山尾志桜里氏の件で様々なメディアから憶測の当て取材を受けておりますが、「ミヤネ屋さんの報道は従前の振り返りのみで新しい情報は無い」、「代理人がついて適切に交渉中」以外は全て憶測です。当方があまり答えないので憶測報道がなされる可能性を感じてあらかじめお送りします

1 「刑事さん!私はやってないんです!」の気持ち


警察に着くと、店長、トレーナーさん、僕、おじさんの四人は全員バラバラの部屋で事情聴取を受けます。

何があったのかを聞かれるんですが、何度も何度も同じことを確認されて、おじさんはこう言っている、トレーナーさんや店長さんはこう言っていると聞かされた上で、また同じことを話します。

ジムから出る時に、「先生、これからいろいろ聞くので記憶を固めておいて下さい。忘れないようにして下さいね」と警官に言われていたんですが、その意味がやっとわかりました。

最初は自信があっても、何度も聞かれるうちに何が本当だったのかわからなくなってくるんです。

僕のロッカーをおじさんが開けていた。僕はそのロッカーの鍵を腕にはめていたんだから、他人が開けられるわけがない。

それはわかっているのに、おじさんが否認していると言われると、鍵をかけ忘れたのかもしれないとか、どんどん不安になってきてしまうんです。だから記憶を固めておく必要があるんだなと思いました。


事情聴取の内容からすると、警察は実行の着手のポイントをどこにするかで悩んでいるようでした。

ロッカーを開けたというだけでは弱いので、その一歩先の、金品を手に取ったか金品の入ったカバンを開けたというところを固めたいのでしょう。

でも僕はそこまでは見ていません。財布を手に取ったりする前に声をかけたからです。

おじさんが何をしているところまでを見たのかについては、厳密に何度も聞かれました。カバンのファスナーはいつも閉めているし、トレーニング中に一度ロッカーに戻ってカバンを開けて、また閉めた記憶があるのでそれも確かです。だからカバンは開けられていない…はずなんですが、これもまただんだん自信がなくなってきます。

深夜になっても寝ずに事情聴取を受けて、何度も何度も同じことを聞かれては答えての繰り返しをしていると、やったこともない罪を自白してしまう人の気持ちが本当の意味でわかりました。

何もしていなくても自白してしまう被疑者の気持ちがわかるような気がしました。


そうやって何度も証言をしているうちに、4時半になっていました。

帰り際、警官に「事件化しないんじゃないかと思っていましたが、被害者が弁護士さんということで証言が揺るがなさそうだからやるとキャップが言っていました。よろしくお願いします」と言われました。

僕も物証はないし窃盗未遂だから警察はこれ以上何もしないのではと思っていましたが、どうも違うようです。

そしてようやく家に帰ることができました。

実はその日はグッディの生放送で、後から画像見ると寝不足で顔が真っ白でした。



2 おじさんはやってた


翌日か翌々日に警察から電話が来ました。

おじさんは窃盗の常習犯で、刑務所から出てきたばかりだったそうです。

これは弁護士という立場してを離れたて一人としての人間の正直な感想ですが、それを聞いて僕はどこかほっとしました。自分の見たことには自信があるつもりでも、万が一の確率でも無実の人を警察に突き出してしまったんじゃという不安がずっとあったからです。りました。変な話かもしれませんが、前科がある人だったと聞いて、自分の見たことが本当だったとやっと安心できた気がしたんです。


あと気になっていたのは、おじさんはどうやって鍵を手に入れたのかということです。

それについては、後日検察官が犯行の手口を教えてくれました。


そのジムを利用する時は、会員証をゲートに通して入ります。そしてロッカーに会員証を差し込むと、ロッカーの鍵が回せるようになります。その鍵を腕に着けてトレーニングに行きます。

トレーニングが終わったら、鍵をまた挿してロッカーの鍵をかけると、会員証が取り出せるようになります。そして会員証でゲートを通って外に出ます。


こうなっているので、本来なら鍵はジムの外に持ち出せません。が、おじさんは何らかの方法で鍵を持ち出して、鍵屋さんに持ち込んで合鍵を作ってもらったそうです。

そしてまたジムに戻ってきて、元の鍵をロッカーに挿して返します。あとは後日改めてジムを利用しに来て、合鍵でロッカーを開けて中身を盗むというわけです。


鍵屋さんは、おじさんについて「よく来ていました」と言ったそうです。

ということは、他のジムとかスーパー銭湯とかの合鍵も作っていたんでしょう。

…でも、それってちょっとおかしくないですか?そういうところの鍵って、見ればすぐわかるじゃないですか。悪いことに利用される可能性が高いのに、それでも合鍵を作ってしまうものなのかなと思います。

でも、鍵屋さんが断っても別のお店に行ってしまったら同じなので、お店の段階でストップをかけるのは難しいんでしょうね。


3 検察官と検察事務官の微妙な関係


検察からは、おじさんが示談したがっているとも聞かされました。

示談は被害者の権利だともちろん知ってはいますが、思わず「示談とかしてもいいんですか?」と聞いてしまいました。なぜなら、僕私が示談しなければ、おじさんは刑務所に行くことが目に見えているのに、からです。それを私が示談するしたことでによって、常習性のある犯人を一人社会に出すことになってしまうからです。

