どこへ行くにも、私と一緒に育ってきた歌を連れて行きたいです。

歌舞伎町でセーラー服コスプレをしていた女の子寂しそうだったな。

怖い思いや辛い思いはしてないだろうか。


安心して眠ることができているだろうか。


あの子は私だったかもしれないし、私はあの子だったかもしれないのに。


対して大きな違いはないのに、


年も同じくらいだろう、


人はみんな大きな違いはないのに、どうしてこうなってしまうのかな、


きっと、何かがちょっとだけ違っただけ


たまに思い出して、幸せならばいいなって、思うだけなのですが。