月別アーカイブ / 2017年02月


_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3090.JPG

そう、今超話題の、キングコングの西野さんが出るから、と、
MOA大学行ってきました!


PPQodP4Lxx.jpg
 
MOA大学についてはこちらこら
https://camp-fire.jp/projects/view/18839
クラウドファンディングで資金調達されたこの大学。

エンターテイメントの力で日本の教育を変える、がコンセプトの新しい形のサロン、みたいなものですね!!

聞くところによると、
運営のチケット、西野さんと歌を作るチケットといろいろなものがリターンであったみたいです。
時代すごい、

ほんと、全然意識していなかったところに友人に魔法のコンパスを薦められ、知人がこのイベントの運営をやるとのことで、急遽参加を決定した次第でございました。

登壇者の先生方もまた豪華。
20分のピッチで講演していくというスタイルでした。

濃ゆすぎるので、1名ずつご紹介。

1.前田祐二先生(SHOWROOM CEO)
ヒットの作り方と題して、
人気者が生まれる時の法則を教えていただきました。
『結論からいうと、工夫してやり切ることがその法則です。』
ここでいう工夫とは、ストーリーを描くこと。AKBチームエイトの朝5時半に配信する子の事例をあげていました。

毎日もれなく、
5時半に配信することで、
5時半の女と言われるようになった。
そのファンが、AKBに興味のない人にも朝5時半の女、っていう子がいてね、って話出す。

つまりここでいいうストーリーって、【ついつい他の人に話したくなること】。

なんとなく漫然としても話題にならない。毎日やり続けること。尖った差別化を作り出すことが大事。

前田先生の過去の話も。
『お金を稼いで相手が幸せに感じることが一番自分に合っていると思った。』
過去の小学4年生での逆境の中、その年齢なりに稼ぐって考えていろいろやったみたいです。
その中で、ギターを持って路上ライブをやることが一番幸せを感じたそう。
きっとこのお話はまたどこかでされるのでしょう。
その工夫、がかなり際立っておりました。

ざっくりいうと、
【ストーリーに共感してもらって対価を支払ってもらうこと
ストーリーに入ってきてもらうこと
突っ込まれるものを入れる】
というのがファクター、とのことです。

そしてこれからの挑戦の先にあるものは。
自分は不幸なんじゃないのか
もっとめぐまれていない環境に行ってみたい
そう思っていたときがあったそうで、
インドに旅立ったときに以下のことを考えたとのことでした。

【逆境には二種類ある。
努力で乗り越えられる逆境。努力でもどうしても乗り越えられない逆境。後者も乗り越えられる世の中にしていきたい】

インドのカースト制度はまだまだ根強く残っています。
その制度で乗り越えられない逆境を目の当たりにした前田先生。

これから、SHOWROOMは世界に出ていくんだろうなと感じました。

そんな前田先生のストーリー。
ストーリーを伝えていくこと、共感をもらうこと、ストーリーに参加すること、学び多い20分でした。


こんにちは。

少しバタバタしていました。

ビジネスとアート。

ビジネス側の人間はこう言います。

だれでも、それを回せる仕組みにして経営する必要がある。
社長がいなくても、回せる環境。

はたまた、
アート側の人間はどうだろう。

だれでも、っていうワードに引っかかるんですよね。笑
1人でやりたくなっちゃう。笑

お互いを思いっきりミックスさせた、とっておきのコンテンツにしていきたいな。

ライフワークをメインに生きていこう。

いつもありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2034.JPG


↑このページのトップへ