月別アーカイブ / 2020年08月

こんばんは〜

明日はですね〜
いよいよ楽しみにしている テンソルリングちゃんのワークショップに参加です

今夜はいそいそと 銅はクエン酸洗浄すると綺麗になると 主催者さんのHさんに教えてもらったので 全部綺麗にしたりして〜 笑

テンソルリングのそれぞれの感想がすごくて もう ワクワクしちゃいます!!

この内容についてはまた後日〜

さて 先日 周波数の事について チラッと書きましたが

植物も もちろん それぞれが 周波数をもっていてそれを音に変換する装置を作った方がいらっしゃって それをヒーリング音楽などにして公開されているんですよね〜

さっそく うちの観葉植物ちゃん達にも 聴かせましたよ

すごいですよ
びっくりしますよ
ぜひ聴いてみてください
こんなヒーリングミュージックを作られています
他にも澤野さんのYouTubeチャンネルにあります♪
これを聴いて さて うちの観葉植物ちゃん達はどんなメロディを奏でてくれているんだろうとか
外を歩いていて 街路樹の子はどんな音を出しているのかなぁ
とか いろんな子達に耳を済ませてみるのもまた楽しいと思います

私は お花屋さんのお花さん達より その辺に咲いているお花さん達の方が すごく元気で朗らかでいる波動を感じます

そんな植物さん達の音も 人間には聴こえない波長音なのかもしれないけど
キャッチ出来ている動物さん達や 虫さんや 蝶さん達も いると思うし

少しでも波長を合わせられたらいいなぁと思う
このめちゃ暑い夏の夜の願望でした 笑


あ、植物さん達も 私達も それぞれが周波数を出しているとしたら

合う、合わないも当然ありますね〜


『すぐ枯れちゃうのよ 植物さん』

もしかして あなたの波長には合わない植物さんかもしれません 笑



こんばんは

暑くてバテバテで ブログをおサボり状態です 笑

先日こんな記事を見つけました 

 ↓
猫のゴロゴロという鳴き声からは25Hzから150Hzの周波数が出ています。研究ではこのゴロゴロが医学的に治療できている事が示されました。
猫を飼っていない人よりも心臓発作のリスクが40%少なくなっています。
猫の鳴き声の周波数は以下のことを助けることができます
痛みの軽減
傷の回復
血圧を下げる
ストレス緩和
筋肉、腱の修復
骨の回復と成長
呼吸困難を減らす
息切れ


ん〜 なるほど〜
猫ちゃんにゴロゴロされると 嬉しくなりますよね 笑

でも猫ちゃんに限らず わんこや うちのインコもですが 嬉しい声を聞けると 飼い主はたまらなく幸せになったりしますね

先日からご紹介しているテンソルリングもですが
物や人や動物や植物や あらゆるものは それぞれの周波数を持っています

人間同士 波長が合うのよね〜
なんてのもその一つですよね

で、仲良しの人が集まって おしゃべりをすると 元気になったりしませんか?

あと おしゃべりな人は 人一倍元気だったりしないかな 笑

声を発すること 音がエネルギーなんですね
ですから ペットの声を聴く、虫の音を聴くなんてのも今の時期そうですね
海の音を聴く 滝の流れや川の流れを聴く
樹々が揺れる風の音
人が集まり いろんな声が飛び交う
仲間や家族が集えば いろんなそれぞれの周波数が飛び交う

『私が声を発する』 ことが エネルギーを放つことなんです

だから 歌をうたうこと アーティストさんは よく覚醒していると言われるし 

神様に歌を捧げるのも古来から行われてきましたよね

今 コロナ渦で 声を出すなだとか 
(カラオケ屋さんはどうなるんでしょね、スナックとかも憩いの場なのにね)

会食は少人数だとか
帰省は規制だとか(くだらなすぎ〜)
海に行くなだとか 山に行くなだとか 勝手なことを言われてますが

昔から ワルい支配層の方々は音にものすごいエネルギーがある事を知っていて
良い周波数は隠すようにしていました

あのビートルズの有名な曲にも 人間にも動物にも最強と言われる528Hzが使われていましたよね

528Hzは太陽の周波数と言われているそうで それを使ったビートルズはすごいなと思ったし 昔は興味がなかったけど 聴いてみましたよ


やっぱりね
お日様浴びて ビタミンDを生成して  人と会話して 笑ってこそ
わたしたちは元気になるんです

いろんな良い周波数を浴びること〜

良い周波数を発すること〜

孤独や孤立は 決して良い方向へは向かいません

さてさて 鼻歌でもいいから 明日から 声を出していきましょう 

私は空くんと 明日も
『愛ちてる』 の合唱をしたいと思います 笑!!


有益な周波数のテンソルリングのワークショップ 早くも2回目開催決定ですよ〜

定員次第締め切りますので お申し込みはお早めに〜



お申し込みは こちらでもオッケーです

↑このページのトップへ