アニマルコミュニケーションって あやしい、嘘だ、なんて 言われる事も 時々あります

私も きっと 学ぶ前には ??な事だったと思うので そう思われても仕方ないとも思っています

人の考えはそれぞれ 違うのだし
学びについては とくに それぞれの魂のステージや課題に応じて違うと思うので
否定もしません

ですが 最近は科学的にも いろいろな事が分かってきていますよね

最近見つけた興味深い記事です

人が発光しているのは本当だった!?科学的な裏付けが進む生体発光現象「バイオフォトン」とは何か?細胞同士が「光のエネルギー」でやり取りを行っていた驚きの事実。
チャクラやオーラなどを表現するとき、よく人体が発光しているようなイメージが用いられますが、 実は近年の研究により「生命体は発光している」という事実が明らかになっています。 この事実は人のみならず、その他の動植物においても同様であります。 また、驚くべきことに「光(研究では光子ともよく表現されています)」を用いて、 細胞同士が情報のやり取りを行っていること、生命体は「光の力を意識等によってコントロールすることが可能」であることも、既に事実として発表されています。 そこで、今回は世界中で研究が進められている光のエネルギー「バイオフォトン」について、 また、光エネルギーが植物以外においても有効に利用されている驚きの事実等も併せてお伝えしてまいります。 生体から放射される光「バイオフォトン」とは何か。驚きの事実が発表されていた。 様々な研究によって、人体がバイオフォトンと呼ばれる生体光子を放射していることは、一部の科学界では新たな常識となりつつあります。 このバイオフォトンとよばれる光のエネルギーですが、人の肉眼で感知することができるエネルギーよりも1000倍程度弱いことから、 超微弱光子とも呼ばれています。 私たちの目で意識的に捉えることはなかなか難しいようですが、 この光の粒子自体は可視電磁スペクトルである380nm-780nmに含まれているため、性能の高い検知デバイス(高性能CCDカメラ等)を用いることで実際に検出することが可能です。 では、このバイオフォトンを私たちはどのように活用しているのでしょうか。 細胞同士は「光」を使って交信し合っている 生体がバイオフォトンを利用してコミュニケーションをとっているという事実は比較的以前より既に知られているところですが、 2010年には「生化学物質よりも数倍以上早い速度で処理されている」という事実も発表されています。 このような事実は植物、バクテリア、動物の体内にある様々な細胞中において実証されているところですが、2017年8月には、カルガリー大学に在籍するParisa Zarkeshian氏らが、ニューロンの軸索を取り巻くコーティングである髄鞘が、バイオフォトンを誘導する光ファイバーとしての役目を果たしているという事実を発見しています。
macrobiotic-daisuki.jp
「離れていても何らかのエネルギーによって情報交換等が行われている」という説が提示されてきました」

科学的にもっともっと 進んで そのうち
動物のことば や 植物のことばも
聞けるものが 作られるのかも?なんてふうにも 考えられますね(笑)

でも そうでない 今  

『あなたを理解したい』

と 思う気持ちは  あらゆるものを超えて

伝わるのではないかなぁと思います


思いやり

思い合うこと

きっと あなたの気持ちも 伝わると思います