月別アーカイブ / 2021年08月

わたしは 思うに 子供の頃から感受性の強い子供でした
かぞくのことや 友人 他人の傷つくことや 社会情勢の不安まで
いちいち身体が受け止めてしまう

お布団に入って 眠るまで まぶたに映る映像のいろんな形や色を追ってみたり
死んだら じぶんはどこへ?? 今考えてる事とか どうなるのかなぁって それはすごく考えたりしていました
結局いつも答えは出なくて 眠ってしまうのだけど じぶんの想い 考え は このまま続くのだなと 確信していたのだと思います

私は 死を恐れていません

だからなのか 今を楽しく有意義に 今世で出逢った家族を何より大切にしているし 縁あって共に生きてくれるペットも友人も 限りある時間だということを意識して 大切に思っています

それと大事なこと 
私が今世 授かった肉体についても同じことです
いま わたしの周りには 報道とは違う
健康で元氣な人ばかりいます

でも その健康な人がテレビに影響されて 起きてもいない火事を消しに命がけで出かけています

命がけで起きてもいない火事を消化に行って
いつ爆発するか分からない爆弾を背負って帰ってきます

せっかく健康体なのに 爆弾背負って帰るって????

私は現代人は 感じるチカラや 考える能力をどこかに置いてきてしまったんだと思うんです

自然界にいる生き物は 地震の前に避難していたり 異変を察知したりしている能力を持っているのに
人間はただ怯えてシェルターに籠るだけ
どんどん 免疫は落ち 朽ちるだけ

そろそろみんなが目覚めなきゃいけない時期だと思う

友人が? 会社が? 有名人が? 政府が? 医者が? 

人間は 本来 お日様を浴びて 自然に触れ そこからエネルギーを充電していくものなんです

外に無造作に生えてる雑草を見れば分かります

誰が自然界で強いのかを

薬に頼れば薬に殺され 予防接種に頼れば予防接種に殺されるんです

自然界にあるものは なんの利害関係もないんです

そして 自然界のサイクル

生まれたら 死ぬ 

そのサイクルで生きている

今一度 見直してみてください

あなたの世界にこわいウイルスはいますか?

私はいません

そしたら 







最近とくに思うんですよ

世の中の不安って テレビから聞こえてくる
怖いわよ〜!!
ほら、危険よ!! 気をつけて〜
あなたも 危ないわよ〜!!

ってやつね

コロナ禍になって間もなく わたしは その不安感を煽るテレビによって 世の中の不安エネルギーを受けて 円形おハゲが出来ました

よって テレビの電源は引っこ抜き 
必要なニュースはネットニュースから拾う事にしました
ま、そのネットニュースも 話半分に聞いてる感じですが
毎日不安感しか煽らないメディアから距離を置く事で じぶん自身の軸がしっかりと保たれていることを感じています

わたしは ヒーリングや ワークの時
いつも 感謝は先取りだよ
宇宙にオーダーするのは 感謝が先よ、とお伝えしています

叶った願いを 先に宇宙にオーダーすることによって じぶん自身を整えていく

が…

みんな テレビを見て

あ〜なったらどうしよう、死んじゃうかも〜

だから〇〇しよう

起きても居ない不幸にじぶん自身を合わせ

そこで悩み 逆に無駄なココロとカラダを痛めているのが現状です

例えて言えば 火事を見て不安になって
うち 燃えたらどうしよう…!!って

先にじぶんの大事な家 じぶんで燃やしてるみたいなもの…

それ どうなの????

テレビやメディアか煽らなければ ほんとに同じように思ったかな?

自分自身の内なる声を聴くのは 

わたしは静かな時間、 が必要だと思っています
忙しすぎると ココロに余裕がなくて
大事な情報や エネルギーは入ってきません

現代人は忙しすぎるけど
1人のじぶん自神と向き合う時間があることが何より必要なんじゃないかなと思います

そして 起きても居ない不幸に合わせて生きるより

起こしたい喜びや幸せを願う生き方の方がずーーーーっと良い

だってわたし達は期間限定 
皆 平等に肉体の死を迎えるんだよ〜


うちなる声を聴くことなど
いろんなこと 学びの場としてお話しさせてもらっています












ん〜
いろんな伝えたい事はあるのだけど 言葉に出すのが難しい今ですよね

が… 
私は今 大変な問題になっている 予防接種を致しません
理由はいろいろあります

一言では言えないけど 一言で言うとすれば
それは 本能が『ノー』と言ってるからです

私は 脳は 騙されるものだ、と ワークの時も 常に皆さんに伝えています

例えば 尊敬している人や テレビに出ている有名人が話す事柄は
『すべて真実だと思ってしまう』
だとか
もしかすると わたし達が子供の頃から 学校で学んできた事 例えば教科書にある歴史さえも間違っているかもしれないのに
『そうなんだ』
と思ってしまう

身体に良い、と言われてるものが 本当は良くないのに 良いと思うとか 
医師が良いと言うものは 良い、と思ってしまうとか

私は常日頃 何を信じて良いのかを判断する時に
自分自身に問います

身体に嫌な感覚があったときは ノー
氣分良く感じる時は イエス

先日の記事に わたし達 一人一人の中に
神様が宿っていることを書きましたが

わたし自神に問うてみてください

それは どうかな…

その時 周りの誰のことも思うことはありません

家族や友人や 会社の人や 他の立場も考えないでやってみてください

ほんとうのじぶん自神は どう思うのか

絶対に間違うことがない方法は これだと思います

人に惑わされる事なく 生きていく
そんな生き方がこれからの時代 
とくに 女性には 求められる時代なのだと思います

それは 本能のままに動くこと

知的ではないとか 知性が足りないとか
言われても氣にする事はありません

これからは 脳に騙されて生きる時代は終わります

第一の脳と言われる腸や 第二の脳と言われる肌で感じる

すなわち 本能で感じる

それがいちばん 間違わない 生き方なんだと思います

わたしは先日 納得のいかない薬を処方された医師をチェンジしてもらうよう病院側にお願いしました
当然 理由を根掘り葉掘り聞かれましたが ちゃんと説明しました
薬の処方は患者がYES納得して出すものだということや
検査結果を求められた場合には 応じるべきとの話もしました
ごちゃごちゃといろんな問題があったので すべて終わってから 詳しくはお話しようと思っています

それから 打たなくては 会社での立場が悪くなるのではないか、とか
家族や友人間での歪みも心配して 嫌なのに
打つ方もほんとうに多くみられます

でも わたしは それでほんとうに良いのかな?と問いたいです

動物達を見てください

彼らは 本能のままに生きています

お日様を浴びて 生きる喜びを 全身を使って
表現し その美しいこと

ほんとうに必要なものは すべて 与えられていた

自然から離れるほどに 病氣になる

だとすると ほんとうに 予防接種は必要なのでしょうか…

同調圧力に負けてないでしょうか

わたしは たとえ 打たないことで
生きにくくなったとしても

わたし自神の神様に反く事の方をノーとしていきます
それが わたしの生きる道です

あなたの神様は何と言ってますか?


ご質問、ご相談は 個別に送ってもらってもお応えしません
カウンセリングをお申し込みください








↑このページのトップへ