久しぶりにアニマルコミュニケーション講座での やり取りを書いてみたいと思います。

当講座では 納得いくまで永久サポート、という形を取っています
なぜなら 練習しなければ 身につかないからです

五感を使ってキャッチしたことを
言葉に表現していくこと
相手に伝えられるようになること

そのため 練習問題やりたいです、という方には 私の方から ペットちゃんのお写真、質問を送って それをこなして 返してもらい、、飼い主さんへお伝えする、ということをやっています

飼い主さん 皆さん どなたも すごく喜んでくれるんです
そうですよね〜
ウチの子の気持ち、聞いてみたいですもんね


今回は 受講生さんのお宅で保護した猫ちゃん Pくんのおはなしです

飼い主さんは 大の猫好きで 他にも数匹の猫ちゃん達と暮らしてらっしゃいます
そして 最近 愛猫さんを見送って少し元気がありませんでした

そんな中  ふとお買い物途中に ついて回る猫ちゃんと出逢い、、、保護されたそうです
もちろん近隣、警察届済みです

以下 飼い主さんからの質問です

[こんにちは〜

本日は、買い物の帰りに出会って、お家に連れて帰って来た猫ちゃんの事で相談を、宜しくお願い致します

名前は、"P" と言います
男の子です
現れ方が、前に亡くなった猫とそっくりで、その子は名前が"T" と言うのですが、
Tに似てるなぁって思って
お家に来てからも、Tとそっくりな所が沢山あって、本当に生まれ変わってまた来てくれたんじゃないかって思う事もあります。
でも、もしかして飼い猫で探している方がいるかも知れないと言う思いもあり、施設に電話したり、動物病院の血液検査でも、ご飯を数日食べていない可能性と言うお話を聞いたり、Pが現れた周辺を張り紙などがないか、気にして見ているのですが、今の所見当たりません。
皆さまにお聞きしたい事は、
Pは 飼い猫でPを探している方がおられるのでしょうか?
それとも、"T" が生まれ変わってまた来てくれたのでしょうか?
宜しくおねがいします]




この質問から  受講生さんより届いた内容をいくつか 貼り付けてみます







※こんばんは。
Pちゃんですが、
とても居心地よく、今のおうちが家だと決め込んでると思います。
元々は地域猫でしょうか、、
ガールフレンドを追いかけてテリトリーを出たのかも。そこでご飯もままならず、、
そのときに今の飼い主さんと出会ったんでしょうかねぇ。
自由で、気まぐれ。又興味があるものがあると、ふらっと出ていきそうな感じも受けましたが、きっとこれから信頼関係を築けば大丈夫ですね
ここからは私の思いですが、連れてきたことを後悔したり気にかけたりしなくても良い気がします。Pちゃんはどこかへ帰りたがっている様子はないですし
飼い主様もちゃんと心配して探されてますし。
きっとTちゃんに導かれてお家にきたでしょうね


※ほのぼのとした
可愛らしい猫くん
穏やかな性質ではないですか?
今、幸せかな?と聞いてみると
「…やっと…」とか「…どうなることかと思った…」
そんな反応がありました。
前の飼い主さんのことは
私には解りませんでしたが、
置き去りにされたか
はぐれたのか
そんな時間が長かったように感じます。
いきなり路頭に迷う生活になり
辛かったのでしょう…
辛い時は時間が
長く感じるものですが…
元の飼い主さんはともかく
Pくんは今の生活に満足しているようなので
そのまま続行で良いのでは?
P君、Tちゃん、
限りなくダブるんですが、
これは解りませんでした。

※Pちゃんのリーディングを始めたとき、
Pちゃんがお外を歩いている様子がみえました。
あっ、いたー♡❣️と嬉しそうに女性に飛び込んでいった様子が浮かびました。
出会うべくして出会った、そんなPちゃんの様子が感じられます。
やっと出会えた嬉しさや安心感を感じます。
Tちゃんの仕業、そんな感じがします。
生まれ変わりなのかもしれません。
飼い主さんに会いたくて、歩き回りながら探していて、出会う事ができたのだと思いました。
Pちゃんは今凄く幸せです。
そしてとっても甘えん坊さん。
ゴロゴロうれしそうにあごの下を撫でてもらっている感じがします。
元の飼い主さんをみようとしたのですが、なかなか浮かんでこないので、今探しているというのはないのかなぁと感じました。
Pちゃんは、今の飼い主さんのところにいるのが幸せなんだと思いました。




こんな感じでした

飼い主さんは いただいたひとつひとつにお返事を返してくださって
リーディングした方も ほっこりほっこりな やりとりがありました

Pくんですが 私のリーディングでも Tちゃんが遣わせた 天使なのだと思います

野性味溢れるPくんは 飼い主さんの子供のような存在で これから たくさんの 愛情のやりとりを積み重ねていくのだろうと思います

8歳ぐらいかな、Pくんが 飼い主さんと出会えたほんとうの意味がきっと分かる時が来ると思います^^
その時にまた どんなお話が聞けるのか 今から楽しみでもあります(笑)

アニマルコミュニケーションは
決して 習ってすぐに出来るものでも
声が聞こえてくるわけでもありません

ただ 感じること、耳を澄ませること

自分にも感じられるという事を信じる事

誰かが喜んでくれたり 涙を流してくれたり

たくさんの感動というギフトがいただけるのが

アニマルコミュニケーションです(*^_^*)