嫁と鋭意出産・育児について情報収集中なのですが、2019年2月5日に大和書房さんから出版された書籍で、魚返洋平さんの「男コピーライター、育休を取る。」というものを嫁が見つけてきました。
作者の魚返さんは株式会社電通のコピーライターをされている方らしいです。
正しいかどうかは別として、素人感覚でコピーライターっぽい文章だなというのが第一印象でした。

「育休は、最強の出産祝いでした。」

独自のコピーも多く、色々な事象やモノに名前をつけているのも面白いです。
brtの単位はうちでも採用してみようかと思うくらいよくできたフレーズだと思いました。
また、やたら比喩表現が多いですね、結構無理やり表現しているというか、勢いで書いているようなちょっと読みづらいというかウザい表現も正直あります。(あくまで個人の意見です)

詳しくはざっと立ち読みなり買ってみるなりしていただければいいと思いますが、主に
大手企業の社員が育休をとる場合と保活について参考になります。

特に育休=育児休業についての制度事情や(現段階では)大手企業の会社員が取った場合の、取る前、取っている間、取った後の生活や周りの反応、自分の心境の変化や学びが記載されているので、情報として抑えておくだけでも安心します。

また、細かく生後の各時期における1日のタイムスケジュールなどが予習できる点も助かりました。

あと素直に驚いたのですが、厚労省のホームページに「イクメン」という言葉が記載されているとは知りませんでした。

[厚労省]
https://www.mhlw.go.jp/topics/2010/06/tp0618-1.html
[イクメンプロジェクトサイト]
https://ikumen-project.mhlw.go.jp

読んでいく中で、文章の下段に20の注釈が記載されているのですが、これが地味に勉強になりました。
おそらく魚返夫妻が好きな映画や音楽についての注釈が多い気がしますが、結構遊んで入れてるなという印象もあります。Evil Twoとかも、へ〜て思いました(笑)

保活についてはまだまだウチは考えるのが早いのですが、地味に効いたのが、認可よりも認可外の方が保育料が高いのは思い込みという情報でした。

読んでで良かったので、見つけて紹介してくれた嫁に感謝です。
出産・育児の情報収集における醍醐味は嫁との情報共有だと僕は考えています。

ただ、どんな本にも少なからず言えるかもしれませんが、229ページある中で結構無駄話が多く100ページくらいで良かったのではないかと思います。
100ページの薄い文庫本にしたら通勤電車の中とかで手軽に読み切れて、人に紹介しやすいと感じました。

あと本を読んで育休に伴う充実さよりも、「やったった感」「ドヤっ感」を強く感じるのは作者から滲み出るものなのか、たまたま書き方のせいなのか…まあ、なにわともあれ買って良かったなと思えた本でした。

現在臨月に入った嫁を持つ35歳会社員のブログです。

意外に少ない父親向け出産・育児本
はじめての子供が生まれるということで父親になる準備をしようと思ったのですが、意外に父親のための出産本や情報って少ないことに気づきました。
唯一と言えるのがコウノドリのモデルになった産科医である萩田和秀先生の「ダンナのための妊娠出産読本」でした。

もちろん参考になりました。
大阪の先生だけにテンポのいい文章で読みやすく、170ページしかないのですぐ読めると思います。
まずはこれを読んでおけば、安心かなと思います。
ただ僕の場合はどうなのかを情報の一つとして記録していきたいと思います。
これからプレパパ、プレおとんになる誰かの役に立てば幸いです。

まずは覚えている経緯から書いていきたいと思います。
かなり赤裸々に(笑)
うちは結婚式の夜、まさに初夜に解禁したのですが、一発必中でした。
遅れているなあと思っていたらしくもしかして…ということで妊娠検査薬でチェックしてみたらしっかり線が2本現れてました。
起き抜けに「コレ!」と見せられてまだちょっと寝ぼけて状況が把握できていなかった気がしますが、「やったね、おめでたいね」と喜んだ気がします。

妊娠確率はわずか20%!!
さてさて、ウチはたまたまタイミングが良くすぐ出来たのですが、こればっかりは巡り合わせだと思います。
わかりやすい言葉で言えば"奇跡"でしょうね。
若く健康な状態ですら妊娠確率は20〜25%と意外に低いようです。
子供が産まれる確率でいうと1400兆分の1だとも言われているそうです。
もはやよくわからない数字ですね。

男もブライダルチェックを受けよう
子供を授かる準備をする際にブライダルチェックを受ける方も多いと思います。
特に女性は比較的その存在が知られていますが、男性もブライダルチェックが受けられるのをご存知でしょうか。
まだまだ受けられる医療機関は少ないようですが、嫁と同様旦那も受けるべきだと思います。
生物学的に雄としての性能をチェック、又は現在の身体の状況を確認するという意味でとても有意義な行動だと考えられますので是非オススメしたいです。

ブライダルチェックの内容
ブライダルチェックでは、大きく2つについて確認します。
・性感染症(HIV、クラミジア、淋病など)がないか
・精子に妊娠させる力があるか

検査は、出した精子の鑑定や尿検査、血液検査などをします。(僕は一人で行ったのですが、小さな個室に通されて、ベッドとモニターとDVDが置いてました。もちろん誰の補助もなく自分で採取するのですが、用意されたDVDは院長の趣味なのかどれも微妙だったので、脳内の嫁の力を借りました。)
費用は大体5万円以内です。
女性と比べてもあまりかわらないと思います。
精子の数や運動率などがわかるので、もしも充分な結果でない場合であっても不妊治療をする際に結果的に費用が抑えられると考えられます。
また、気づかないうちに性病に感染していても早く治療すれば安心できますね。

検査結果
僕の検査結果は、性病・ウイルス肝炎共に陰性で量、濃度、総数、運動率どれも基準値以上というかかなり良い数値だったようです。
先生と一緒に映像を見ながら
「かなり元気だし、すぐできる可能性が高いから計画的にしなさいよ〜」と言われたくらいです。
ちなみにその映像は後でCDにして渡されたので、嫁と一緒に見ました。
なかなか見る機会ないですしね。

感想
初めはとてもドキドキして不安でしたが、やはり受けてみて正解だったと思います。
よくわからないモヤモヤよりもわはっきりとわかるスッキリの方が精神衛生上お得だと思います。


↑このページのトップへ