検察の人は「私たちはどっちでもいいですよ」と言ってくれましたし、弁護人の方も感じが良かったのでし、おじさんがの反省してくれることに期待してにかけてたので、示談することにしました。


検察官は本当に親切で、「被害者の人は事件の処分結果や犯人の身柄の状況がどうなっているのかを通知してもらうことができますよ」と教えてくれました。

この通知制度を利用するには書類を提出するんですが、検察官が事務官に「通知の書類どこ?」と聞いたら、事務官が「通知の書類って何ですか?」(お前余計なこと言って仕事増やすなよ)」みたいな感じで何だか横柄な態度を取っていたのがいまだに印象に残ってます。

もちろん事務官が全員そうではないと思いますが、事務官が検察官にそういう態度を取るのってちょっと意外で、え、そういう関係なんだって思いますよね。被害者になってみて刑事弁護手続きをの裏側から見ることが出来て新鮮でした。

そういうことがあって、僕はおじさんと示談しました。


こうして事件は終わりました。

事件のあった時からアフターケアまで、ジムの対応はすごくよかったです。

自分がおじさんを捕まえたことで面倒を起こしてしまったんじゃと気にしていたんですが、そんなことはありませんと言ってもらえてすごく気が楽になりました。その後ジムには菓子折りをもって挨拶に行きました。


4 みんな気づかないうちに盗まれているかも


こういった場所のロッカーの鍵を複製して持ってる人がいるらしいということは知識としては知っていましたが、自分が使っているロッカーが開けられるまではやっぱり実感が湧きませんでした。しかもおじさんはあれだけ体を鍛えているところを見ると、たまたま外部から侵入してきたわけでなく、ちゃんとジムに通ってる人なんですよね。


検察から聞いた手口によると、彼らは現金しか盗まないそうです。しかも財布の全額を盗むのではなく、その中の一部しか盗まない。だから手持ちのお金が思ったより少なくなっていても、窃盗に遭ったとは気付かない人が多いらしいです。

でも僕はあの日6000円しか持ってなかったんですよね。しかも5000円札と1000円札が一枚ずつ。だから気付かれないような盗み方はできなかったんじゃないかなと思います。

おじさん、とことんツイテナイ。

「弁護士だからいっぱい持ってるんでしょ?」と警察の人にいじられて「いや、6000円しか持ってないです…」って言ったときは、取調室が「シーン」となりました。

んですが、あれはちょっと恥ずかしかったです。


5 もし被害に直面したら


今回の件でわかったのは、何かの被害者になったらその場でメモを取るなどして記録を残した方がいいということです。

事情聴取をされていると、記憶があいまいになっていってどんどん自信がなくなります。メモを取ると、自分の記憶に自信が持てるようになってだいぶ違うと思います。

本当はおじさんを見つけた時に黙って動画を撮れば一番の証拠になったんでしょうけど、そんな精神的余裕はなかったですね。


あと、おじさんは常習犯だから何度も逮捕されているはずなのに、「現行犯だから逮捕する」と言ったとたんにシュンとしたのは意外ですが、とても効果があったと思います役に立ちました。ちょっと面白かったです。

逮捕された経験があるからこそ、逮捕という言葉に敏感になったんでしょうか。

その時は必死な気持ちでそう言ったんですが、もし僕の見間違いなら違法逮捕になってしまうという怖さも同時に感じていました。もちろん私人なのでペナルティはありませんが、弁護士という立場でそんなことをしてしまったらまずいんじゃないかなと。


今振り返ってみても、自分の身にこんなことが起こるとは思わなかったというのが一番大きいです。

事件から三か月ほど経ったし、最初にも書きましたが、弁護士がこういう被害を受けるのは珍しいと思うので記録のために書き残しておこうと思いました。


何も盗まれなかったので被害はゼロでしたが、一つだけ困ったことがあるとしたら、その後しばらくジムから足が遠のいてしまって、また太ってしまったことでしょうか。

今はまたジム通いを再開してますが、ジムの人が巾着袋をくれたので、トレーニングの時はそれに貴重品を入れてしっかり自分で管理してます。


皆さんもロッカーの合鍵と、運動不足には気を付けて下さい!


実は先日、泥棒を捕まえました。

弁護士がこういう体験をするのは珍しいことだと思うので、記録として書き残しておきます。



1 そこ、僕のロッカーだけど


12月のある水曜日のことです。

僕はダイエットのためにジムに通ってるんですが、その日トレーニングを終えてロッカールームに戻ると、僕のロッカーの前に全裸のおじさんが立っていました。

年齢は50代から60代くらい。頭頂部は薄くなっているものの、引き締まった筋肉をしていて、屈強な落ち武者みたいなおじさんです。

でも幽霊っぽくなく、実在感たっぷりの落ち武者でした。


おじさんはこちらに背を向けて、ロッカーの中をごそごそと探っています。場所からするとそこは確かに僕のロッカーなんですが、僕は左手にそのロッカーの鍵を着けています。他人に開けられるはずがありません。

