このところちょっとサボっていた。
スタッフ紹介ページ。

ラジオニュースを読んでいる、台湾大好きなお姉さまから

最近ないわね、楽しみにしてるのに。

というありがたい言葉を頂戴したので
さっそく。

といっても
言われてもう4日くらい経っている。


今日は
我らがカリメン プロデューサー えりさん(♂)

えりさんと接していて思うのは
こんなに優しくていいのだろうか、というくらいに柔らかい人だということ。

おまけに体も大分柔らかそうな感じで、
シャツのサイズが毎年大きくなる、と嘆いている。

しかし、
えりさんは元サッカープレイヤーで
高校では県選抜でバリバリ、全国レベルでやっていた。かなりモテたそうだ。
シュッとした、スマートイケメン。

モテモテモテモテくらいにモテたそうだ。

今は、お子さんもいるし、
好意の一極集中を防ぐためにも
世の中の秩序的にも
そんなわけにはいかないということで、
敢えて増量したと僕は思っている。

なんて周りが見えているんだ、えりさん。

元々テレビの方のディレクターのエースと期待されていた。(と僕は思っている)
突如ラジオに配属された。

思い出に浸る。
僕が入社して、初めて体験したロケは
えりさんの担当だった。
もう一人、ふなさんという方と一緒に3人で
スター巡礼という企画。
沖縄に行って、ご当地タレントに出稽古しにいく感じだった。

後にも先にもないくらいに
えりさんとふなさんを怒らせた。
3日間。

リポートして、と言われ渡されたマイク。
ふなさんはカメラを向け、えりさんはその横につく。

カメラを向けられて挙動不審になった僕は
国際通りを歩きながら、
無言で通りにある商店街の隅から隅を歩ききった。

放送で、早送りにしても結構な尺をいく道筋だったが、僕は歩ききった。
口を紡いで。


カメラ向けられて挙動不審のアナウンサー
ってなんですか?


そして、大きな問題はもう1つ。

実はロケ前、2人からは

なーんにも準備も下調べもしなくていいからね。

と言われていた。


そうなんだ、と思った僕は


マジで何もしなかった。
 
沖縄ひっさびさだなぁ
中学の九州大会以来だなぁ、くらいの感じで。

そしたら、すんごく怒られた。


インタビューする為にどこで話を聞く?と言われた時に


僕は、駅ですね!電車とか!

と答えた。


沖縄はモノレールだ。

そんなこんなで、2泊3日のスケジュールの中
同じ居酒屋で連夜のお説教。
あの温厚な性格の、えりさんに

次こんなやったらマジで連れて行かんよ

と言わせてしまった。
今思うと、どんだけの横着だったんだ。

そのロケの時に
えりさんが笑顔だったのは
ソーキそばを食べていたときくらいか。

僕とえりさんは3日で7回、ソーキそばを食べた。

今でもソーキそばを食べると思い出す。
あの初ロケ。

そしてその2年後くらいには
えりさんと八女の伝説のそばを探す企画に行って。

ここでも10割そばを3.4杯頂いた。

藤岡弘探検隊風にロケを行ったが、
当時の番組体制にそぐわなかったのか、
ニュアンスは全く違う放送になったのを覚えている。

とまぁ、書き出すと色々ある。
えりさんにはテレビでまず、お世話になっているのだ。
最近はラジオを共に作ることになった。

えりさんが来たからもう大丈夫!
みたいな空気が部に流れたときは
すごいな、と思った。
でっかい人だ、本当に。


意見をちょっとは持つようになった僕のことも考えながら、
反映させようと行動してくれる。

ラジオのスタッフ全体もやりやすそうだ。
最初は迷惑をかけたが、
良いコンビプレーが炸裂できるように僕も頑張る。

えりさんみたいな、おっきな男になる!

 #カリメン #RKB