1 テレビでコメントする際に私が考えていることを少しづつ書いていきたいと思います。今回は2回目です。
 私がコメントする際の基本的な考え方は、客観的な事実の見極め→なぜこんなことが起こったかの解明(人間の弱さを前提にする。どっちが正しいかとは無関係に考える)→どうやったら再発防止できるか(当事者の異常性に逃げない)ということです。
 今回は、その中で、なぜこんなことが起こったかの解明(人間の弱さを前提にする。どっちが正しいかとは無関係に考える)と再発防止について書きます。
第1回目はこちら
https://lineblog.me/tamurahayato/archives/9353656.html
 
2 何の為の情報番組か?
 世の中の悲しい事件や衝撃的な事件を、ときには報道される方のプライバシーを開示してまで報道することが許される理由は、「広く人に今起きていることを知ってもらう為」で、知ってもらうことがなぜ必要かというと「知ることで二度と起こさないように、起こす可能性を下げるように考える資料を提供する」からだと考えます。
 よって、単に事件の登場人物を叩いたり、面白がるのではなく、見ていただく方に「考える資料を提供する」ことが情報番組の存在意義です。
 そして、「考える資料を提供する」と言える為には、単に情報を提供するだけではなく、出演者がそれぞれの専門的な立場や、人生経験から咀嚼して伝えることで視聴者に気づきを与えられることが求められていると思います。そこに「コメンテーター」の意味があるんじゃないでしょうか。

3 人間の弱さを前提にする(事件はほとんど「普通の人間」が起こしている)
 なぜこんなことが起きたのかを考える際に必要なことは、人間の弱さを前提にする、言い換えれば、人間を完全なものと捉えず、あるがままの人間を前提に考えるということだと思います。
 よく事件が起きるたび、「こんな事件を起こすなんて考えられない」「犯人は異常だ」「誰が悪いから懲らしめてやればいいんだ」という意見を耳にしますが、悪い人を排除して解決すれば話は楽ですが、排除しても同じような事件がまた起きているのですから、犯人や登場人物の異常性や悪質性といった特別な事情で事件が起きたと安心したい気持ちはわかりますが、そこが本質的な原因ではないはずです。
 犯人や悪い人を擁護する意図は無いですが、人間が生来的に持っている弱さ、ズルさ、認識の甘さ、登場人物の生育環境や当時の社会的・心理的状況から、なぜ「普通の人間」の範囲内であった人が事件を起こしたのかということを考えなければならないと思います。
 それで初めて「二度と起こさない為にはどうしたら良いか」が見えてくるはずです。
 「犯人が異常だった、異常な奴はけしからん。死刑にすれば良い。」では再発は防げません。もちろん罰は与えるべきですが。
 普通の範囲の人間が、なぜ異常な行動に至ったのか、そこに落ち込ませない為には社会の仕組みをどうするのか、最後の最後何があれば事件を防ぐことができたか。そういったことを判断する情報を提供し、コメントすることが出来るように毎回考えています。

4 加害者を生まない社会構造を考えるきっかけに
 例えば、社会的に疎外感を強めた結果自暴自棄になって事件を起こした犯人がいたとする場合、その悪質性によっては死刑ももちろんあり得ますが、二度と起こさない為には、犯人がなぜ起こしたのかを知り、疎外感を持たせない為にはどうしたら良いか、疎外感を持たせない為に社会に負担がかかるとしても、事件が起きるよりは良いと考えられる負担か、ということを考えるべきだと思います。

5 被害者を救える社会構造を考えるきっかけに
 また、加害者だけでなく、被害者となった人に対しても、なぜ被害者となる状況になってしまったのか、社会全体でもっと前に救えなかったかという考察も必要だと思います。
 私が今でも印象に残っている事件が「座間九遺体事件」で、自殺希望の女性が、SNSで一緒に死のうと呼びかけた男性に殺害された事件です。私は、犯人の異常性に驚いたという感想を言うだけでなく、「自殺したいと思うまで追い詰められた女性が社会にいて、それでも死の直前に誰かと一緒にいたいと願ったら悪人だったという方が短期間に8人もいた社会」「自殺したい人を救えなかった社会」について改善することを考えないと、単に犯人の異常性や悪辣性ばかり叩いて、私たちの社会の問題点を改善するきっかけにならないんじゃないかとコメントしたことを覚えています。

 長くなったので「どちらが悪いかで考えない」はまた次回に。

福井県で僧衣を着ていたら、「運転に支障のある和服での運転」で違反とされたことが話題となっています。果たして過去の判例に照らして違反といえるのでしょうか?

1 法律の確認
道路交通法71条6号は、運転者が守らなければならない事項として、「公安委員会が、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めた定めたもの」 と広く公安委員会の指定内容に委任しています。
そして、福井県の道路交通法施行細則16条では、「下駄、スリツパその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物または衣服を着用して車両(足踏自転車を除く。)を運転しないこと。」
と規定しています。
今回は、この「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服」に該当するということで取り締まられたことになります。

2 過去の判例
 衣服そのものに対する判例は、手元の判例検索ソフト見つかりませんでしたが 、違反する履物の例として、「かかとを踏みしやいだ状態の靴」、「サンダル」、「下駄」、「スリッパ」が該当するとしています(これを機に注意してください)。
 
3 判断の方法
 僧衣が、違反内容に該当するかは、「道路における危険を防止し、その他交通の安全を図る」という法律の目的から判断して、「「下駄」、「スリッパ」と同じような危険性を運転中に発生させるような服装か」が基準となるでしょう。

 よって、今「僧衣でできるもん」として色々やっていることは実はあんまり関係がなくて、あくまでも車を運転している際の様々な状況に対応できるか、危険性が発生しないか、が問題になります。
 つまり、二重跳びができるかとかバク転ができるかという運転とは無関係なことが出来ても無関係です。

4 僧衣ってどんな服装?
 グーグル画像検索で僧衣と入れて出てきた画像をみましたが、ちょっと袖の広い和服というだけのように見えます。

5 結果
 結論からすると、この福井のお坊さんの服装を見ていないので断言できませんが、到底道路における危険を防止し、交通の安全を図るために禁止しなければならない程度の服装とは言えないのではないでしょうかと考えます。
 検察としては、法衣で運転する際は気をつけるというような言葉をもらって不起訴とするんじゃないかなと予想してます。







 

グッディで共演させていただいているヨネスケ師匠の高座があったので落語を見てきました。

今まであまりみる機会がなかったですが、あれおススメです。

話が面白いだけじゃなく、観客の反応を見て間を作ったり、ヨネスケ師匠みたいにパワーと勢いで観客を巻き込んだり、円楽さんのように落ち着いたトーンだけど観客を引き込んだりと、人前で話す際の重要な要素がたくさん詰まってます。

人前で話すのが苦手な方や、話好きの方、仲間内だけでなく、一見さんとも上手に話したい方にはおススメです。 

あと紙切りにも感動しました。

一日中いて、お弁当にお茶つけて4000円くらいで済むのも良いですね。

ちなみに円楽さんは、私が見にくるとヨネスケ師匠に聞いて、出番の最後をヨネスケ師匠に譲ろうかと声をかけて下さり、さらに腹黒ラーメンと手ぬぐいを渡して下さりました。こういう粋な気遣いを出来る大人になりたいと思いました。大切に使います。

↑このページのトップへ