誰かが苦しんでいるとき、その人の隣に座り、顔を見て、話を聞き、痛みを感じ、深く語りかけ、心を通わせる。
それだけで相手に安らぎを与えることができる。

思いやりのある言葉、行動、考えで、相手の痛みを和らげ、喜びを与えることができるのです。

言葉は慰めと自信をもたらし、疑念を解消し、他人の過ちを防ぎ、安全への扉を開くことができます。
行動することで、人の命を救い、貴重な機会を生かすことができるのです。
思考も同様で、言葉や行動と密接に関連することになるからです。

思いやりの心、その言葉や思いのひとつひとつが、奇跡を起こすのです。

喜びとは?
喜びは血、涙、汗に浸された人生の土壌に咲く生命の花です。

ホイットマンが言ったように、「寒さに苦しんだ者だけが太陽の暖かさを感じることができ、人生の戦場で敗北と苦痛を味わった者だけが生命の尊さを知り、生きることの真の喜びを感じることができるのです。」

人生において、誰かに助けられるのは幸運であり、誰にも助けられないのは運命である。

運命に恵まれる時は感謝することを学び、運命に翻弄される時は逞しさを身につける。

これは自分自身に対する敬意であり、責任でもある。

↑このページのトップへ