確かによく効く医薬品も必要です。




即効性や効果は現代の医薬品の方が凄いし、




病気やウイルスとの戦いにも打ち勝ってきた歴史もあります。




全く否定する事はありません。




髪を染めたりパーマをあてるのも化学薬品のなせる技です。




このような技術が必要な時もあり、伝統的な技術とは共存するべきだと思います。




当店は東洋医学に基づくアーユルヴェーダの考え方に寄せています。
V5ngpYMNpS.jpg
自然の薬草や、人の手による癒しで悩みを解決します。




勿論、美容室なので必要な場合パーマもあてますし、化学薬品に頼ることもなきにしもあらずですが、90%以上の確率で東洋医学の薬草や化学薬品を殆ど配合しない製品に頼っています。




それは、当店の考え方で特徴とも言えます。




例えば薄毛や抜け毛なら、まずは皮膚科に相談すれは、医薬品である発毛剤で完全に抜け毛を止めて発毛させることも可能になっています。




このように即効性が必要な時、現代医学はとても役に立ちます。




東洋医学の場合、マイルドに結果が伴うことが多いので時間がかかります。どちらを選ぶかはその人によります。




当店は後者でありたいだけです。




もし、共感していただけるなら、薄毛や抜け毛の悩みに是非当店のヘナ&クリームバスを試してみて下さい。