先日 私の友人の可愛い可愛いインコちゃんが お空に帰りました

仕事がら 何度かお預かりをした事もある子は
とても可憐で美しい子でした

飼い主さんは 普段会社勤めをされていて

平日の日中は もう一人のインコちゃんと 2人お留守番してくれていました

病気が見つかったのは 昨年のこと

時々レイキヒーリングを送ったりしながら 応援していましたが

今日は朝から ご飯を食べない、と連絡があったその日は 土曜日

飼い主さんがお休みの日の夜でした

飼い主さんに抱っこをせがんで 手の中で 息を引き取ったそうです

ちゃんと 土曜日を選んでくれたんだね

なんて親孝行な子なんだろうね、って

その晩すぐに 霊園の方へ電話したら もう日付が変わりそうな遅い時間だというのに 折り返し電話をもらえて
翌日の日曜日に予約を取ることが出来て
それもびっくり

そこは 小さな動物さんに力を入れている霊園だそうで 小さなインコちゃんでもお骨を綺麗に残してくれるんです

そのため人気があり リピーターさんだらけで 遠くは飛行機に乗って九州からも来るそうで そんな所の予約が取れたのもまた その子が ちゃんと そうしてくれたかのようでした

私も私の家族も動物とたくさん暮らしてきましたが 偶然とは思えないタイミングだったり

日頃 ブログで見ている子達も そういう事が多いですね

ちゃんとペットちゃんは 飼い主さんのタイミングを考えて この日、と決めてるそうです

もちろん 私達が最期の時を こんなふうに、と思う内容が 個々それぞれ違うように 

またペットちゃん達も それぞれの決めた思いがありますから 飼い主さんの思うようにはなかなかいかない場合もありますが

私が仕事中に もしもたったひとりで 何かあったら、、、なんていう心配は しなくてもいいのかな、と 思っています


飼い主さんと 真っ白な愛らしい子との間の
強い絆と愛に感動した出来事でした

Tちゃん ありがとうね




3月の体験ワーク 引き続き受付中です