こんばんは ^^   空野えみです

今日から 少し日頃 スピリチュアルの世界に感じる事を書いてみたいと思います

すでに受講生さんには 時々お話をしていますが
最近の霊能力の勘違いについてお話しをしたいと思います

まず 昔からこれはある事ですが 
霊体を視ること、声を聴く事   ですが

わー、すごい、視えるんだ〜
聴こえるんだ〜

って 何にも知らない人は 視えた人、聴こえた人を 『スゴイ人』
ってしちゃうんですね

長くスピリチュアルの世界を学んできた私からすると
視えちゃうんだ(どこの次元にアクセスしちゃってるんだろ、あー、やばいこの人)

聴こえちゃうんだ( あー、完全に ワルい者に 憑依されてるね、操作されてるんだな)

ってな感じです(^◇^;)

神社に行った時 皆さんは どんなふうに感じますか?

静けさや 安堵感 清浄な空気を感じていませんか?

神様は 分け隔てをしません
万人を同じように 見ておられます

なのに  特別に話しかける? 姿を見せる?

ないです。。。

静寂こそ 神様の領域であり 私達のココロの中に存在している 唯一絶対の存在であります

話しかける存在は 神様の名を語る 悪しき存在です

霊界にも この私達の世界と同じように 善と悪が存在しています

この世には 善と悪 、光と闇が存在しています
だからこそ 光を求めるのです

聴こえちゃう人、視ちゃう人

それって なんで??

は 次回お話したいと思います