僕が何ヶ月で福岡に戻ってくるのかを予想するのは(僕の目の前でそれをやるのは)、いくら何でもやり過ぎなのではw[8]
サプライズの贈り物は、手紙も入っていて虚を突かれたのもあり、正直かなり危なかったのですが、手紙と一緒に入っていた保証書のおかげで決壊せずに済みました。それも、もしかしたら粋な気遣いだったのかしら。

引越し失敗 
搬出は失敗しなかった。後は役所に行けば成功です。役所仕事は非常に難しい…
個人事業の移管もあるな…まずいぞ…

ᔦꙬᔨ 
エリアSヤグラSホコAランク36。 時間もやる気も厳しい。ランクだけ上がりがちなのはやる気が厳しくナワバリに篭りがちなため。やる気については割愛。  

まとめ 
  • LINEからメルカリに移籍します
  • 福岡もLINEも良かった
  • インクから青系色削除してハイプレ修正しろ  
  • ↓新生活に皆様の暖かいPRをお待ちしております

じゃあ、またね。

--
[1] 新卒で内定を貰ったとき、僕が10人目のメンバーでした。今は80人近くまで増えました。
[2] 会社にミニセグウェイを持ち込んで乗っていたのは僕です。次の会社にも持ち込むぞ。 
[3] 「この日にこのプロジェクトリリースしたいんだよね〜。作るものは、決まってないよ。」みたいな奴。モノが決まってないならケツは決まらない。
[4] 実はこの時はまだ内定が出ていなかった。悪いようにはされないだろうという信頼があったので打ち明けられたんだと思う。
[5] 同僚の給与も含めて全てが見えないので、転職活動でしか相対的な価値を知れないのは厳しい。上昇分について偏差値的なサムシングはあっても良いんじゃないかなぁ。
[6] 多分『異邦人』の「太陽が眩しかったから」のパロ。どこかで聞いた記憶のあるフレーズだけど思い出せない。
[7] 度々「人間ではない」「プログラムでは」とか言われてますが、一抹の人としての感情は残っています、多分。
[8] 1,2,3,6ヶ月が人気でした。1年以上が全く出ていなかったので、僕はこっちに賭けますね。インサイダーとか言わない