------------------------まだネタバレなし-------------------------------
現代の羅生門というべき素晴らしい映画
福山雅治さんや役所広司さん出演の映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。
一言でいうと、「現代の羅生門」というべき素晴らしい映画でした。
観るものを引き込みつつ感情を波たたせながらも、どんどん裏切られていき、最後は藪の中に引き込まれ、真実がいったいなんだったのか、全員が少しずつ本当のことと嘘を言っている気がするが、どこをどう繋ぎ合わせれば真実にたどり着けるのか、という引き込まれる映画でした。
ちょっとしか出てこないシーンにいろんな意味がありそうで、もう一度じっくり見たくなりますし、将来ネタバラシのある後日談を作って欲しいと思える映画でした。
司法修習生やロースクール生は見た方が良いです。
 
率直な感想
・斎藤由貴はこの映画の役にのめり込みすぎて私生活であんなことしたのかと思った
・タイトルコールから最後のシーンまで本当に監督が細部まで手を抜かずに作った作品だと思いました。とくに、最後の方の重盛弁護士と被告人との顔が重なる映像は、二人の心象風景を表しているようで印象的でした。
・ちょっとしたエピソード、ちょっとした物に全部意味があるところが凄い。
・被告人(役所広司役)の手の上で振り回されたとしたら、被告人はおろかなのではなく、優秀な頭を持っているのかも
・一流の重盛弁護士(福山雅治役)と、三流の検察官と裁判官が出てくるので、あれで検察官や裁判官一般があーだと考えるのはかわいそう
・でもああいう検事も裁判官も弁護士(吉田鋼太郎役)もいます。
・若い弁護士(満島真之介役)は世間ずれしなさすぎて、人間の奥底にあるものを見れなくて苦労しそう。
・ああいう被告人も時々います。
・重盛のことを悪く思う方もいるようですが、一番真実というものに謙虚(真実が裁判でわかることはないし、裁判官も気にしないのだから、自分は自分の役目を果たすだけという考え方)なのは彼だと思います。


------------------ここからネタバレあり-------------------------------------









真相の考察
・この事件は、全員が少しずつ本当のことを言い、全員が少しずつ何かを隠しているので、真相がわかりづらいです。
しかし、私は以下のように考えています。わかりやすく俳優さんの名前で表示します。

結論
・役所広司が殺して、燃やすことは広瀬すずと共同で行い、役所広司が罪を被った。ひょっとしたらガソリンを取りに行ったり、被害者を誘い出したのは広瀬すずかも。
・役所広司は、前から広瀬すずが虐待されていたことは知っていて、自分が罪を被ると同時に、斉藤由貴も広瀬すずから引き離せるように、斎藤由貴にも罪を被せようとした。脅迫の件のメールもそのために送らせていた。
・ただし、役所広司は、広瀬すずに、「お前のために殺す」とは言っていない。あくまで、個別の行為を役所広司から頼まれただけ。
・広瀬すずは、自分を虐待した父親だけでなく、見ぬふりをし、さらに自分に嫉妬したり自分を責める母親からも離れたいと考えている。
・斉藤由貴の「お父さんだけ悪いわけじゃない」の意味は、「お前が誘惑したんだろ。人の男取りやがって」という意味
・広瀬すずが北海道の大学を選んだのは役所広司の影響
・福山雅治は、最後は真相だと自分が思う結論にたどり着いたが確証はないまま終わる。
・器とは、周りの人間の「殺意」や、「産まれてくるべきではなかった人間だ」という思いを受け止めて溜めるという意味

理由
・タイトルが3度目の殺人。1度目は、留萌での事件、3度目は自分を殺すこと、そうなると2度目も殺しているはず。
・広瀬すずが一部嘘をついていることになるが、役所広司を守りたいと考えつつも、役所広司がなぜ犯行をしたのかを考え、役所広司が何を望んでいるかを考えたら、広瀬すずが話せるのはあそこまでになるだろう。
・役所広司は自分が死ぬことは受け入れている節がある。自らが誰かのためになるのなら殺されることすら望んでいる節がある。
・役所広司が死刑を受け入れながら減刑を依頼していたのは、斉藤由貴を引きずり込むため。
・役所広司と広瀬すずだけ、十字架の倒れ方をしている。だから共犯?裁かれるべき者


どうでしょうか。みなさんいろんな意見があると思いますが、私はこのように考えました。いずれにせよ、色々と考えさせれられる最高の映画でした。

平成29年6月に、東名高速の追い越し車線で車を強制停止させ、停止させた車を運転する男性の胸ぐらをつかんでいたところ、後続車をして追突させた事件について、10月10日、強制停止させた男性が自動車運転処罰法違反容疑(過失致死傷)で逮捕されたそうです
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00021130-kana-l14
ちなみに、逮捕された男性がこんなことをした理由は、サービスエリアで自分の車の止め方がまずかったのに、それを指摘されたことで切れて追いかけた上でのことだったそうです。本当だったら許せないですね。
被害に遭われた男性にはお子さんもいらっしゃったそうです。

