パーマをかけるのに最も大切なのは、




毛先が痛んでいない事に尽きると思います。




毛先が痛んでいるとパーマ液を弱くしたり、毛先に保護剤をつけるので




中途半端なかかり方になります。




当店ではパーマの前にヘナやハーブカラーで毛先をリカバーする事をオススメしています。




パーマの2週間くらい前に白髪染めをして、その時に毛先をリカバーし、




次回のご来店時にパーマを、かけます。




これは縮毛矯正も同じです。




普段から当店では白髪染めしたり、自宅でヘナをしているお客様はほとんどパーマが毛先まで綺麗にかかります。もともとかかりにくいなど、髪質などで個人差もありますが。




当店としては、毛先の状態がパーマを決めると考えています。ダメージ毛を全てバッサリとカットしてかける場合は別ですが。




長々とすいませんでした。