先日 受講生さんから 不満をたくさん書いたメールが届きました
今後は しっかり 線引きをしていかなくてはなりませんね

その時 この方の見えている景色は どんなだろうと考えていました

同じ物を見ていても 人それぞれ  感じることは違います

満開の桜を見て 美しさに涙を流す人もいれば
恐ろしさに 身震いする人や
心に何も感じない人、花を折ってやろうと思うような人

紅葉の美しさに感動して胸が打たれる人もいれば 何も感じない人もいますよね

子犬を見て なんと可愛らしいのかしら、って
顔が思わずほころんで 駆け寄ってしまったり
私の場合匂いも嗅ぎたくて(笑)

でもその一方で 虐待する人も後を絶ちません…

人はそれぞれのフィルターを通して 物を見ています

そのフィルターが曇っていれば よく見えないでしょうし
くすんでいれば 映る物も くすんで見えているはずですよね

アニマルコミュニケーションや、 スピリチュアルリーディングをしてもらった時に

人によって 言うことが違ったりするのは
それぞれのもつフィルターが違っているからです

それは間違っているだとか、どれが正解だと 私は練習の段階で言わないのは そのためです

では アニマルコミュニケーションの時に
どうしたら その動物と同じ物がみえるようになるか、、、
その動物から伝わる事が 曇り無く まっすぐに届くのか
は それぞれの人間性に関わってくるのだと思うのです

より自然界をそのまま受け止められる目を養うため
私達は 今日も人に感謝し 人のために何か出来ることはないか、を考えていけたらいいなぁと思います

そして セッションを受けるにあたって
どの人に依頼をするのか??

は 自分自身の今現在の波動に合った人を引き寄せている可能性や
必要なこたえを聞かされるため、だったりしているのかなぁと


よりクリアに 物事をまっすぐに視られる目を養っていきたいと思います

スピリチュアルを学ぶにあたって
大事なことは 

人にみえないものを視たり感じることではありません

そんなものは ニセモノを視るフィルターを通して視ているだけなのかもしれないのです