またまたすっかり空いてしまいました。

もう あと数日で 2018年も終わりです

今年はたくさんの受講生さんと出逢い 共に学び 私自身も大きな変化がありました

今年は 魂の向上を自然と願っている自分を感じ 
それに向かって行動を起こしてきました

年末に向けて  人格を磨いていくことが
霊的向上にも繋がる事を つくづく感じました

そして 自分の欠点も 他者との関わりのなかで 感じたことが いくつかありました

これは ノートに書いて 今後の課題にしていきたいと思っています

さて タイトルの霊気について、ですが

私もスピリチュアルの勉強をしていくなかで 自然と 霊気を身につけました

たしかにエネルギーには 取得前と比べると 敏感になったのかもなぁ、なんて思いますが
私は 初めて ヒーリングを受けた時にも体感は大きかったので 霊気によって、が  どうなのかは?  
はっきりわかっていません

霊気を習ってからは しばらく使いましたが わんこの介護が始まって 私はスピリチュアルの世界から まったく 遠ざかった時期があり その時に 今まで勉強してきた スピリチュアルの世界に対して感じていた違和感が一瞬にして 確信に変わった事があり
その時  すべてのエネルギーワークのテキストも 本も 霊気のテキストも処分してしまいました(笑)

一体金額にするとどのぐらいだったんでしょうね(笑)

その違和感のひとつは 霊気が高額で伝授されている事でした

ある日  私が かかっている漢方の先生がおっしゃいました

「うちは 漢方薬は保険が利くようにしているのは 貧しい人が医療にかかれないのは おかしい、お金のある人が助かって 貧しい人は 医療にかかれないのは だめだ」

と。

私の霊気に対する考えもそうでした

初めて 臼井霊気を広めようとしたきっかけは
『誰もが 宇宙のエネルギーを使って 癒される事』
だったのではないでしょうか

それがネットを見ても  サードまで、、、
ティーチャーまで、、、
取得すると かなりの高額になる伝授が当たり前に行われています

それでは お金のある人だけが 使えるエネルギーになってしまうのではないでしょうか?

宇宙のエネルギーは 万物に公平に与えられるものではないのかな

お金のない人は 癒しのエネルギーで 家族や大切な人を癒すことは出来ない??

そんな事はないはずです

そんな事を 神様が与え 許しているはずがありません

私達は 常に 平等なのですから

いつか また私にチャンスが訪れれば  今の霊気の伝授のシステムをおおいに変えていけるのかもしれないと 考えたりもしている2018年年末でした

今年一年 受講してくださった方々や ここに訪れてくださった方々

すべての私の周りの方々に 感謝申し上げます

光は 私達自身がいくらでも 放っていけます

そして その光は放射して 遠くのどこかの人へも届いて 明るく照らしてくれる事でしょう

2018年ありがとうございました