月別アーカイブ / 2014年07月

おはようございます




連日、照りつける太陽




太陽の光を浴びて太陽の力を体にストックする




今更ながら太陽の力って偉大‼︎‼︎




自分の中に小さな太陽が入るのを想像。パワーをストックする。




不思議と元気になれるから一回やってみてほしい




朝から大きな口でパンを頬張って元気に行ってきます





長いオーディション。毎日生きた心地がしないぜ…。




{6C172046-ED78-49A7-815B-C327B69DE6AD:01}




ヤンイクチュン監督




『息もできない』




観ます。


今日も一日いい天気で気持ちよかったーーー




やっぱり一番好きな空の色はこの水色




{6A4EE267-4989-4FE8-AC53-39AFB5CA5E86:01}





最高





で、谷さん。明日は大事なオーディションなんです。





長い長いオーディションの旅が始まる





絶対ゴールして最高の景色を舞台上から見てやる





という、事で今日の晩ゴハンは





牛カツというもの





{421DD907-DFEC-47E1-A7FE-9B58B8E8EB9F:01}





これ、60秒でサッと揚げてくれてカロリーも抑えめ




わさびで食べるのが1番お気に入り




お腹いっぱい食べたし明日は





勝つ



ご無沙汰です。谷です




気がつけば一週間も経っていた




この一週間は色んな物を観て、色んな人に会ってました




その中で、特に印象に残った作品




『帰って来た、蛍』




終戦直前の特攻隊の話。

九州には知覧(ちらん)という飛行場があり、そこは沖縄へ近いなどの地理関係から日本兵の特攻隊の基地として利用されていました。

沖縄近海に停留するアメリカ軍艦への攻撃として10代~20代前半の若者達が知覧飛行場から特攻隊として飛び込みに行く様を見事に二時間という短い時間の中で演出をしていて、また戦争という酷い物、二度と繰り返して欲しくない物という事を再認識させてもらえた舞台でした。




日本を必死に守る為に、自分の命を投げ打って戦った人達が本当にいた事。




自分達の世代や若い人に観てもらいたいと思った作品。



観客は年配の方達ばかりで、中には戦争を経験されたであろう年頃の方もいて、どのような心境での観劇だったのか深く考えさせられた。




『戦争は人を変え、おかしくする』




この台詞が胸に刺さった。

↑このページのトップへ