月別アーカイブ / 2020年03月

オイル配合クリームパーマを11月にかけて、約四か月経ちましたが、




こんなに綺麗にカールが残ってます。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6231.JPG
ちなみにその理由は、




普段からヘナで白髪を染めているから。




今日は毛先を5センチカットして、ヘナをします。勿論毛先まで塗ります。




だから、次のパーマの時は毛先は健康そのもの。しっかりとパーマをかけることができるし、カールが長く残ります。




ちなみに本日の仕上がりは以下です。
bP7e2yzPrZ.jpg
毛先のまとまりが全然違います。カットしたのですが、カールは充分残っています。




恐らく次のパーマは四か月後くらいなので、1回で8ヶ月パーマが持つことになります。




経済的です。





毛先に綺麗なカールをつけるには、




毛先のダメージを解消する必要があります。




毛先をカットしていたら、いつまで経っても髪は伸びません。




そう言う時は、ヘナで髪を補修しましょう。




ヘナは白髪を染めるだけでなく、髪を補修する力が大きいです。




ある程度のダメージは補修できます。ただ、あまりにもダメージがある時は、時間をかけて何度かヘナをする事になります。




当店で白髪染め、パーマをしている方は自然と毛先を補修しているので、いつもパーマが綺麗にかかることが多いです。




普段から美意識が高いお客様は、このターンをよくご存じです。




何でも理由があるんだと思います。





ストレートヘアも素敵ですが、




伸びてきた髪を綺麗にまとめるにはカールが最適です。




アイロンは、難しいし、火傷したら跡が残って大変、ホットカーラーも面倒、、、




そんな方には毛先にオイル配合クリームパーマで、カールをつけると、




お手入れも楽、毛先まとまる、華やかになる、など、良いことが多いです。




髪が痛まないように、注意しながら、元々の髪のコンディションも調整しながら、綺麗なカールをつけるのがポイントです。
PeEDBfSyFb.jpg

↑このページのトップへ