休日前を迎えてほっとした時には
ビールと柿の種かベビースターラーメンを自宅で食べ飲みする。

立教野球部でいうところの前夜。
(休日前日の門限のない夜のこと。普段は22:00)

前夜は大体、グラウンド整備でトンボをかけるスピードが早く、雑な仕上がりをブラシをかけて見栄えをよくして誤魔化す戦法だった部員達。
懐かしい。

練習終わりの寮の静けさが凄くて、すぐにオシャレ決め込んで外出していた。
一人で部屋にこもったりすると、たちまち寂しいやつのレッテルを貼られる生活だった。
早く野球を忘れて、グラウンドから離れることばかり考えていたからだろう。


今は、というか今日は
朝からランニングして、近くのグラウンドにグラブを持ってネットスローをするという時間を過ごした。

岸川さんのクラブチームに入って活躍出来たら嬉しいなぁとは思っているものの、
久々に投げた硬式ボールが全然思ったところにも行かないから


もうやめようかな。


と思った。

けどやる。やりたい。

あと、腰が痛い。
古傷が痛むぜ。


上杉あずささん
104キロ投げてるなんて、
凄いことだよ。本当に。

と上杉さんが練習しているというグラウンドで
ぼんやり考えた。


そのあと
本屋に行って、色々読んで、
昼寝して。
 

終わった。



消費のほぼない休みを過ごしている。
老後2000万もいける気がする。

余談だけど

入社したての頃に同期と

オフは何してるの?

という、"オフ"という言葉の使い方で議論になったことがある。

オフはオフだろ派
オフとかお前はアーティストかアスリートかよ
休日か休みと言えよ派

なんとなくわかると思うが、


僕は後者。

オフって限られた人が使う言葉な気がしていた。


正直。

どうでもいいです。今は。


オフという文字を見過ぎて
ゲシュタルト崩壊が起きてきた。

クライミングとかもちょっとやってみたいなぁ。