こんばんは

簡単投稿になりますが 今夜は新月

月の影響がいちばん少ないときです

陰と陽の関係では 太陽は陽 月は陰です

ならば 月の陰の 影響を受けないこの新月は もっとも願い事が叶いやすい日ともいえます

あなたの願い事も叶いますように


Oiseau bleu 
新しく始めた講座も楽しい!! こんなふうに考えた事なかった!!と ご感想を戴いてます

私も身体ってすごいんだな、とつくづく思う毎日…


『身体はなんでも知っている』講座

① 身体の声ってどうやって聴くの?

 カラダは正直っていう事を実際に体感し 身体の声を聴いてもらいます
 
 あなたはどのタイプ?か診断
 

②自然治癒力を引き出してココロとカラダを整える

 カラダを信頼する事で 揺るぎのない自信と 健やかなカラダを作る

 恋も仕事もうまくいく
 
 カラダを整える言霊ヒーリング


①を受けてから ②に進んでもらいます
①のみでも大丈夫


3月より
①.②ともに 2時間
対面、zoom、LINE 15000円

ご希望の日時をお知らせください

とっても楽しいワークです

お申し込みお待ちしています

こんばんは
3月から始める新しいワーク 講座

内容をもう一度 つめてつめて…
改めてこちらに決まりました

あれも伝えたい
これもやりたい、と内容を書き出してみると 出るわ出るわ で どうなる事やら 笑

2時間で終わらないかもしれませんので もう少し時間の余裕をみてもらえたらと考えています 笑

アニマルコミュニケーションを学んでいる方にもより深い考察をしていける講座となっています

お問い合わせ、ご希望日等 お気軽に
ご連絡下さいませ

先日もご案内させて戴きました Oiseau bleu
アニマルコミュニケーション講座から プロデビューの方が この度 モニター様を募集させて戴く事となりました
今でも探究心の塊のMさんから 毎日のように質問やらのLINEが来ます 

一生懸命なM気質のM子さん 笑


わたしは 他所の高額の講座を2箇所受けて まったく身につきませんでした

ただ そういう世界があるということ

今よりずっと 精神世界が語られていなかった頃のお話なので それもそうなのかな、と思いますが

払った高額の授業料は 身につく事もなく散り

その後 ずいぶん経って わたしが 最愛の我が犬を亡くしたのちに出逢ったヒーラー仲間から 様々な事を学び

アニマルコミュニケーターへの道への学びは それでも真っ直ぐではなく 自分との対話によって

わたしは 今までの一切の学びの過程に出逢った人達と縁を切り 今まで学んだすべてのマニュアルや本を ゴミに出しました

そして 愛犬の介護の時期には ただ それだけを 全身全霊で行いました

あの介護の最中の ボロボロの精神と肉体の状況のとき
わたしは 今まで生きてきた中で一番の光を感じ その眼で視ました

わたしが いちばん 大事なことをみせてもらえたときでした

たった一人で向き合った 命と命の輝き


これから それぞれが学びの途中で いろいろな試練が待っている事でしょう

でも それは あなたにとって必要な学び

ひとつも無駄ではないと思います

わたしが 今回 Mさんに 何度も言ったのは 

恐れる事なく 挑戦すること

波動は共鳴することを知ること

いつだって 自分がどう感じるかが大事
わたしの言うことさえ 信じちゃダメだという事



振り子をいくつか置いておくと いつの間にか
みんな同じ振りになります

わたし達も同じ事

人生の中で 誰と一緒に居るか

誰と付き合うかが大事

選ぶのは わたし達自信

そして 自分自身の中の神様を信じる事

決して外ではない 



必ず素晴らしいアニマルコミュニケーターになってくれることと思います
Mちゃん 頑張って〜!!


わたしの講座は 高額のセミナーからでもなく
誰かに耳で聞いた事でもなく

体験してきたすべてを 伝える講座を行っています

体験してきた事だからこそ
自信を持って伝えられる講座です

だからね
本氣でやる氣のある人だけに 真剣に伝えたいし こっちも本氣

中途半端な人には中途半端な指導しかしません

波動は共鳴します


3月より 『身体の声を聴くワーク』
開始します

① 身体との対話ってどうするの?

アレルギーや 持病に悩んでいる方にも 
身体の声を聴く事で びっくり 長年のお薬も卒業?
 
② 身体とのコミュニケーション

腸はすごい!!
まさか わたしの考え方までコントロールしていたとは…

そして わたしが  変わる事で 変わる身体の変化

3月より
①.②ともに 対面、zoom、LINE 15000円

ご希望の日時をお知らせください

お申し込みお待ちしています




















↑このページのトップへ