こんばんは
令和の幕開けですね

天皇陛下の退位のおことば、を聞いていたら  胸が熱くなりました
まさに 日本という国の神様が宿っている
そんなお方でした

そして 日本のために どれだけの霊力を使われたのかと思うと 到底 私など考えても及ばないほどだったのでしょう
ほんとうにお疲れ様でした

新しい元号を聞いた時  
わたしは 厳しい時代が来るのだなぁと 感じました
格差は広がっていき
中高年の引きこもりも さらに 増えていき

贅沢や 無駄なことは どんどん省いて シンプルに

ほんとうに必要なものだけが 残っていく

『ほんとうに必要なもの』

とは 何か

前回の記事にも書きましたが これからは

物質的な豊かさよりも 精神的な豊かさを重んじるようになっていくと思います

『どれだけ 人を愛したか

どれだけ人に優しく出来たか

大切な家族に 優しく出来たか
話を聞いてあげられたか

どれだけ 大切なペットを愛せたか

その すべてに  全力を尽くせたのか』 



不正や嘘も どんどん明るみになるような

人が 人としての道を歩むのに ほんとうに必要なものは
なんなのか

考えさせられる事が多くなっていくと思います

私たちが 不必要な 鎧を身につけずに

シンプルに

きっと私たちの魂の進化に とても大切な

『こころ』の時代なのだと感じています


魂の進化には 必ず 痛みが伴うようです

それを克服してこそ 次のステージに上がれるためなのですね

日々 迷うこともあると思いますが

そんな時 どうしたらいいのか

次回おはなししたいと思います

最近自分に自信のない事が原因だと思われる心の病がとても多いように感じます
そういうお悩みの相談をよく受けるようになりました

私は 家に神棚を置いて もう9年になります

そこに毎朝 手を合わせる事をしてから
すごく変わりました

その前は スピリチュアルの世界によくある 少し不安定な状態な時もあったように思います

自分で神棚を置くと分かりますが 神棚には
御神鏡というものがあります
こちら側に向けて置くので そこに 手を合わせると 自分が映るんですよ

神さまに手を合わせると 自分自身の中の神さまにも 手を合わせるという事だそう

誰もが自分の中に 神さまがいる事を 実感出来たのは こうして毎朝の習慣になって 数年経った頃だったと思います

家の神棚には 地域の守り神である氏神様と
天照大神様の神札が入っています
毎日 お水と 榊のお水を交換して手を合わせていると
氏神さまは 地域のお家をまわってくれるそうです

そして  家は やがて  神社と同じ波動になっていくそう
鎮守の森と同じ波動ってすごい
だから 榊は 造花ではいけないんだそうです
手に入れるのは お花屋さんで なかなか手に入らない事もあり 大変な事もありますが
自分の波動が乱れていない時には 枯れずに長持ちしてくれるんですよ

逆にとても疲れている時には 榊は 早くに枯れるので うちの邪気を吸ってくれているんだなぁと感謝して新しいものに取り替えるんです

実は 私  氏神様への参拝が ちょっと不便な場所のせいで 去年の 夏の暑い期間 疎かになってしまったら
片方の榊ばかりが すぐに枯れて どうしてだろうと  困っていました
そして うーーーむ、と悩んでいると
はっ!! と…
氏神様から 足が遠のいているからだっ!!と思い 
さっそく伺いましたら
榊はまえのように すぐ枯れたりする事はなくなりました^^;
あちゃ〜(^◇^;)  ですよね
氏神様は 我が家にも 訪れてくれていた事を 実感した その瞬間でした

私は毎日毎朝 ただシンプルな 感謝の言葉を 神棚に向かって唱えています

それだけで 今日も生きて 目が覚めて参拝出来たことに感謝が出来るんですよ

そして 鏡に映された自分自身の中に宿る 神さまを 少しずつ少しずつ
感じていけるんです

「私は 大したことない人間だから、私は 要らない人間なんだ、私は 何も出来ないから、だから 友達も居ないし だから上司にも怒られるし
だから だから だから…  」

もし そんな悩みを一つでも 抱えていたら

神さまに手を合わせてみてください

神棚を置けないなら たとえば 太陽に向かってとか
寝る前にご先祖や神さまに手を合わせる、とか
なんでもいいんです

自分の中の神聖なものを 感じてもらいたいなぁと思います

誰一人 必要ない人や 価値のない人間なんて居ないんです

あなたも神様の作った一人であり
今は 恥ずかしそうに 隠れているかもしれないけれど
素晴らしい神さまが宿っているんですよ

こんばんは

前回の続きです

最近流行りの? 神社ワーク と言われるものは
神社巡りをする人を集めて 神様の姿をみたり 声を聴き 解説までしてくれるそう…

それ ほんとうに神様ですか?(笑)

そういう人  って 大抵 自分勝手だったり 我欲が強かったり 目立ちたがり、人の話は聞きませんし 気分もコロコロ変わったりしますよね

他にも  自分に自信のなかったり、 悩みを抱えてばかりいる、そういう癖をもつ人に多いようです
自殺願望者にも多くみられます

低級霊は エゴや傲慢、心の隙間、弱いココロが大好物です

そういう人に憑いて  神様の名を語り、ちょっとした 霊力を見せれば それを見せられた人達が
喜んで操られるのを楽しんでいるだけです

やがて 心の病にかかったり 霊体の器である 肉体も病にかかったりする事も多いようです

残念ながら 神社ワークや リーディング、チャネリングをされている方で
神様の声やお姿がみえる、と うたっている方は
すべて…     
違うものと 繋がっていると思った方が良いです

他にも神社ワークだけではないです
〇〇の神様をつけます、だとか (あなたは何様なの? )
なんとかワークで 女神や 天使をつけます、だとか (嘘もいい加減にしてほしい)

なんども言いますが 神様や 精霊は 形象をもたない
気配や 空気や 自然の中の一部だと思ったほうが良いですね

こんなお顔の神様、こんな感じの精霊
という表現をされるのは ありますが 
その人独自の フィルターを通して感じてみているものです
皆が同じお顔はみれません



では ほんとうを見極めるには どうしたらいいか? 

その方は 自身の時間や身を削って 人の話に耳を傾けられる方かどうか

気分屋ではなく いつも 同じように穏やかであるか

霊体の器である肉体は健全であるか、や
その方のお顔をみることも 重要だと思います


そして なにより 自分自身が そういう低級な霊に
付け込まれないよう生きるには

前向きであること

人のために 人の役に立とうと 行動すること

霊体の器である 身体を大切にすること

地球や自然を大切にすること

が 大事なのではないかなぁと思います

この世で 今 欲しいと願っている お金や地位や名誉は どうせ 肉体を去る時には すべて置いていかなくてはならないんですよね

そのあと まる裸になった 私たちに残されたものは
『思い』 だけなのです

私は 見送ってきた ワンコや 今 一緒に暮らしている鳥、家族、友人、パートナー、知人、受講生さん
ご縁の繋がった方達へ どれだけ 自分が 優しくしてあげられたのか 愛を注いであげられたのか
もっとこうしてれば良かった、もっと 頑張れたのに あの頃 あんなに サボってたな、とか
人を傷つけてしまった後悔や 懺悔の気持ち
クリア出来た課題の充実感など いろいろあると思うけど
持って行けるのは 『思い』
だけなのだと思うと   執着するものも無く 
出来るだけ 多くの人に優しく たくさんの愛情を惜しみなく注いでいきたいなぁと思います


低級霊を呼びこんでしまう 不安定な方との縁を繋がないことも 重要だと思います

↑このページのトップへ