月別アーカイブ / 2019年06月

っと休みが、
プロ野球の日程の合間に降ってくる。

休みが出来たらすぐに福岡から姿を消して、小旅行、近場の海外!
というタイプでは全くないので、社会人になってからというもの、正直休みの使い方がよく分かっていない。

インプットしないとアウトプット出来ないよ。
だから色んな場所でお金を使ったり、体験することが大事だよ。

と色んな先輩に教わってきた。

しかし、

休みは前から分かっているけど、 
予定を決めて一ヶ月前からそれに向けて、
テンションを保って当日を迎える。

ということが、そもそも苦手。

明日やりたいことは、明日にならないと分からないんじゃない?
一人で行動するしかない休みはいつもそう思っていて、何も予定を立てないクセがある。

もちろん、友人と予定が合えば
そんなノリの悪いキャラじゃないですよ。



昨日は
さすがに、なんかやらないとなぁ
という焦燥感にかられて、

そうだ温泉に行こう。

という判断に至った。

天気が良かったので、なんか自然を感じたい。
滝とかも見たいなぁということで、日田に向かった。

1時間ちょっとのドライブ。
降りるインターを間違えて滝が遠くなってしまったので、滝はこの時点で諦めた。
計画のなさ。降りる場所すら確認していない。

それでは、
ということで標識を見ながら走っていると
インターから近場の
琴平温泉という場所に辿り着いた。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6367.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6368.HEIC
おぉ。
求めていた感じ。
案外たどり着くものだ。

この木漏れ日チックな写真は
幸せみっけ、みたいなテンションで撮ってみたが
絶妙に、微妙だ。

川ぞいにある温泉で、
家族風呂と、そのほかは露天風呂。

男湯は4つの湯船。
3つしか入ってないけど。
まずは
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6371.HEIC
向こうにあるのは川。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6372.HEIC
そしてここは2つ目。
韓国人の観光客が一人で来ていて

うっす。

みたいな会釈をした五分後。
その韓国人の方が

あっちが最高だったぜ!?
行ってみなよにーちゃん!

的なことを教えてくれた(気がする)ので
言われるがままに行くと、

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6373.HEIC
川に浸かってるテンションで温泉に入った。

あ、求めていた滝っぽいのもある。

ちょっと嬉しくなった。

そして
浸かりながら、
もののけ姫を思い出した。

白いカタカタした小人みたいなのが
出てきそうだなぁと。

ちょっと肌をしっとり覆うような泉質というのか
27を迎える男の肌がちょっと綺麗になった時間だった。

小さいながら、
日田焼きそば
焼肉
とかもお店があって
あと素泊まりも出来るみたいで、
あ、こういう行き当たりばったりいいな。

と思いながら
結局アクエリアスだけ飲んで福岡に戻った。

過ごし方ちょっと見つけた気がする。

普段過ごしていると
福岡はたくさんお店があって、なんでも揃っていたりするけど、
休みは全く違う環境がいいな。



根本田舎者やけん。



天気が良くないと感じられないというか
自然の良さというのを凄く感じた。
晴れの日で良かった。
また行こうかなぁ。




梅雨入り。

ですか。

昨日行った川沿いの温泉も
雨量が増えてくると、多分管理も大変だ。
色々大変になる可能性がある。

自然を感じる温泉なので、
虫や葉がいますが、どうかご了承下さい。
そしてごゆっくりお楽しみください。

記憶曖昧で文言は完全ではないが、
脱衣所や風呂の至る所に立て札みたいに書かれていた。

普通に入れたら
虫や葉なんて全然平気だし有難いや、

という思いの裏側には
やはり一昨年の経験もあるか。

ちょうどいい降り方を期待してます。
お天道様。

柴田さん。

よろしいでしょうか。
今から僕は元カリメンプロデューサー
柴田さんのことを書きます。

俺のことも書いてね(ハート)
という感じでRKBの玄関で会った時に言われたのもあるが、
勿論鼻から書くつもりだったのでご安心を。


格好良く言うと
僕にチャンスをくれた人。だと思う。
ヒヨコ佐藤に1人喋りをさせたのだから。
本当に初期のカリメンのP。

1人喋りと聞いた時は
正直



嫌だった。


でも今、井口くんは割とさらっとやっているので
彼のポテンシャルも侮れない。
僕より1年早い1人喋り、しかも以前のカリメンよりもその1人の要素が多い中で、
彼はよくやっている。

柴田さんは、番組開始時こう言った。

部活動の部室のようにしたい。
10代の兄貴的な存在になろう。
ありのままの佐藤巧をぶつけよう。
番組最後に締めの格言をいれよう。

と。

部室の雰囲気は
天神スタジオの最後の方では
10代でぎっしりになったスタジオを見た時に、
1つ本当に実現できたなと思っている。

兄貴は発展途上。

佐藤巧は最近ぶつけている。
たまに事故るくらい。
まだ足りないが。

そして、

格言はなくなった。
初代Pの意向は、3代目Pによって割と速やかに空気となった。
そして無くなることに特に異論もなかった。



すると



柴田さんもラジオ部からいなくなった。


今は別の部で働いている。
なんという展開だ。

時系列は細かいことを言うとズレがあるが、
そんな感じ。
柴田さんはもうラジオ部にいない。


僕は割とこれは寂しい。
柴田さんという人に個人的にとても助けられたから
(ごまをすりすり)

