こんばんは

ちょっとコロナ騒動でバタバタとしていて 空いてしまいました〜

昨日は私の住む神奈川県でも初めての緊急事態宣言が出されました

海外から比べると 緩い、という感じのする緊急事態宣言でありますが 日本人って えらいなぁと
まだ要請なのに お店閉めたりしたら 自分達がすごく大変なのに それでも誰かの感染源になってはいけないと休業する店舗もあり
その決断に至るまでの苦しい気持ちを思うと1日も早い終わりが来る事を切に願います

日本人って 自己を犠牲にしても 他の為に行動出来る強さを持っている 唯一の人種のような気がしますし
天皇陛下の霊力の事や 日本人ってすごいって思うことが 多々あります

このコロナウィルスのために 私の仕事もほぼすべて無くなり 正直この先どうなるんだろうという不安もありますが
ほかに思うことも 多くありました

知り合いの会社を経営する社長さんが コロナ騒動でこんな話をしていました

 『いや〜お金がいくらあってもこればかりは 何の役にも立たない、見えないウィルスは お金持ち関係なく感染リスクがある。
まさかお金で解決出来ない事がこの世の中で
ぼくが生きてる間に起きるとは想像してなかった』

と。 

そうなんですよね

お金あるとか無いとか関係なく 誰を感染させるか分からないウィルスに怯えてるのは みんな一緒なんです

お金持ちとか 貧乏人とか関係なく

皆ほんとうは平等なんですよね


ウィルスは 本当に大事なものは なんなのか、、、

私達 今 仕事が在宅になったり 無くなって 会社に行かなくなって
家に居て 家族と過ごす時間が増えて
家族と会話する時間が増えて 一緒に普段出来ないお料理してみたり 映画を家で観てみたり 出来ないお昼寝や マスク作るのにお裁縫をしているかもしれない
やりたかった  勉強にチャレンジ出来るかもしれない

それもこれも 普段は時間に追われて出来なかったこと

夫婦や家族との時間

私は限られた今世の時間の中で それがとても大切だよ

と教えられてるような気がします

他にも 日本が輸入に頼っている事
食料自給率を上げれば良いこと

日本の感染が海外に比べて爆発的で無いことを考えると
免疫を上げるために 梅干しや 海藻などの日本食が有効であること

などなど

日本人が昔からやっていた四季折々の習慣、食生活や 農作物を育てることも
いま一度 考えてみることも必要かな、と
感じます

この与えられた貴重な時間 SNSや インターネットから離れて 
昔のように 家族との会話だけの一日や
誰とも話さずに過ごす時間も 自分との対話をする大切な時間になるように思います



この機会にお勉強したいな、と思う方は ぜひ アニマルコミュニケーション講座を

誰かの役に立ちたいと思うなら
レイキを習得してみてください