ニューヨーク式カットで仕上げると




毛量を減らさなくてもまとまります。




もちろん、毛先の毛量が多い時は少しは減らす事もありますが、




今回は髪の質が綺麗で丁度いい細さのため、




減らすと逆に毛先が跳ねるので




ノーセニングにしました。
udK_vta1j3.jpg
アンダーの内側を短くして、




表面に少しレイヤーを入れてますが、




ドライ後のチェックで更に立体感を出しました。




カットは本当に奥が深く楽しいです。