意見をはっきり伝えてくれる、白黒わかりやすく導いてくれることをしてくれたのは柴田さんだったと思う。
プロダクションやフリーの先輩以外では初めてだった。
だから存在としては大きい。
(すりすりすり)


今はアジア戦略室だったか。
という社外の人はあまり聞きなれないであろう部署にいる。

是非とも
アジアどうこうの展望より
RKBラジオの今後の戦略を立ててほしい。

カムバック柴田さん。

この前は
インスタグラムに写真を投稿していた。
美容室でふわふわのシャンプー泡を頭上に乗せて、ひょうきんな顔をしていた。

その泡が

う◯この形をしていた。
ソフトクリームなのか?わからないけど
僕には
"柴田さんの頭上のう◯こ"の写真に見えた。

そして投稿コメントは


これぞ本当のインスタ映え!?


どういうことだろうか。


さて、
柴田さんはライブをする。
以前中洲ゲイツ7に観に行った。
ボーカルだ。

ふつうに。
歌が上手い。
声が綺麗で高い、
楽器が弾けてとてもダンディ。
自作の歌詞は圧倒的に恋愛の熱々のロマンティックな文字が並ぶ。
MCはカト淳さんにコールド負け。

という具合だった。
なんだかイキイキとしていて
いい時間だった。
僕は割と次を楽しみにしている。

昨年末にラジオ忘年会があって
その時によくお話をしたが、

喋り手は職人だから、目一杯やれよ!

と言ってくれた。
僕はこれから目標を持ちながら、本当にその言葉を胸に留めている。


もう戻ってこないのだろうか。
そのまま気がついたら
バンコクとか行っているかもしれない。


よく着ているくまモンのTシャツ以外に
この夏は
クールなシャツを見つけてもらいたい。


またグラスを傾けにもいきましょう。
(2代目Pの言葉をお借りして)


#RKBラジオ





見せてるんですか?ゆーきさん
とはいえ最近そこまで見せてない気もするが、
僕が一緒にラジオさせてもらったときには既に鎖骨キャラがついていた。

彼女の名は、植村友紀。

僕にとっては姉のような存在と言えるかもしれない。
年齢もうちの兄と同じ。
カリメンの最初の頃
首痛くなりますよ?くらいに大きく大きく頷いて、
ライオンでもなだめるように僕の話を聞いてくれた。

仮アシスタント
という謎といえば謎の名目で番組にいてくれた。
出演ということだけでは語れないところまで、本当にアシストを沢山してくれた。

なにより
仮メンバー(高校生パーソナリティ)からの支持が熱い。密にフォローしてくれて番組出演が続いた。これは植村さん、そしてカトさんの功績に他ならない。

今は赤塚さんと以前のカリメンの時間に番組をやっているけど
ふんわりの赤塚さんをキュッとする感じが好きで
3週間に1回くらいは聴いている。

カリメンを通じて、というイメージが勿論自分にもあるが、初めて共演したのは一年目の12/31-1/1にかけての年越しラジオ。

サル年を迎えるということで
うっききー!
うきき!うきききーー!

みたいなジングルを収録した。 
当時、僕が一番僕からはみ出た番組。
というか瞬間だった。
まだ赤面をするタクミちゃんという時期に、番組を回したのが友紀さん。

余談だが、その番組を作ったディレクター(U氏)とは、年に一度の特番での恒例コーナー「妄想ドライブ」をどう盛り上げるか、毎年3月になると悩んでいる。
僕は何処へ向かう。

今は一緒にテレビでも仕事をしている
土居上野さんが漫才を見せてくれたり、鮮明に覚えている。

あたしが面倒を見るなんて、、
と友紀さんもちょいと緊張?というかそんな面持ちだった。

でも僕は当時の友紀さんは
"チャートバスターズRを田畑さんとやっている人で、ニュースセンター佐藤さんお願いしますの言い方がやたら感じの良い人"
というイメージで安心していた。

そこは田畑さんのアドバイスもあったそうだが、
僕もカリメンのときのニュース振りは意識している。

そのあと
フクラジの企画でコーポにお邪魔したり、
クリスマスの日にカトさん達と番組をしたり、
なんかこう定着していった。


そうして
今は赤塚さんと。

3週に1回くらい聴いている。

ウエストのCMで
うまそうにチーズダッカルビ食べていたり、
NTTのCMで
自然を見て感動したり
色々やっている。

最近暑くなってきたから
またでてくるか。
あれが。


そこに水を入れて飲むんやろ?おっちゃんたちが。
と鎖骨を指差しながら、カトさんが友紀さんをいじる構図。

マジで最初カトさんのことが嫌いだった友紀さん。
なんか面白いこと言ってよと初対面で言われたという。
そんな話をよくしていた、放送前。


何をやっとるんだ。

でも楽しかったですよね。



友紀さん。
ないすわなびぃず。

 #RKBラジオ 

↑このページのトップへ