なので隣のロッカーなのかなと思いましたが、ロッカーの中に僕のコートがかかっているのが見えました。そこでようやく、自分のロッカーが開けられているんだと気付きました。


怖いけど声をかけようか、何か物を盗られてからにした方がいいだろうか、それとも何も見なかったことにしてトレーニングに戻ろうか…僕の頭には瞬時にこの三択が浮かびましたが、結局声をかけることにしました。


声をかけると、おじさんは驚くほどの素早さでロッカーを締めて、挿してあった鍵をかけて持っていた巾着の中に入れました。

そして別のロッカーを開けて自分のものらしき着替えを出すと、パンツを履いてお風呂の方に行こうとしました。

僕は慌てて呼び止めます。


2 尋問スキルが役に立つ時


僕「僕のロッカー開けてましたよね」

お「知らねえよ」

僕「開けてただろ、今その袋に入れた鍵出せよ」

お「知らねえよ、勘違いだ」

僕「そんなことねえよ、鍵出せよ」


僕はおじさんの持っている袋を引っ張りましたが、相手の方がずっと力が強くて取り上げることができません。

おじさんはそのままお風呂に行こうとします。

逃げられてしまうと思って、とっさに大声で「すみません、僕のロッカー開けてた人がいるんです」と叫ぶと、トレーナーさんが一人駆けつけてきました。大学生ぐらいのアルバイトの青年です。


僕「この人が僕のロッカーの鍵開けてたんですよ」

お「だから勘違いだよ」

ト「まあまあ」


トレーナーさんは僕とおじさんの両方をなだめます。

これって僕の方が厄介者に思われているんだろうな…と思いながら「開けてた」「勘違いだ」というやりとりを何度も繰り返していると、おじさんが自分の左手首に着けている鍵を示してこう言いました。


お「俺の持ってる鍵で開いちゃったんだよ」


その鍵はおじさんが自分のロッカーを開けてパンツを取り出した鍵で、巾着の中に入れた鍵とは別物です。とっさに出た言い訳なんでしょうが、そもそも僕のロッカーを開けたと認めちゃった時点でアウトです。僕は思わずちょっと笑ってしまいました。


僕「お前、自白したなこの野郎」


そしてその鍵の僕のロッカーに挿してみてもらいました。もちろんロッカーは開きません。


僕「この鍵で開いちゃったって言ってましたよね?開いてないですよね?」

ト「開いてないです」


ここでその場の空気が変わりました。トレーナーさんはインカムで誰かを呼びます。どうやら店長を呼んでいるようです。

トレーナーさんは僕に何か盗られたものがないか確認してくださいと言いました。するとその間におじさんは、トイレに行きたいと言い出してその場を離れてしまいました。

そこに店長がやってきます。


僕「おじさん、今トイレに行きました。七つ道具を流したりするかもしれないですから、見てきて下さい」


店長はトイレに行ってみてくれましたが、個室の中までは確認できないようで、すぐに戻ってきてしまいました。後でわかったことですが、この間に店長は警察に通報していたようです。


3 逮捕って言葉の力はすごい


そしておじさんがトイレから戻ってきました。店長が「お話を聞かせていただけますか」と言うと、おじさんは拒んで帰ろうとしました。

ここで帰られたら完全に終わってしまう。僕はおじさんの腕を捕まえました。でもやっぱり向こうの方が力が強いので、また振りほどかれそうになります。


僕「現行犯だから逮捕する!」


こう言った瞬間、おじさんの背筋がすっと伸びました。


僕「私人でも逮捕できるんだぞ。現行犯だから逮捕できるんだよ」


おじさんは目に見えて大人しくなって、抵抗もしなくなりました。逮捕という言葉を聞いて観念したのかもしれません。


そんな僕らに、店長さんは「じゃあ別々にお話を聞きますね」と言って、僕らはそれぞれ広いロビーで分かれて別れて座らされました。別の部屋に連れて行かれました。

僕の方部屋にはトレーナーさんが来たので、「ごめんね、厄介なことになっちゃって」と言うと、「当然他のお客さんも被害に遭われているかもしれないので、ご迷惑ではありません」と言ってくれました。


しばらくして警察が来ました。この時に僕は自分の身分を名乗って、身分確認もしてもらっています。

おじさんが何と弁解したのかはこの時はわかりませんでしたが、おじさんだけ先に警察に連れて行かれました。

僕はというと現場検証に立ち会いました。ドラマとかでよく見る、現場を指差して写真を撮るあれです。

警官はジムの人に現場を保全するように、このロッカーを使わないようにと頼んでいました。


そして警察に行くというところで、「ちょっとこれから時間がかかりますが、協力して下さい」と言われました。この時点で22時だったのですが、何とか1時までには終わらせますからということでした。

なぜ時間がかかるかというと、現行犯で逮捕した時は、現行犯人逮捕手続書を作らないといけないし、その内容も、その場にいた人全員の証言が一致していた調書を書かないといけないからだそうです。

そしてここからが長い夜が始まりましたになりました。続きは明日に…・・・・

↑このページのトップへ