1 ネットで話題になっていた「一回戻る!」
 あれは安藤さんの声ではありません。急な記者会見に対応しなければならない場合、「台本を変更しつつ」「時間を守りながら(特にグッディは、「確定」という絶対に守らなければいけない時間があるんです(後日後述))」「進行確認をMC(安藤さん克実さん)、プレゼンター(今日だと大村さん)、調整室、フロア、カメラ、コメンテーター」が共有するという作業をしなければならないので、結構修羅場です。カメラを180度回転して現場の様子の方が興味深い映像だろうなと思う時あります。
2 新型コロナウイルス
 いろいろな意見がありますが、
・新しい感染症なので出来る限り蔓延は防ぐべき
・死のリスクは可能性が低くても出来る限りのことはすべき
・今後どのように変わるかはわからない
・治療薬やワクチンが出来るまでは慎重に
・オリンピックできないと困る
という考え方と
・そもそも他の感染症も含めて感染症のリスクには常に晒されている
・経済が回らないと破産や倒産で自殺者が増える可能性すらある
・人間の娯楽活動の自由を制限しようとしても守らない人間は必ず出る
・人間はただ長く生きることを目的として生きているんじゃない
・オリンピックとは規模がことなっても、やっている人にとっては「一生に一度」というイベントもある
という考え方のバランスをどこにとるか、そして決断の結果我慢を強いられる方への慰めと補償を決め、結果責任を取る(少なくとも政治的結果責任を取る覚悟を示す)のが政治家の役割だと思います。
これは与野党問わずです。
その他コロナウイルスの危険性として、
地球で人間が他の動物より優位に立っている力の根源の中に「協力すること」「能力を時間軸の横にも縦にも共有できること」があるが、今回の新型コロナウイルスの特徴であるけど、
・発症者が見分けにくい
・一度陰性になっても再度陽性になり発症終了時もわかりにくい
という特徴は、致死率以上に人間の力の根源への攻撃力を秘めたウイルスだなと思いました。
3 久住先生
 話がわかりやすく、とてもテレビ向きの先生だと思いました。テレビ向きの専門家の特徴として、「何を話して欲しいかを掴む能力が高い=顧客の需要を掴む能力が高い」ってことなんだと、自分も昔予防接種に通っていた身として感じました。