こんばんは

急に寒くなりましたね〜
今年の冬は 風邪を引くと コロナと思われたら困るので風邪はひけませんわね 笑

でも PCR検査をしなければ コロナには感染しませんので 笑 

もし万が一風邪を引いてしまったら
身体の歪みを調整する身体の作用がはたらいてくれたと感謝しながら 過ぎ去るのを待ちましょうね
咳もくしゃみも鼻水もお熱も 身体の生理反応として意味があって 出ていますから 決してお薬で止めてはいけません〜


先日 記事でも紹介させてもらった 17歳の大型犬のMちゃんが
虹の橋に渡りました

ご飯を食べなくなって4日 
一生懸命チカラのある限り 歩こうとがんばりました

最期は ご家族みんなに見守られながら 静かに穏やかに息を引き取ったそうです

翌日お顔を見に寄らせてもらったんですが
その穏やかなお顔に なんとも言えない充足感と幸せを感じました

ご家族は みんなやり切ったとても良いお顔をされていて
にこやかにされておられました

最初は 少々投げやりな介護になるのかな、と感じたお母様は 介護終盤にはお仕事も休まれて 私がいるから少しでも眠ってください、ってお願いしても
アドレナリンが出て眠れないの、と 私と一緒に Mちゃんのお世話をそれはただただ
それは母の愛で 見ていた私にはすごく神々しいように映りました

初めてご依頼のお問い合わせがあったのは 
今年の春でした

夜中はお父様が 徘徊やトイレや ご飯に付き添われて
すぐそばにいる娘さんもみんなで一丸となって Mちゃんの介護に真剣に向き合われて半年

Mちゃんは その犬生をやり切ったし
ご家族もまた やり切った充足感は
とても神々しく 美しかったです


私は 今までペット達から 様々なことを教えてもらいましたし
今も それは続いています

私達が この現代社会の中で忘れてしまいがちな たいせつなことを
ペット達はいつも教えてくれているんですよね

神さまが与えてくれた 学びのチャンスに 私達はもっともっと感謝しながら共に生きなければならないような気がします







こんばんは

先日 思わぬ知り合いの方から レイキの伝授のご依頼を受けました

Sさんは 最近 YouTubeなどで入ってくる広告?から スピリチュアルの世界に興味をもたれたのことで
たまたま身近に居た私がレイキティーチャーと知って やってみたいと思ったとの事でした

全然 違うジャンルのYouTubeを見ていて 出てきた、というスピリチュアルの動画は なんだったんでしょうね…

広告宣伝費をかけているのかな、と思うと スピ界にまた嫌悪感も感じつつ 雑談をしていたとき
Sさんが 『これ知ってますか?』 って封筒を見せてこられたんです

『知り合いで いろいろ視える方がいるんですけど 後ろでいつも守護してくれている方達が みんな お金お金 お金をくれ!!って言ってるんですよ〜、だから封筒にお金を入れて それをどうぞ使ってください、と書いて置いておくといいんですよ』

と 言われたとのこと。。。。。

そこには 一万円札が入っていて 毎月 新しいものと交換するんだとか

そして それを実行するようになってから 
なんだか 小銭?のようなものが入ってくるようになってきたんです、と言うんです

うーーーーん

知ってますか?って あの〜(−_−;)

本氣で 守護してくださる方たちが お金を欲しがると思うかな〜 

お金はこちらの世界でしか使えないですよね、とおはなしさせてもらって

お金に執着して欲しがるのは おそらく アストラル界に居る物欲や金銭欲から離れられない存在か 狐系のものによる仕業であることを説明しました

そして 一時的にそういう存在は 騙される側を豊かに繁栄させたフリをし 魂座を喰らうんです
と、おはなししたところ
『その方 病氣なんです』
と。。。

気の毒なことでしたが Sさんは 今 そこに気がつけて良かったとおっしゃっていました

急に興味を持って即断即決で 私の予定のちょうど空いたところで
伝授させていただけたこと

すごいタイミングだったんだなぁ


後ろでいつも守ってくださる方々が 
私達から 受け取って喜んでもらえるのは
愛でしかありません

私達が大事な孫や子に 金銭を要求するなんてこと ないですよね

いつも大きな愛で見守ってくださること

そして私達も 愛を受け取り またそれを循環させていきたいですね

私も良い勉強になりました

ありがとうございました











わぁ〜
ブログさぼってますね〜 笑

私の本業は ペットの介護の仕事なのですが 現在 大型犬の介護の依頼を受けていて 
大型犬の介護をした事がある方は 分かると思いますが とにかく体力が必要です

Mちゃんは 大型犬では めずらしいぐらいの高齢の女の子で
飼い主さんが 毎日 手作りご飯をあげている事が きっとMちゃんを健康で長生きさせてくれてるのでしょうね
ご飯がお野菜から お肉まで〜
ひとつひとつ 手間暇かけて作られています

Mちゃんは もう自分の身体を自力で起こすチカラがないので 目が覚めると 起こしてもらいたくて鳴きます

そして起こしてあげるも 自力で立ってられるのは 数秒なので 腰や脚のあたりに 手を添えてあげ
ほぼ 同じところを左回りになんどもなんども周りたがります

そのうち やはり数秒後には脚がもつれて 転んでしまって 起こしてあげてまた歩く〜  を
徘徊と言いますが 
それを起きると 1時間 元気な時は2時間ほど続けます

本人は 脚にチカラが入らないので はぁはぁ ぜいぜい しながら
やすみ休み とにかく 真剣に ただ  『生きよう』 とする本能のみで 歩くんです

人間なら 疲れることはしないーーーーー

とか

ラクに済ませようーーーー

とか 車椅子に乗せてもらおうーーーー

とか

いろいろ あるけれど  

動物は ただただ 本能で歩こうとし

お腹が空けば 目の前に差し出されたご飯を食べ お水を飲んで 寝て
また 歩くんです

Mちゃんは まだ 介助すれば 立てるので オシッコも 圧迫排尿ですが
立ったまま出来ます

Mちゃんと お話をすると いつも

『私のことは 自分で出来るから 放っておいて』
と言われます 笑

でも 起きたら 起き上がらせてあげないと とても怒ります 笑

ご飯も 今はお肉は要らないわ 、とか
 ヨーグルトは美味しいわ、とか カボチャとか甘いものが好きなの
とか いろんな事を伝えてくれるのですが

我慢が出来ない歳になったけれど 介護シッターの私には多少は気を遣ってくれていること

飼い主さんと私をきちんと区別してるんですね

すごく賢いなぁ、と思うと共に

動物ってすごい、って いつも思うんです

でもまてよ〜
人間も動物じゃないの

同じだよね

いろんなこと感じとって いろんなこと 出来るよね

そして何より 今日を 精一杯生きること

はぁはぁしても ぜぃぜぃしても 

思うようにいかなくて ダメな時も 諦めずに

ただ信じたことを行動すること


私が 考える 地に足を着けたスピリチュアルと同じなんですよね

SNSや机上の理論なんか いくら 知識として身につけても意味ないんですよ

ほんとうの真実の魂の向上とは

正しい知識と 経験に基づいていくものだと
思います

貴方の経験が伴う人生の真理こそ 本物なんですよね



そんなわけで 私自身も
いろいろ 思うところもあり

今やっている エネルギーワークなどの講座を少しずつ減らしていこうと考えたり
また変化の時が訪れるタイミングで決断したいと思います

今日言いたかったことは

まさに命がけで生ききることが 私達の
本来の望みなのかな

でした

へとへとになるまで 遊んだり
仕事したりした日は そういえば 大きな充実感を得られた気がします





















↑このページのトップへ