ZOZOタウンの前澤さんが心臓移植を支援したことについて医師の立場からネガティブな評論があり、議論を呼んでます。
この記事自体は初めて知る情報や視点があり、そして何よりも臓器移植する、しない、の意思表示が大切だと気づかしてくれた良ブログなので必見です。
この問題を見て普段コメンテーターとして話すときに考えていることにも通じることを考えました。
私はこう考えます。
1世界という規模での、国という単位を前提とした全体的な正しさ、は多分この医師のいうとおり。ただ、臓器移植における公平とはなんだろう?緊急性?生存率?国の範囲内に限られた助け合い?お金で解決?
2個人というレベルで、世界の正しさなんか無関係に我が子の為に何でもしたいという親の気持ちも、人間の特性として正しい。イスタンブール宣言だろうが何だろうが、子供が救えるなら世界中から非難されても子供を守りたいという感情は否定されなくて良い。
3前澤さんが全体的な正しさを知っていても知らなくても、目の前の、しかも同じ国に住んで文化を共有する仲間を救いたい。皆んなにも協力を求める行動も、人間の特性として正しい。その感情も否定されなくて良い。
4個人が最適な行動をとっても全体が最適になるわけではない。だから、個人が個人レベルで最適な行動をとったら、それが自然に全体の最適につながる仕組みを作るのが政治家の役割。
5政策を作るときに想定すべきは、あるべき人間ではなく、あるがままの人間。どうすれば?例えば将来臓器提供する意思表示を新たにした人を沢山登録させたら順位上がる?いや登録したけど拒否する場合は?池江選手の件でそんな話聞いた。人気投票で良いのか?そもそも他人から大切に思われるというとこに価値を認めることは良いことじゃないか?
6今回の話は、ご家族や前澤さんが正しいのか、医師が正しいのかの話ではなく(そもそもどちらかが正しいという議題は少ない)、ご家族や前澤さんの好意を全体の利益に出来ていない仕組みの不完全さの問題。それに気づかせてくれた医師には感謝
7じゃあ、この後どうするか、仕組みを作る方向性は政治家の役割、具体的な形にするのは官僚の役割。しかし、移植意思を表明する率が低いとされる日本で、現状を続けるのか、一歩踏み出すのか、どういう価値観を優先するかを決断して示すのは主権者たる我々の権利でもあるが義務じゃないか。
8だからどちらが正しいかとかどちらかを叩いて事件をある意味消費して終わらせるのではなく、するしないどちらにせよ移植についての意思表示はせめてして欲しいし、家族に話すくらいはして欲しい。それが、移植出来ずに失われた命へのせめてもの礼儀じゃないか。
こんな風に、事件や話題から、現状が少しでも変わるか、現状が正しいんだと確認する考え方もあるんじゃないか、それに気づいて欲しいと考えながらコメントしています。
生放送の尺ではなかなか伝わらないですが、こんなこと考えながら出てます。
今週も木曜日グッディ出演します。

先日の直撃ライブグッディで厚生労働省の職員が韓国で泥酔の上暴行したニュースでの私の発言について、ツイッターでありがたいご指摘をいただきました
https://twitter.com/yagainstfascism/status/1108611113325715457
また、最近では元検事で今は弁護士の落合先生がヘイト発言が問題になり、立憲民主党の公認を取り消されるという事実がありました。

ヘイトがなぜダメなのかについて私の考えを伝えると、本当に簡単なことで「人の一側面を捉えてその人を評価したり」、「それを抽象的に広げて」、「抽象的な対象全体の評価をする」のが明確に間違いだからという理解で良いと思います。

そういう考えであれば、表現の自由だとか、いや
、〇〇人に悪い奴がいる。という話が論理的に意味がないから禁止されるんだと納得できるのではないでしょうか。

〇〇人に悪い人がいても全体がそうなのではないので、ある犯罪者を見て〇〇人全体の悪口を言うことは間違っています。

ヘイト発言とは、事実があるけど言ってはいけないものなのではなく、議論を進める前提として間違っているし間違ったバイアスを強化するからいけないのです。

国籍同様に、性別、人種、宗教、生活レベル、生活地域、出自といった側面でも同じことだと思います。
番組を通じて、①一人の人間も多面体なので、一事をもって全体を評価しないこと②ある集合のうちの1人の問題を集合全体の問題だと評価しないこと、の大切さを伝え、建設的な議論を進めていきたいと考えております。


最高裁で離婚慰謝料に関する判決が出て、公表されました。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/422/088422_hanrei.pdf

前提知識は一つ前のブログを参考にしてください。
https://lineblog.me/tamurahayato/archives/9364939.html

判例の趣旨は、
①離婚は、不貞行為のあと夫婦で決めるものなので、不貞をした第三者とは無関係であり、離婚慰謝料を第三者は請求されない
②(①を前提とすると潜在的に)不貞されたら3年以内に請求しないと時効になる
③離婚させることを意図して不貞し、離婚のやむなきに至らしめたという特段の事情があれば離婚慰謝料を第三者に請求できる。

 です。
今後は、判例が言う「特段の事情」がどのようなものか?が問題になろうかと思いますが、妻(夫)との離婚を迫り、妻(夫)と離婚しなければ子供に危害を加えると述べたり、妻(夫)と直接話しに行くと言う行動がこの特段の事情に該当する可能性があります。また、同種の事件においてよく見られる行動でもあります。

また、今後の実務としては、
1 不貞が発覚してから3年以内に訴訟する必要がある
2 離婚に至った場合の慰謝料について、現状の相場は200万円から300万円であったが、今後は、離婚慰謝料と不貞慰謝料との峻別が明確に意識されることになり、不貞慰謝料の相場が押し下がることが考えられる
3 特段の事情を巡って立証の攻防が行われることが予想される。

以上です。また追記することがあれば続報します。


 

↑このページのトップへ