この事件については、
①この男性の行為が自動車運転過失致死罪に該当するのか?
②殺人罪にはならないのか?
③追突した後続車に刑事責任は発生しないのか?
が問題となりますので、その点について解説します。

①この男性の行為が自動車運転過失致死罪に該当するのか?
自動車運転過失致死罪とは、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律で以下のように定められています
第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

よって、この罪に該当するには、「自動車の運転上必要な注意を怠った」ことと、「その結果人が死亡したこと」が必要です。

本件では、車を高速道路の追い越し車線上に強制停止させる行為が、「自動車の運転上必要な注意を怠った」と条文上解釈できるのか、そもそも自動車運転処罰法が想定する行為態様なのかは疑問が残るところです。

また、「その結果人が死亡した」という点については、後続車がどれだけ注意していても追突が避けられなかったかが問題となります。そして、後続車が注意していれば追突は避けられたということになれば、被害者の方の死亡との因果関係は後続車の過失(前方不注意やブレーキ動作の遅れ)の結果となるので、逮捕された男性の責任にはなりません。

そうなると、起訴すれば有罪となる確率は高いでしょうが、理論上素直な結論とは思えません。
しかも、自動車運転処罰法であれば、危険運転致死の以下の行為に該当するとおもわれます。ただしこれも、「運転行為」のうち危険なものを処罰するというもともと予定された行為に該当するのかという疑問はあります。
四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
②殺人罪にはならないのか?

殺人罪とは、刑法で以下のように定められています。
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

この罪に該当するには、人を殺したこと、すなわち、「殺人の実行行為」と「実行行為の結果人が死亡したこと」の要件が必要とされています。

「殺人の実行行為」がなぜ要求されているかは長い話になるので詳しく話しませんが、要は、人が死ねば良いと思って飛行機に乗せた結果事故で死亡したとしてもそれを殺人罪として処罰しないために、殺人罪の実行行為として、「人が死に至る危険性のある行為」が要求されることになっています。

そこで、「高速道路の追い越し車線で車を強制停止させて、後続車からの追突の危険にさらす行為」が、「人が死に至る危険性のある行為」と言えるかが問題となります。
この点、多くの判例は「車を一定程度のスピードで衝突させること」については、殺人の実行行為としています。よって、車が一定程度のスピードで衝突する危険性が高い状態におけば、車を衝突させたのが加害者自身でなかったとしても、「人が死に至る危険性のある行為」といえます。
高速道路の追い越し車線で車を強制停止させる行為、それも本件のように夜間であれば、後続車が高速度で衝突する危険性が高い状態に置く行為といえるでしょう。
よって、結論として、今回逮捕された男性の行為は殺人の実行行為といえると考えます。

「実行行為の結果人が死亡した」という点については、①と同様、後続車が避けられたか否かによってさだまります。

③後続車に刑事責任が発生しないのか
後続車に刑事責任が発生するとすれば、①で検討した自動車運転過失致死罪が問題となります。
しかし、後続車が夜間の高速道路の追い越し車線で、前方で停止している車がいるとは予測できず、停止ししていることを認識した際にはすでに避けられなかったという状況であれば、過失は存在しないと判断されそうです。
ただし、衝突した後続車両以外に今回被害にあった車両を避けた車が存在する場合には、「他の車は前方を注視して適切な回避行動をとることで衝突を回避できた」と判断され、過失が認められる可能性があるでしょう。そして、その過失が存在しなければ被害者の方は死亡しなかったことになりますので、被害者の方の死の結果は後続車両の運転手の過失に起因すると判断される可能性があります。
この場合、強制停止させた男性は、被害者の死亡の結果までは責任を負わないという結論になります。

個人的には、逮捕された男性を自動車運転過失致傷で起訴するというのは理論的にも感情的にも納得できない部分はあります。端的に殺人罪ないし殺人未遂罪で起訴するべきではないでしょうか。

今井絵理子議員の不倫問題で新潮にコメントを寄せた内容がヤフーニュースに引用されています。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00528914-shincho-pol
しかし、若干端折られて不正確になっているので、補足します。
橋本議員から、夫婦関係が破綻していたと言われていても、それを信じていたという立証責任が今井絵理子議員にあるとコメントには書いてありますが、これは、実質的な立証責任が今井絵理子議員にあるというコメントから、実質的な、を取られてしまっています。
今井絵理子議員が、橋本議員の家庭が破綻していないのに不倫関係になったという事実は、橋本議員の妻側に立証責任がありますが、橋本議員は数年前の選挙で妻を表舞台に立たせてますし、同居も最近までしてたわけですから、そのような事実を橋本議員の妻から出されたら、今度は、橋本議員の言葉を信じるに足りると裁判所を説得出来るだけの証拠を出さないと負ける。
その結果、実質的な立証責任は今井絵理子議員にある。
という意味です。
長いし難しい話なので、新潮さんやヤフーニュースがああ書くのは仕方ないと思いますが、皆さんが誤解されないように補足させていただきます。

↑このページのトップへ