月別アーカイブ / 2020年11月

こんばんは

今日は ちょっと難しいおはなし

わたしがスピリチュアルの世界に足を踏み入れた当初

『アリさんがそこにいるのを知っていて歩いて踏んでしまう』ことと
知らずに『無意識に踏んでしまう人』と どちらが罪が大きいと思いますか?という質問に
 答えられませんでした

ただ その答えを聞いて
そうなのだと思ったことを覚えていますが 今なら どちらの罪が重いのかすごくよく理解できます

今のあなたは どちらが罪が大きいと思いますか??


わたしたちは 日々いろいろな困難を乗り越えて生きていく

魂の進化のために ひたすら上を求めて生まれ変わりを繰り返していくものですが

解っていて 

例えば 他人をおとしめたり  詐欺行為もそうですね

理解していて 起こす すべての行為には責任が伴います

これぐらいいいよね、とか
誰かがなんとかしてくれるのよね、とか

お天道様はぜんぶ見ています

じぶん自身の良心と向き合うってことや

神様のもとで 鏡に向かうことの意味を 多くの文字や わたしがここで訴える言葉でなく

自分自身が あ〜、!!って

思えるその瞬間が すべての真理を理解できるその瞬間なのだと思います

ここ最近 日本人がGHQにより封印された靈氣や漢字
日本人をおとしめる歴史の改ざんを調べれば調べるほど
日本人の凄さを知り もっともっと〜❗️となっています

検索はGoogleがメインでしたが 最近は ダックダックゴーになりました

検索すると一番上に上がってくるサイトが変わりました
(GoogleもTwitterも みんな改ざんされてるからです)

わたしたちは (とくに女性は今は月で陰と言われているけど 昔は太陽で陽でした)
太陽の国 神国にっぽんに生まれることのできた 貴重な魂であることをもっと 多くの
女性が 理解し 本来のちからに目覚めていってくれたらいいなと思います

日本人は むかしはこうだったよ!!ってな話をご存知の方
ぜひ いろいろ聞かせてください^^











こんばんは

いつもの事ですがご無沙汰しています 笑

昼間そうだあれを書こうと 考えてはいるのに ようやくブログを書こうという時間になると 睡魔に襲われる日々です

本業の介護のペットシッターは 寝不足する事で判断が鈍ったりすると 命に関わる事もあるので 出来るだけ 規則正しい生活をしていたりもしています

ここのところお伺いしている介護シッター先の猫ちゃんは なんと飼い主さんと同じ病気を持っていて
今回は飼い主さんが入院している間のご依頼でした

が 飼い主さんが体調が優れないと 猫ちゃんも 同じように体調を崩して入院してしまうという…

あまり多くを語らない飼い主さんなのですが 会社での人間関係のストレスで 腎臓を悪くしたこと
そして 先日 前にも猫ちゃんと同時期に入院したことがあったことを教えてくれました

『うちの〇〇〇も じぶんの居ないストレスなのかな』 と…

腎臓の働きって 血液を身体に必要なものと 要らないものとを分ける 濾過する場所ですよね

感情を要らないものとして濾過出来ないと 
その老廃物が病に繋がるのかな

猫ちゃんも飼い主さんも少しずつ快方に向かっているので 同時期での退院も近いのかな、と考えています

カウンセリングの中で 病に関してのご相談は わりと多いのですが わたしは ココロが病を作っている事もあるんだな と感じています

ある女性に 〇〇病を持ってるから 前の仕事に復帰したい氣持ちもあるけど 難しくて、とのご相談を受けたことがあって
その方の食生活を聞いたところ 改善出来そうな事があったので お話したのですが
『好きなので無理』
と言われました

でも 〇〇病には ソレ(好きなもの)は 良くないですよね? と言ったのですが

『他の方法で治す方法はありませんか? もちろんお金は払います』

と。。。

こういう人多いです 笑
だから 変な詐欺商法みたいの出来ちゃうんです
わたしは 『あ、本氣で治す氣ないなら 何やっても 治りませんし 他のナニかも効果ないです』

と言いました

今の宇宙系ブームの『好きなことだけして幸せになる系』 お花畑ちゃんと同じですよね

この方は 仕事に復帰したい氣持ちは 家族や周りへのパフォーマンスで
病氣が治ってしまったら 面倒な事や あれやこれをやらなくてはいけなくなるから
現状維持したい の 氣持ちが 病を作っているような状態

カラダは ちゃんと聞いてるんですよね

逆に今は コロナ禍で 風邪もひかない状況下で
『風邪なんてひけない』

って本気の氣合い入れてる人は 風邪さえ寄り付きませんね
病は氣から とは ほんとうによく言ったものです


さて あなたの病も 言い訳ぜんぶとっぱらったら
どうなるかな?
考えたことあるかな?







↑このページのトップへ